ORCHESTRE POLY-RYTHMO DE COTONOU -DAHOMEY / THE 1ST ALBUM 1973

ドイツ・フランクフルトを拠点にし、激レアなアフリカ音楽を復刻してきたアナログ・アフリカから、〈リミティッド・ダンス・エディション〉と題された限定盤の新シリーズが登場~今回復刻された2枚はいずれもこれまでにも同社で紹介されたアーティストですが、オリジナル・アルバムの復刻は初となります。本作は西アフリカの小国ベニンでもっとも有名なバンド、オルケストル・ポリ=リト …

続きを読む>

ROB / FUNKY ROB WAY

ドイツ・フランクフルトを拠点にし、激レアなアフリカ音楽を復刻してきたアナログ・アフリカから、〈リミティッド・ダンス・エディション〉と題された限定盤の新シリーズが登場~今回復刻された2枚はいずれもこれまでにも同社で紹介されたアーティストですが、オリジナル・アルバムの復刻は初となります。本作は個性的なシンセサイザーを加えたファンキーなサウンドで注目されるガーナ出 …

続きを読む>

VIEUX FARKA TOURE / SECRET

故アリー・ファルカ・トゥーレの意志を受け継ぐヴィユーの11年新作はSOULIVEのエリック・クラズノーをプロデュースに迎え、デレク・トラックス、デイヴ・マシューズ、アイヴァン・ネヴィル、ジョン・スコフィールドら、US南部~ジャム~ブルースの名人達が参加したアフリカ×USAギター対決アルバム!と書くと、喜ぶ人もいるでしょうが、あまりにアメリカっぽすぎるのもどう …

続きを読む>

AWADI / PRESIDENTS D’AFRIQUE

再入荷!~お待たせしました。セネガル出身~元ポジティヴ・ブラック・ソウルの人気ラッパー、アワディの2010年のサード作です!昨年のアフリカ諸国独立50周年ということも受けての、実にストレートで真面目な作品となっています。~クワメ・エンクルマ / ナセル / セク・トゥーレ / ジョモ・ケニヤッタ / ネルソン・マンデーラといったアフリカの指導者たちの演説&キ …

続きを読む>

AWILO LONGOMBA / MONDONGO

今現在、たぶん全アフリカで一番人気があるPOPスターと言えば(やや無理矢理ですが…)、このアウィロ・ロンゴンバということになるんじゃないでしょうか?で、そのアウィロが、別にお忍びでもないんですが、プロモーション来日して当店にも寄ってくれました!~元ストゥーカス、そして元ヴィヴァ・ラ・ムジカの名ドラマーであり、ヴィヴァ脱退・独立後は歌手に転身、あれ …

続きを読む>

ALHAJI ODOLAYE AREMU / VOL.3 – 4 – 5 – 7 -10 &OLOWE MOWE

←再入荷しました。イイ感じのジャケですねえ! なんだか冴えないアパラ?だなあ、と、下手で一本調子なカルナティックのようにも聞こえる??(ユニゾン・ヴォーカルの)アルハジ・オドライェ・アレムの初入荷、ざっと聴いてみたわけですが、なるほどねえ、知りませんでした。アパラじゃないんですね…、イロリンの“ダダクアダ”だったんですね~、誠に他力本願ながら ★ …

続きを読む>

WESTERN JAZZ BAND / SONGS OF HAPPINESS, POISON & ULULATION -DAR ES SALAAM DANCING CLUB 1973 – 1975

1959年に結成されたというタンザニアのPOPダンス・バンドによる70年代録音集、初CD化となります!現地では“サボソ”と呼ばれたというそのダンス音楽、よりコンゴ音楽の影響が強く感じられもしますが、隣国ケニアのベンガ・ビートによく似ているかも知れません。きらびやかなギターとよく動くグルーヴィーなベース・ライン、そして高域の男声コーラスが特徴的~打楽器、ギター …

