MARIANA RAMOS / SUAVIDANCA

カーボ・ヴェルデで人気の女性歌手11年ニューアルバム。アコースティックなアレンジながら、モルナ,コラデイラ,フナナ,バツク,マズルカ、アフロサンバなどカラフルでグルーヴィーな12 曲。アンジェリック・キジョーとホルヘ・フンベルトがゲスト参加。歌詞英仏訳付きです。セザリア・エヴォラは金太郎飴過ぎるし、マイラ・アンドラーテは初々しすぎる、という熟女好きの皆さまも …

続きを読む>

BOMBINO / AGADEZ

砂漠のブルースの新世代を代表するボンビーノは、ニジェール北部のアガデス州にて1980年に生まれたトゥアレグ人ギタリスト/ソングライター。ティナリウェンやアリー・ファルカ・トゥーレをアイドルとして音楽を身に付けていった彼は、同時にジミ・ヘンドリックス、マーク・ノップラー、ジョン・リー・フッカーといった欧米のロックやブルースのギタリストにも傾倒し、独自のスタイル …

続きを読む>

TERAKAFT / ARATAN N AZAWAD

〈砂漠のブルースの雄〉ティナリウェンの新旧メンバーも在籍してきたマリの人気グループ、テラカフトが約2年半ぶりに放った新作です。これまで頑なにパーカッションの導入を拒んできた彼らでしたが、この3作目ではついにそれを解禁~よりバンド・アンサンブルの充実が図られるようになっています。が、彼らが当初より持ち合わせてきた反骨精神はこれまで通り健在~ストイックなまでに塩 …

続きを読む>

VARIOUS ARTISTS / ISHUMAR 2 , NEW TUAREG GUITARS

誰もが認める〈砂漠のブルースの雄〉と言えばティナリウェン。その世界デビューから10年が経過した今、シーンには様々な若手たちが登場して充実した活動を見せるようになっています。このアルバムはそんな砂漠のブルースの現在をダイジェストに知れるな編集盤~主に若手アーティストを中心としたラインナップで綴られたこのアルバムには、ティナリウェン・スタイルのオーソドックスなも …

続きを読む>

TUNDE THE WESTERN NIGHTINGALE / 70’s recordings x4 items

アデやオベイに先行し活躍したオールド・タイマー / ジュジュの先駆者の一人=トゥンデ・ナイチンゲールの1970年代の録音集Vol.1~4です。サニー・アデが最も影響を受けた人物としても知られます。 IWA RERE  これは珍しいですねえ、トゥンデ・ナイティンゲールがウェレ・ソングっぽいパーカッション音楽を聴かせます。フジともアパラとも違う感触ですね。~いつ …

続きを読む>

LES ESPOIRS DE CORONTHIE / TINKHINYI

廉価盤にて再発です!ギニアの首都コナクリのスラム/コロンティで活動する若手音楽集団~レゼスポワール・ドゥ・コロンティの欧州リリース盤です!コラ、バラフォン、ジェンベ、ギター等を中心とした民俗色濃いアンサンブルをバックに、POPと見まがうようなイキのいい歌声&ヴァイタルなコーラスを多数のメンバーが入れ替わり、かわるがわる聞かせてくれます。楽しいですねえ、現地密 …

続きを読む>

TRIO KAZANCHIS / AMARATCH MUSICA -ETHIO SONIC

アフロビートに続いて?数々の欧米フォローバンドを生み出しているエチオグルーヴですが、コレはズバ抜けてハードですねえ!仏BUDA の新レーベル”エチオ・ソニック”からのリリース~スイスを拠点に活動するエチオグルーヴ・ユニット=トリオ・カザンチスのファーストです!エチオピア人でエレクトリック・クラール(伝統竪琴)奏者のメッセレ・アスママウ …

続きを読む>

ANDY BROWN / CHIWOKO

ジンバブウェを度々訪れる>松平勇二さんに買付けていただきました。感謝!というわけで現地ナンバー1人気のアンディ・ブラウン新作です。1962年生まれというから、そろそろ50才、若手若手と言われ続けて来ましたが、いかにせんジンバブウェの状況が悪かった、のかも知れませんねえ…。こちらも当方が知る限り7年ぶりの新作になるんじゃないでしょうか?ドレッド・ヘ …

