AURLUS MABELE / SEBENE DANCE

2002年リリースのべスト盤再発です!初期スークースのスター・グループ=ロケトーを支えた歌い手、オーリュス・マベレの90年代ベスト~もちろんディブロ・ディバラもしくはディバラばりのギターが循環回転連続する中、意味不明の掛け声ヴォーカルを最初っから最後まで連呼し続けるだけというシンプル、というかややお馬鹿な曲ばかり!ま、ルンバ・コンゴレーズ /ダンスパートの拡 …

続きを読む>

GUELEWAR / HALLELI N’DAKAROU

アナログ起こしではなくオープン・リールから西アフリカ系POPを復刻するギリシャ人男性主催の於セネガル新レーベル“テランガビート”~その>>イドリッサ・ディオップ に続く第2弾はガンビアで70年代から活躍したグループ=グエレワールの1982年作!ガンビアはセネガルに隣する小国ですが、セネガルでも人気を呼んだという、あのスーパーイーグルスと人気を争っ …

続きを読む>

V.A. / NOISE & CHILL OUT, ETHIOPIAN GROOVE WORLDWIDE, ETHIO SONIC

アフロビート同様、21世紀のインターナショナル・グルーヴと化したエチオピアン・ミュージックの、伝播流行ぐあいをコンパイルした2CD!選曲はエチオピークのプロデューサーでもあるフランシス・ファルセトで、全28曲のうち11曲が未発表だそうです!特に、ジャズ~前衛音楽家たちの<エチオ愛>は半端ではなく、本編集盤でも欧州録音を中心にジャズ・ミュージシャン+エチオピア …

続きを読む>

TETA / FOTOTSE -RACINES -ROOTS

映画『ギター・マダガスカル』出演ギタリストです!再入荷しました。マダガスカル南部のチュレアールの音楽ツァピックです。クロード・テタは1967年生れで、幼少時から父親と兄で地方のお祭りやダンスパーティーを盛り上げる音楽バンドをしていて、ツァピック的伝統のど真ん中にいたそうです。幼くしてマンドリンを習得、8 歳でギターに持ち替えたところ、その才能をして村人たちが …

続きを読む>

YE LASSINA COULIBALY / ANTHOLOGIE

ブルキナファソのジェンベ・マスターがバラフォンはじめ、コラや一弦ヴァイオリンなど各種弦楽器&打楽器アンサンブルにおいてヴォーカルを聞かせる作品です。ジェンベがあんまり聞こえて来ないところがミソ!?自らの多彩かつマルチな音楽性を聞かせるアンソロジー的新録となりました!伝承曲の解釈 / アレンジが聞きものです。 試聴可>>★

続きを読む>

DRC MUSIC / KINSHASA ONE TWO

ブラー、ゴリラズ、The Good, the Bad & the Queenなど様々なバンドをかけもつUKロックのリーダー的存在デーモン・アルバーンが世界から貧困を無くすために活動する団体OXFAMと組んだアフリカ音楽プロジェクト第二弾。第1弾MALI MUSICに続き今度はDRC(コンゴ民主共和国)がテーマ。デーモンが今年の夏にキンシャサを訪れ、J …

続きを読む>

DEBADEMBA, ABDOULAYE TRAORE & MOHAMED DIABY

期待のマリ新人女性ファトゥマタ・ジャワラが2曲でリードヴォーカルを取っています。そこんとこもポイント高いワケですが…、ブルキナファソ出身の歌い手=モハメド・ディアビーと、マリ/バマコ出身のギタリスト=アブドゥーライェ・トラオレによるユニット=デバデンバのファースト・アルバムとなります。基本的にはバンバラ・ルーツのメランコリックなバラード、マンディ …