続きを読む>

TIFRED / SITANTELMAN

アフリカの東海岸、インド洋に浮かぶ島、レユニオン島のローカルポップスである”マロヤ”の新人、ティフレッドのデビュー・アルバム。聴こえてくるのはいつものマロヤのシンプルなサウンド。メロディ楽器は一切使われず、パーカッション群とコーラスのみをバックに、ティフレッドの錆びた歌声が、時におどけて、時にしみじみと響きます。>★

続きを読む>

V.A. / ALI AMANI, CHANTS SOUFIS DES COMORES

マダガスカルとアフリカ大陸の間に浮かぶコモロ諸島のスーフィー・ミュージック~南半球で唯一アラブ連合に加盟しているだけのことはあります。ディープなアラブ色濃い歌がとことん聞けます。コモロの音楽の巨匠、アリ・アマニへの敬意を表したアルバムということで、歌謡というよりは宗教的な朗唱がコーラスで謡われるような内容です。強烈ですね!

続きを読む>

BAU / CAFE MUSIQUE

セザーリア・エヴォラのバックもつとめたカヴァキーニョ/ギター/ヴァイオリン奏者=バウことルフィーノ・アルメイダの新譜CDは~これまでにリリースした6作のソロ名義アルバムから、インストゥルメンタル・ナンバーのみをピックアップしたベスト盤!ま、歌に魅力があるというより、そのアコースティックなアンサンブルで発揮される各弦楽器の音色の良さで際立つ人ですから、これのベ …

続きを読む>

ORCHESTRE POLY-RYTHMO / COTONOU CLUB

独ANALOG AFRICA レコーズの尽力で広く世界のアフリカ音楽マニアに知れ渡ったベニンのオルケストル・ポリリトモ~なんと20年ぶりの新録が英STRUTからリリースされてしまいました!変わらず軽快なアフロビート / アフロファンク / アフロラテンが並びますが、ゲストに現ベニン大スターのアンジェリック・キジョが参加しているところもポイント高し!

続きを読む>

MBIRA DZENHARIRA / FARE FARE TINDIKE! ’07

1987年結成、ショナ人のムビーラ音楽をアコースティックなスタイルそのままにモダーンにシェイプアップ、現代のポップとして提出しジンバブウェで大きな人気を得た親指ピアノ・ユニット=ムビーラ・ゼナリラの最近作となります(グループ分裂後の新生ゼナリラ1作目!)。基本的には完全アンプラグド伝統楽器のみの演奏によるチムレンガ?という印象はそのままですが、よりグルーヴィ …

続きを読む>

ADDIS ACOUSTIC PROJECT / TEWESTA

エチオピーク・シリーズで知られるかつてのエチオピア大衆音楽において、まだエレクトリック楽器が導入される以前、1950~60年代に興隆をみせたサウンドの復興を目指し結成されたのがアディス・アクースティック・プロジェクト、だそうです。~ギタリスト/アコーディオン奏者ギルム・メズムルをリーダーに、若手音楽家中心で組まれた彼ら、かつて国営オーケストラで活躍していたヴ …

続きを読む>

TAMIKREST / TOUMASTIN

前作も当店でロングセラーとなったタミクレスト~ティナリウェンのフォロワー・バンド / 砂漠のブルース若手による新作~セカンド・アルバムが早くも届きました!前作にあったサイケ・ロック?風味はやや後退して、よりディープなブルーズ・ロックっぽいテイストで迫ってくれます。そのギターのトーン、ワウワウやミュート、トレモロ使いによる変化も聞き物、ロック OR ブルーズ・ …

続きを読む>

KOLLINGTON AYINLA / SWEET SIXTEEN

再入荷しています!別レーベル別ジャケットで再リリースされました!ジャケはこっちの方が断然イイですねえ!なんとコリントン1978年の名作“オーステリティー・メジャー”の初復刻CD化ということでコレは嬉しい!既にレコードコレクターズ誌で紹介され、(LPを処分してしまった?オールド・ファンの方々から)お問い合わせを受けていましたが、限定入荷しております!とにかくハ …

続きを読む>

go top