続きを読む>

THOMAS MAPFUMO & THE BLACKS UNLIMITED / EXILE

ジンバブウェのライオン、トーマス・マプフーモ新作です!今は合衆国で生活しているはずですが、この2010年新作、一向にUSリリースされる気配がなく、シビレを切らして、ジンバブウェ直輸入!が、史上最高のインフレーションに悩む彼の国のこと(状況は少しづつ良くなっているようですが)、どうも稼働しているCDプレス工場は少ないようで、よくよく見るとやっぱりCDRっぽいの …

続きを読む>

VA / AFRICAN GUITAR LEGENDS

ラフ・ガイド・シリーズからまたまたユニークな切り口の編集盤が発表されました。本作はアクースティック/エレクトリックにこだわらず、ギターを用いて独自のスタイルの生み出してきた伝説的なアフリカのアーティストを幅広く選曲~〈砂漠のブルース〉を代表するティナリウェンや〈アフリカ音楽の帝王〉フランコなどはもちろん、ケニアや南アの知られざるスタイルをも収録しています。ア …

続きを読む>

BALLAKE SISSOKO, VANCENT SEGAL / CHEMBER MUSIC

コラの巨匠とチェロのヴァーチュオーゾによる、アコースティック&ストリングス音楽インテリアのような室内楽~ジャズとクラシック、パリのモダンとアフリカの伝統、アートと瞑想、洗練と成熟、知性と和みがインプロヴィゼーションに溶け合います。人種の坩堝パリで、西アフリカ・マリの伝統楽器コラの巨匠と、絶大な人気を誇る仏のチェロ奏者/プロデューサーの二人が出会って生まれた“ …

続きを読む>

MAMAR KASSEY / DENKE-DENKE

サハラ砂漠南縁部に広がる半乾燥地帯“サヘル”に伝わる音楽をモダーン化したという、ニジェールのグループによる1998年作の初国内配給!前傾ハチロク・ビートに伝統的な笛セイセや、モロと呼ばれるンゴニ風の弦、そしてトーキング・ドラムほか打楽器もこぞって打ち鳴らされる中、ヴァイタルな女声合唱をかき分けるようにして、フィールド・ハラーを渋く聞かせる男声リードがイイ!援 …

続きを読む>

BOUBACAR TRAORE / MALI DENHOU

マリのミシシッピ・ジョン・ハート!?ブーバカール・トラオレの最新アルバム!1960年代から活動していたというからもう半世紀、変わらずバンバラ系マリの生ギター弾き語り自作自演ブルースを聞かせてくれるわけですが、渋さ、軽妙さ、憂鬱、諧謔もないまぜになった淡々とした表現は不変ですね。淡々です。淡々で“カンカン”で、ほんのちょっとサハラでアラビックなブルースです。ギ …

続きを読む>

SIDI TOURE & FRIENDS / SAHEL FOLK

シカゴ音響派のレーベルという観の強かったUSスリル・ジョッキーからのリリース~マリのグリオ/ヴェテラン=シディ・トゥーレ(元ソンガイ・レジオナル・ナシオナル・オルケストル!)によるアコースティック・デュエット・アルバム~それぞれの曲にそれぞれのゲストを迎え、淡々と宅録されたシディのギター弾き語り&コラやンゴニ、クンティギ等~様々な有名無名・伝統的弦楽器奏者弾 …

続きを読む>

CHEBLI MSAIDIE / HALLE

ブンバ・マッサやパパ・ウェンバ10年新作をプロデュースしたシナ社の社長=シェブリ・ムサイディは、自ら作詞作曲家であり歌手でもあり、これまでに2枚のアルバムを発表~本作はその3作目~インド洋に浮かぶコモロ諸島にルーツを持ち、その音楽性もインド洋沖のコモロのPOPを核としたユニークなもの~まったりとしたルンバ調、南部アフリカっぽい音楽性をアコースティックに聞かせ …

続きを読む>

go top