BALLAKE SISSOKO / DJOUROU


マリのコラ奏者、バラケ・シソコのソロ名義新作、ゲストが多彩です。ことに2018年作のアルバムを最後に引退宣言をしているサリフ・ケイタ72歳が、シソコのコラ伴奏のみで歌った曲が収録されていて、これは貴重ですねえ、そして、なかなかイイ!あの天まで届きそうな歌声というのではなしに、今までになく淡々と歌っているサリフですが、まだまだ歌って欲しいと思わせるイイ枯れぐあいです。あるいは、シソコとコラ連弾も聞かせているガンビアのソナ・ジャバテの歌も嬉しい、という方もいらっしゃるはず(CDで聞くのは久しぶりです)、変わらず瑞々しい歌声ですね。あるいは、マリ出身ラッパー、オキシモ・プッチーノとの共演も悪くないですね、ポエット・リーディングに近いようなラップでコラ演奏に寄りそいます。それに加えて、曲により伝統的な味わいも聞かせるシソコによるコラ独演3曲も悪くありません。ちょっと残念なのは、フランスの自作自演男女歌手とそれぞれに共演した2曲、当店的にはあまり必然性を感じられない共演と映りますが、ま、アルバムの流れには沿っています。

1.Demba Kunda
2.Djourou ft. Sona Jobarteh
3.Jeu sur la Symphonie Fantastique ft. Patrick Messina & Vincent Segal
4.Guelen ft. Salif Keita
5.Kora ft. Camille
6.Mande Tabolo
7.Frotter les Mains ft. Oxmo Puccino
8.Kadidja ft. Piers Faccini
9.Un Vêtement Pour La Lune ft. Feu! Chatterton

go top