続きを読む>

MAGAYISA C. KHOSA / SHANGAAN DISCO

~Kさん感謝!1993年リリースCDデッドストック入荷です!roots of シャンガーンPOPです!曰く、南アフリカの北部リンポポに住まうシャンガーン人が首都ヨハネスへ出稼ぎに出て、何かと不充足な生活の中で、ズールージャイヴ等の影響を受けて作り出した“シャンガーン・ディスコ”がコレです!~近年話題を呼んだ“シャンガーン・エレクトロ”(英オネストジョンズ・リ …

続きを読む>

SORY KANDIA KOUYATE / LA VOIX DE REVOLUTION

久々に再入荷しました! 全アフリカ音楽ファン必携の2CDですね! 母国ギネアが西アフリカで最初に独立を果たした1958年に、若くして国家を代表する歌手として抜擢され、アフリカのみならず世界各地を親善ツアーし、その歌声は各国で絶賛を浴びました。まさしく西アフリカのグリオを代表する歌い手と言っていいソリ・カンディア・クヤーテの通りよい歌声、いにしえの記憶を宿した …

続きを読む>

BONGA / HORA KOTA

以前ラジオで、アンゴラの音楽の代表の一人として、ボンガを紹介した時の台本原稿を以下に〜 アンゴラは、アフリカ南西部に位置する大西洋に面した国です。人口は約2千万、15世紀に植民地となってから以降、1975年に独立するまでポルトガルの海外州だったので、公用語はポルトガル語です。 ただし、独立戦争後も長らく内戦が続き、その傷跡は今も多く残るとされる地雷に象徴され …

続きを読む>

AKALE WUBE / MATA

エチオピーク・シリーズの監修者フランシス・ファルセトが厳選した世界のエチオ音楽フォロワーたちのコンピレーション”ETHIOPIAN GROOVE WORLDWIDE / NOISE & CHILL OUT”のオオトリ(2 枚め最後)を飾ったのがこのフランスの5人組、アカレ・ウーベ(名前はゲタチェウ・メクリアの曲名から拝借しています)でした。エチオ・ジ …

続きを読む>

K1 DE ULTIMATE / IN TRIBUTE TO MY MENTOR BARRY WONDER

K1デ・ウルティメートことワシウ・アインデ・バリスターと言えば、もちろんFUJIのイノヴェイター、故シキル・アインデ・バリスターの門下生~2011年初めに亡くなった指導者=メントールへのトリビュート・アルバムがやっとリリースされました。やっぱり近年の傾向通り、旋律楽器パートも含む構成となっていますが、ハードです。ワイルドで野太いイイ声してます。YOUTUBE …

続きを読む>

TOGUNA / IN COLORS

インド洋の真珠と呼ばれる小さな島、レユニオンで生まれたアクースティック・オーガーニック・グルーヴ~”島のベン・ハーパ”と呼ばれるシラ率いるトグナ待望のセカンド・アルバムです。ブルー・キング・ブラウンのナタリー・パーパーがゲスト・ヴォーカルで参加しています。ロンドンのスタジオでNick Trepka(ジョージ・クリントン、キザイア・ジョ …

続きを読む>

SOTHO SOUNDS / JUNK FUNK

謎に包まれていたレソト王国の音楽が登場です。レソトは1966年にイギリスから独立~周囲を南アフリカ共和国に囲まれた内陸国。国土全域が標高1500メートルを超え「天空の王国」とも呼ばれています。このソト・サウンズは、彼の地に盛んな牧畜を営む男たちが、自ら制作した楽器を手に、なんともジャンク&ファンクな音楽を聞かせてくれるグループです!2003年にウォーマッドに …

続きを読む>

AZIZA BRAHIM & GULILI MANKOO / MABRUK

アジザ・ブラヒム、これがデビューFULLアルバムです。西サハラの若手女性歌手ということで、~マリエム・ハッサンに続く世代の登場ですね(というより、マリエムのツアー・メンバーだったそうですが)。新世代らしく、ディープに砂漠のメリスマを聞かせるというより、シンガーソングライター的資質の歌い手で、フォークロック / ブルースロック調の作風が多いのですが&#8230 …

続きを読む>

go top