TIFRED / SITANTELMAN

アフリカの東海岸、インド洋に浮かぶ島、レユニオン島のローカルポップスである”マロヤ”の新人、ティフレッドのデビュー・アルバム。聴こえてくるのはいつものマロヤのシンプルなサウンド。メロディ楽器は一切使われず、パーカッション群とコーラスのみをバックに、ティフレッドの錆びた歌声が、時におどけて、時にしみじみと響きます。>★

続きを読む>

V.A. / ALI AMANI, CHANTS SOUFIS DES COMORES

マダガスカルとアフリカ大陸の間に浮かぶコモロ諸島のスーフィー・ミュージック~南半球で唯一アラブ連合に加盟しているだけのことはあります。ディープなアラブ色濃い歌がとことん聞けます。コモロの音楽の巨匠、アリ・アマニへの敬意を表したアルバムということで、歌謡というよりは宗教的な朗唱がコーラスで謡われるような内容です。強烈ですね!

続きを読む>

BAU / CAFE MUSIQUE

セザーリア・エヴォラのバックもつとめたカヴァキーニョ/ギター/ヴァイオリン奏者=バウことルフィーノ・アルメイダの新譜CDは~これまでにリリースした6作のソロ名義アルバムから、インストゥルメンタル・ナンバーのみをピックアップしたベスト盤!ま、歌に魅力があるというより、そのアコースティックなアンサンブルで発揮される各弦楽器の音色の良さで際立つ人ですから、これのベ …

続きを読む>

ORCHESTRE POLY-RYTHMO / COTONOU CLUB

独ANALOG AFRICA レコーズの尽力で広く世界のアフリカ音楽マニアに知れ渡ったベニンのオルケストル・ポリリトモ~なんと20年ぶりの新録が英STRUTからリリースされてしまいました!変わらず軽快なアフロビート / アフロファンク / アフロラテンが並びますが、ゲストに現ベニン大スターのアンジェリック・キジョが参加しているところもポイント高し!

続きを読む>

MBIRA DZENHARIRA / FARE FARE TINDIKE! ’07

1987年結成、ショナ人のムビーラ音楽をアコースティックなスタイルそのままにモダーンにシェイプアップ、現代のポップとして提出しジンバブウェで大きな人気を得た親指ピアノ・ユニット=ムビーラ・ゼナリラの最近作となります(グループ分裂後の新生ゼナリラ1作目!)。基本的には完全アンプラグド伝統楽器のみの演奏によるチムレンガ?という印象はそのままですが、よりグルーヴィ …

続きを読む>

ADDIS ACOUSTIC PROJECT / TEWESTA

エチオピーク・シリーズで知られるかつてのエチオピア大衆音楽において、まだエレクトリック楽器が導入される以前、1950~60年代に興隆をみせたサウンドの復興を目指し結成されたのがアディス・アクースティック・プロジェクト、だそうです。~ギタリスト/アコーディオン奏者ギルム・メズムルをリーダーに、若手音楽家中心で組まれた彼ら、かつて国営オーケストラで活躍していたヴ …

続きを読む>

TAMIKREST / TOUMASTIN

前作も当店でロングセラーとなったタミクレスト~ティナリウェンのフォロワー・バンド / 砂漠のブルース若手による新作~セカンド・アルバムが早くも届きました!前作にあったサイケ・ロック?風味はやや後退して、よりディープなブルーズ・ロックっぽいテイストで迫ってくれます。そのギターのトーン、ワウワウやミュート、トレモロ使いによる変化も聞き物、ロック OR ブルーズ・ …

続きを読む>

KOLLINGTON AYINLA / SWEET SIXTEEN

再入荷しています!別レーベル別ジャケットで再リリースされました!ジャケはこっちの方が断然イイですねえ!なんとコリントン1978年の名作“オーステリティー・メジャー”の初復刻CD化ということでコレは嬉しい!既にレコードコレクターズ誌で紹介され、(LPを処分してしまった?オールド・ファンの方々から)お問い合わせを受けていましたが、限定入荷しております!とにかくハ …

続きを読む>

V.A. / AFRO LATIN VIA DAKAR

キューバ系ラテン音楽~特にグァヒーラの圧倒的な影響下で独自の大衆音楽を生み出すことになったセネガルPOP、その黎明から興隆期にあたる1960年代後半~80年代初め頃までの、特にラテン風味満点のトラックをコレクションした2CD!珍しいEP音源や欧州録音も含み、また、フォンセカ&アンジェ・ノワールやアマラ・トゥーレといったこれまで未復刻だったB級?楽団も収録~加 …

続きを読む>

V.A. / AFRO LATIN VIA KINSHASA

キューバ系ラテン音楽~特にルンバ(ソン)の圧倒的な影響下で独自の大衆音楽を生み出すことになったコンゴ(旧ザイール)音楽の1950~60年代録音から、選りすぐりのラテン~ルンバ・コンゴレーズを編集した2CDです!フランコ&OKジャズやタブー・レイ&アフリカン・フィエスタの初CD化となるレアーなEP音源も含まれているようですが…、それはともかく、フラ …

続きを読む>

IMPERIAL TIGER ORCHESTRA / MERCATO

アフロビートと同様、エチオ・グルーヴもインターナショナル化?~スイスを拠点とするビッグ・バンド、ハイレ・セラシエの近衛兵楽団を真似たバンド名を持つインペリアル・タイガー・オーケストラによるエチオピアン・ジャズ/インスト・アルバム2作目となります!昨年のデビュー作に較べると、ややテナーのゴリ押しが減退気味ですが、エチオ・グルーヴを偏愛しつつも、そこに何かを加え …

続きを読む>

WENDO KOLOSOY / BOTYIAKI NTEMBE

~”NANIAKOLELA WENDO?” & “BANAYA PAPA WENDO” RE-ISSUE & REMASTERD 惜しくも08年に亡くなってしまったコンゴ・ポピュラー音楽シーンのゴッドファーザー、ウェンド・コロソイ(1925~2008)の入手困難アルバム2枚~1992年復活後の初 …

続きを読む>

MOHAMMED AL AMEEN / SABEINA

冒頭曲が、ややボヤケた調子の2ビート曲なのは残念ですが…、2曲目以降はOKですね!~豪華なストリングス&4拍子系パーカッション・アンサンブル&アコーディオン&フルート、そしてムハンマド・アル=アメーン自ら奏でるウードに乗せて、ゆったりと、ジワジワと迫り来るトラッドなスーダン音頭ならではのノリを、悠々とした落ち着いた美声をもって楽しませてくれます。 …

続きを読む>

V.A. / NEW BLACK – COUPER DECALER ELECTRONIQUE

1999年にクーデターが発生した西アフリカの小国コートジヴォワール~その後、内戦にまで突入した同国からは多くの移民がパリに渡り、コミュニティが形成されたようです。そのコミュニティ内で、アフリカのリズムを基本にした打ち込みにイキのいいラップを加えて生まれたのが、クーペ・デカレと呼ばれるそ新しい音楽スタイル!またたく間にムーヴメントとなり、本国の若者たちも熱狂さ …

続きを読む>

go top