AWILO WA MBEYA, Nyamko Za Kisafwa / NKOLIMA WA MAYI

またまた出土品(?)をご紹介します!薄明のフィヨルドを背景に(?)悄然とした視線の定まらない黒人青年のポートレイトをあしらったこのシュールなCDジャケ、なんとも聴く気を失わせてくれるミステリアスな雰囲気を漂わせていて、そのせいなのか、以前(10数年前)本盤を聴いた時には、う〜んコレはナンともなあ、なんだかなあ、…と思ったもんですが(記憶はオボロで …

続きを読む>

NURU CHOIR, Mt. Petro Makoja, Dodoma / NIMELIWEKA NENO

こちらもまた、ストックから出土したのでした…(?)。見憶えはありますが、う〜ん、誰に買って来ていただいたのかもわからず(って、タンザニアで買付してくれる方は3人しかいませんから、そのお三方の、どなたかなんでしょうが…思い出せません。というようなことはともかく)、ドドマ近郊のゴゴ人によるコーラス&ダンスを収めたDVDです(おそらく al …

続きを読む>

DIAMOND PLATNUMZ / A BOY FROM TANDALE

ミトさん買い付けアフリカ音楽CDです。感謝! タンザニアのボンゴ・フレイヴァ新進気鋭男性シンガーソングライター、ダイアモンド・プラトゥナムズ、待望の1stアルバムです。ダルエスサラーム内の庶民の暮らすタンデール地区出身、2012年 、24歳で音楽リアリティーTVにて優勝し、デビュー。以来、数々のナンバーワンヒットと音楽賞を受賞し、現在、アフリカ大湖沼地方で最 …

続きを読む>

MBARAKA MWINSHEHE & THE MOROGORO JAZZ BAND / MASIMANGO, Best of Tanzania 1969-1972

1990年代末から2000年代初めにかけ、ザンジバルのターラブやコモロ諸島の音楽、あるいはケニア&タンザニアのスワヒリPOPなど、東アフリカ~インド洋音楽専門の充実アイテムをドッとリリースし、大きな話題を呼んだのものの、その後、全然音沙汰がなくなってしまった独 “DIZIM RECORDS” のデッドストックが、今はドイツの山深くで隠遁生活するという DIZ …

続きを読む>

MSAFIRI ZAWOSE / UHAMIAJI

  ムサフィリ・ザウォーセ、>故フクウェ・ザウォーセの息子さんだそう。で、>こちらで紹介されますよ(毎度スミマセン&感謝)!イリンバやゼゼを弾いて歌います。ゴゴ人ならではのコーラスも参加、そして、サム・ジョーンズなる欧州人がアレンジ&キーボード、プログラミングを担当、ゴゴ人の音楽性に沿った演出を成功させています。親指ピアノ繋がりで(というよりヴォー …

続きを読む>

SHIKAMOO JAZZ / CHELA CHELA VOL. 1

タンザニアのメインランドにおいて、数々の伝説的バンド(Kiko Kids, Western Jazz, Dar Jazz & Les Wanyika…)を遍歴して来た11人のヴェテラン音楽家たちによって、ダルエスサラームで1993年に結成されたスーパー・グループ、シカムージャズの95年録音。60〜70年代のスワヒリPOPの醍醐味、軽味、繊 …

続きを読む>

Mbaraka Mwinshehe & Orchestra Super Volcano / MASIKA, Zanzibara9

久方ぶりのザンジバラシリーズの新譜。ダルエスサラームから2時間、ウルグル山脈の麓の小都市モロゴロ出身のスター、ギタリスト/ヴォーカリスト/コンポーザーのムバラカ・ムウィンシェヘ率いるオーケストラ・スーパー・ヴォルカノ。その音楽スタイルを「マシカ」と称するのですが、マシカとは、1年中酷暑の土地柄のモロゴロに、4月〜5月にやっている雨季、その雨雲を運んでくる風が …

