LIV ULVIK / INN VADE

数々の受賞歴もあるノルウェーのジャズ系女性ヴォーカル・トリオ Eplemoya Songlag の中でも一人トラッド系フォークを下地に持った女性歌手 Liv Ulvik のソロ・デビュー作。プロジェクト INN VADE では詞と曲を彼女自身が書き、伝統的なフォークに根差しながらもプライヴェートな感覚も加味して独自のノルディック・トラッド・フォークを歌い綴り …

続きを読む>

ANNE BRIGGS / AN INTRODUCTION TO ANNE BRIGGS

★アン・ブリッグス/イントロダクション・トゥ・アン・ブリッグス イギリスの老舗トピック・レコードのUKフォーク入門に最適な編集盤シリーズ 創業70年を越えるイギリスの老舗レーベル、トピック・レコーズ。同社を代表する音楽家達を紹介するのが当『イントロダクション』シリーズだ。〈UKフォークの永遠の恋人〉と評されるアン・ブリッグスはバート・ヤンシュやリチャード・ト …

続きを読む>

ASPASIA STRATIGOU / RODOSTAMO

アスパシア・ストラティグー、10代のころからアテネでアマチュア・バンドのヴォーカルだったり、長らく様々なアーティストのレコーディングでコーラスをつとめて来たようですが、そんな中でもヨルゴス・ダラーラスのツアー・メンバーとして2年を過ごしたことが、ソロ・デビューのきっかけになったようです。いかにも自己主張のない、歌に没しようとするディモーティカ / トラッド、 …

続きを読む>

HÀ VÂN / GỢI NHỚ QUÊ HƯƠNG

はぁ〜…もう、まいりました、たまりません! 大人のワールド・ミュージック・ファンにとって、 ことにアジア〜ベトナムに 熱い視線を注ぐ貴兄にとって、 コレはもう一生の宝物! 続々と新譜を届けてくれる ハー・ヴァンの最新作です! 今作はボレロ(戦前サイゴン大衆歌謡) ではなく、カイルオン(タンコー)も含む、 南ベトナムの伝統的な歌謡へアプローチした …

続きを読む>

TOTO LA MOMPOSINA / OYE MANITA 

コロンビア各地の多彩なフォルクローレを発掘し、アフロ・キューバンなどの他のアフロ・ラテンのテイストも加えて、現代に蘇らせてきたトトー・ラ・モンポシーナ。1940年生まれで、50年以上のキャリアを振り返る、豪華CDブック装アンソロジーです。 主にフランスに向けた内容となっていて、40ページほどのブックには仏語/英語併記のテキストを掲載。トトーが一時拠点を置いた …

続きを読む>

TETE ALHINHO / MORNAS AO PIANO

大西洋の島国カーボ・ヴェルデから〈癒しの歌声〉が届いた! カーボ・ヴェルデを代表する歌謡音楽モルナのシーンを現在牽引するのがこちらのテテ・アリーニョだ。彼女はセザリア・エヴォラをはじめ、多くのモルナ歌手を輩出したことで知られるサン・ヴィセンテ島の小村ミンデーロの出身。80年代終わりにデビューし、2004年には『Voz』というアルバムで世界的な知名度を獲得した …

続きを読む>

MAR MAR AYE / BEL THU DWAY YUU THA LEI

マーマーイェーの新作、とのことです。へえ〜、本当かなあ?でも確かにジャケのお顔はミャンマーに帰国してからのお顔と存じます(サフラン革命に関わっていたマーマーイェーは、1998-2012年まで北米に滞在、昨年退任したテイン・セイン元大統領の認可を得て帰国)。少なくとも帰国後の作品であることは間違いないだろうし、>こちらの北米移住前の作と思われるCD作品 &#8 …

続きを読む>

NATALIA LAFOURCADE / MUSAS

MM誌2017年ベスト10ラテン部門堂々2位! 元アイドル?で、前作まではそれなりにオルタナティヴな歌世界を繰り広げて来たメキシコの女性SSW、ナタリア・ラフォルカデ2年ぶりの新作 / 6作目は、なんと、メキシカン・カンシオーン&ランチェーラ(+キューバン・カンシオーン)の世界〜完全アコースティック作品にて、オマーラ・ポルトゥオンドも参加(フランク・ドミンゲ …

続きを読む>

ESTRELLA MORENTE / 15 AÑOS CON ESTRELLA

フラメンコの大物歌手、エンリケ・モレンテの娘という「血統書」付きのエストレージャ・モレンテ、2001年にCDデビューした後、2014年までに5作のアルバムをリリースしていますが、本2CDはそのベスト編集盤。CD1には自らのアルバムから、そしてCD2にはエストレージャが他アーティストの作に客演した曲が集められました。ホンドなカンタオーラによる純フラメンコとは言 …

続きを読む>

DULCE PONTES / PEREGRINACAO

デビュー当時、好きだったんですが、というか、久々の大物ポルトガル女性歌手だなあ、と思いましたね、で、その後の活躍は皆さんご存知の通り。けれど、しだいにファドから離れて行く傾向もあり、欧州で大スターになるにつれ、ちょっと興味を失っていったというのが正直なところ。が、8年ぶりとなるこの2枚組アルバムのリリース前に youtube にアップされたクリップを見て、何 …

続きを読む>

SHE’KOYOKH / FIRST DANCE ON SECOND AVENUE

チーデム・アスランがヴォーカルを担当する英ナンバー・ワンの東欧音楽グループ!〈エーゲ海のブルース〉レンベーティカを現代に再構築した『モルティッサ』(ライス INR-855)ですっかりワールド・ミュージック・ファンにはお馴染みとなった女性歌手チーデム・アスラン。彼女がヴォーカリストとして在籍する東欧音楽グループ、シコヨフの17年最新作がリリースされた。イディッ …

続きを読む>

MARIA DOLORES PRADERA / GRACIAS A VOSOTROS, DUETS

前国内盤が発売されたこともあり日本での人気が高く、うるさ型の音楽ファンにもファンの多い、スペインの正統派女性歌手マリア・ドロレス・プラデーラ。デュエット集というので「またベスト盤か」と思いつつ発注したら、なんと新録でした!いや~、ぜんぜん衰えていないですね。今年(2013年)で89歳のはずですから、この声の艶やかさ、いい意味での軽やかさは、凄いというしかない …

続きを読む>

HEIDI TALBOT / HERE WE GO 1,2,3

1980年生まれ、アイルランドの女性フォーク歌手ハイディ・タルボット(ex. 元チェリッシュ・ザ・レディース)の2016年作品(02年のソロ・デビューから数えて早6作目。いつまでも若々しい歌声、というか、昔のルシンダ・ウィリアムズばり?のロリ声&ウクレレ弾き語りは変わらずキュート(比較的、凛々しいご容姿に似合わず)。 あくまでもシンプル、トラッドなバッキング …

続きを読む>

PARISSA & ENSEMBLE DASTAN / SHOORIDEH

イラン古典声楽~女性歌手を代表する実力を持ちながら、イラン本国にとどまり、良好な録音に恵まれなかったパリッサが、初めて実力を発揮した2003年ドイツ録音2CDs!彼の国の古典音楽界の第一人者マムード・カリミをして、あらゆる旋法を歌いこなす名歌手、という評価を得ているのも伊達ではありません。女性であるが上に、本国では公演も禁じられていたというパリッサ、空高く舞 …

続きを読む>

go top