続きを読む>

NYOTA MUSICAL TROUP / TRADITIONAL MUSIC OF GOGO, CENTRAL TANZANIA

もはや現地ではMCHOYA(ムチョヤ)率いる「NYATI Utamaduni」を超えた?!  とも言われているこの「NYOTA Musical Troupe」。 彼らの住むマジェレコ村を中心に活動範囲は海外にまで及び、ゴゴ人の伝統音楽を大事にしたスタイルで、リーダーのJoseph(ジャケット写真)を中心によく纏まった演奏を見せてくれます。 多声歌唱(声のポリ …

続きを読む>

V.A. field recordings by HUGH TRACEY / TANZANIA INSTRUMENTS

☆幻のヒュー・トレイシー・レコーディング・シリーズ / タンザニア-タンガニーカ、インストゥルメンツ・ミュージック、1950 1950年代を中心に行なわれた、アフリカ・フィールド・レコーディングの初期録音にして最高峰のヒュー・トレイシー・シリーズ中の一枚。 アフリカ大陸中央東側及びインド洋の島々、現在のタンザニア連合共和国一帯で1950年に行われた録音のうち …

続きを読む>

TONDO / TANZANIAN CLASSICS

コレはオススメできます!タンザニア・ポップのルーツを探る試みでした!繊細なアフリカン・ギターのアコースティックな響きとパーカッション、そして クセのない女性ヴォーカル&コーラスが楽しめます。多くは70年代曲のカヴァー、モゴロゴ・ジャズの曲などもを取り上げて、スワヒリPOPの過去を振り返りつつ、現在の感覚を盛り込んだシンプル、爽やかな2001年作です! 〜あれ …

続きを読む>

V.A. / BONGO FLAVA, Swahili Rap from Tanzania

2004年に OUT HERE からリリースされていた、タンザニア~スワヒリ語のヒップホップ=ボンゴ・フレイヴァのコンピ盤、久々の再入荷です。一聴チープな打ち込みサウンドが目立ちますが、英米のラッパーとは次元の違うゴキブリのような生命力がラップに宿っています!?ヒップライフやクワイト、クドゥロなどアフリカ発のエレクトロ音楽に注目の方は必聴ですね!

続きを読む>

V.A. / ZANZIBARA 7 – SIKINDE VS NDEKULE

MLIMANI PARK ORCHESTRA vs INTERNATIONAL ORCHESTRA SAFARI SOUND “A BATTLE OF BANDS IN DAR ES SALAAM”〜ということで、ルンバ・コンゴレーズ影響下、70年代後半から80年代にかけタンザニアに興ったトロピカルなダンス音楽を代表する2つのバンド、 …

続きを読む>

TABORA JAZZ BAND / SEGERE MATATA, Zilipendwa VOL.1 & 2

経年在庫お蔵出しです! 1950年代に結成されたタンザニア最古のダンス・バンドだそうです(全然知りませんでしたが)。〜たぶん70年代のこと?コンゴのスター、タブー・レイがタンザニア・ツアーでキリマンジャロ・ホテルに滞在した際、まったく取材者達を無視していた中、貴殿はタンザニアの音楽を知っているか?との声に、ただ一言「タボラ・ジャズ・バンドはキンシャサでも知ら …

続きを読む>

V.A. / ZANZIBARA 3 – UJAMAA

発売の順序が逆になりましたが、ザンジバル4=ビ・キドゥデのベストの次にリリースされたザンジバル3は、タンザニア~ザンジバルの“ムジキ・ワ・ダンシ”(ダンス音楽)1968~1973年までの人気バンド・コレクションとなりました。リンガラ音楽(ザイーレアン・ルンバ)と似ているようでも、また一つ異なるアフリカに回帰したラテン風味を謳歌する、聞き応えある6楽団/17曲 …

続きを読む>

V.A. / ZANZIBARA 5, HOT IN DAR -LE SON DE LA TANZANIE 1978-83

ザンジバラ第3弾の『ウジャマー』は1960年代の人気バンドを集めていましたが、今回は1970年代後半から80年代初めに録音された、まさに黄金時代のタンザニア/ダンス音楽が楽しめます。収録されているのは、ミリマニ・パーク・オーケストラ、ダル・インターナショナル・オーケストラ、ヴィジャナ・ジャズ・バンドの3バンド。この時代はコンゴ(当時はザイール)のいわゆるリン …

続きを読む>

go top