V.A. / BLNRB-BELLIN, NAIROBI WELCOME TO THE MADHOUSE

独レーベル / アフリカン発クラブ系トラックをコンパイル&リリースするアウト・ヒア・レコーズからまたユニークな作品が登場!ドイツ・ベルリンを拠点にするモードセレクター、ゲブラダー・タイヒマン、ジャクージらがケニアの首都ナイロビにおもむき、現地のラッパーやシンガー、エレクトロポップ・バンド(!)とコラボレイション~ヒップホップ、ダンスホール、ミニマル、エレクト …

続きを読む>

TINARIWEN / TASSILI

過去10年間でもっとも世界を驚かせたアフリカのバンドがティナリウェンでしょう~彼らが奏でる“砂漠のブルース”は、ロバート・プラントをはじめトム・ヨーク、ブライアン・イーノ、サンタナなど数々の大物音楽家らを虜にしたのは有名な話。サハラ砂漠で生まれた塩辛くも男気溢れる歌とサウンドは世界に数多くのファンを生み出してきました。このアルバムは、そんな彼らの最新作(通算 …

続きを読む>

V.A. / LIVING IS HARD, WEST AFRICAN MUSIC IN BRITAIN 1927-1929

なんだか、スゴイことになりそうです~英国EMIに残された15万枚のSPレコードのマスター音源から、オネスト・ジョンズが随時コレクション・アルバムをリリースするということですが、その第一弾、1920年代後半に英EMI録音として残された西アフリカ音楽集!いや~20年代の録音とは思えない音の良さで、ほぼポピュラー音楽直前状態のヨルバ/イボ/ハウサ/アシャンティ/フ …

続きを読む>

MOKOBE / MON AFRIQUE

リム’カーも在籍するフレンチ・マイノリティー・ヒップホップ系ユニット=113(サン・トレーズ)のメンバー、在仏アフリカ系ラッパー=モコベのファースト・ソロ・アルバムは、1曲ごとに豪華スターが参加、オール・スター競演CDとなりました!サリフ・ケイタ/ユッスー・ンドゥール/ヴィヴィアン/マヌ・チャオ/アマドゥ&マリアム/セクーバ・バンビーノ・ジャバテ …

続きを読む>

MOKOBE -113 / AFRICA FOREVER

リム’カーも在籍するフレンチ・マイノリティー・ヒップホップ系ユニット=113(サン・トレーズ)のメンバー、在仏セネガル系ラッパー=モコベのセカンド・ソロ・アルバム2011年作となります。ワスル大御所、ウームウ・サンガレから、ンバラ若手のムバイエ・ジェイ・フェイ、クレオール系カナディアン女性歌手、ナタリー・ブルや、ギニアのキゾンバ系男性歌手?フォデ …

続きを読む>

GETATCHEW MEKURIA & THE EX & FRIENDS / Y’ANBESSAW TEZETA

エチオ JAZZ 伝説の巨人、サックス奏者ゲタチュー・メクリアの奇跡の新作2012年のクリスマス・プレゼントです! 前作同様にオランダのヴェテラン・パンクバンドTHE EX+ホーン隊がバックアップし、彼らとともにヨーロッパのジャズフェスに出演したゲタチューが、その創作意欲を保ったままオランダとアジスのスタジオに入って完成させました。当年76歳、音楽生活65周 …

続きを読む>

ORCHESTRE POLY-RHYTHMO DE COTONOU / THE VODOUN EFFECT 1972-1975

西アフリカの小国ベニンとトーゴで60年代末に起こったファンク・ムーヴメントを掘り起こした編集盤『アフリカン・スクリーム・コンテスト』でアフリカ音楽ファンのみならず、レア・グルーヴ・マニアまでうならせた“アナログ・アフリカ”の第4弾が登場!本作は『…スクリーム・コンテスト』にも収録されたベニンの大人気バンド、オルケストル・ポリ=リトゥモ・ド・コトヌーの単独編集 …

続きを読む>

ORCHESTRE POLY-RYTHMO DE COTONOU / ECHOS HYPNOTIQUES 1969-1979

執念のコレクター、サミーBラジブ主宰のアナログ・アフリカ新譜です!西アフリカの小国ベニンで70年代に最も人気を博し~“西アフリカで最も秘匿されたバンド”とも言われるオルケストル・ポリ=リトゥモ・ド・コトヌー、同レーベル復刻CD第1集1972-75に続いての第2集/本作は、ポリ・リトゥモが当時正式に契約を結んでいたアルバリカ・ストアという大手のレーベルに残され …

続きを読む>

V.A. / LEGENDS OF BENIN

“アナログ・アフリカ”第5弾!ベニンのダンス・ミュージックにスポットを当てた復刻CDですが、先の2アイテムよりも格段の充実内容!やっとベニンの主流グループ重要録音が登場です!60年代後半から80年代初頭に掛けて、同地シーンで活躍した4グループ= ANTOINE DOUGBE / EL REGO / HONORE AVOLONTO / GNONNAS PEDR …

続きを読む>

JAOJOBY / VELONO

★ジャオジョビ / サレギの王様 インド洋に浮かぶ、アフリカの一番近いアジアとも言われるマダガスカルの音楽は、とにかく個性的。 そのマダガスカルを代表するポップ音楽が サレギ。その代表的なグループがジャオジョビ。彼らの強力なハチロク・グルーヴが 体感出来るアルバムを廉価盤で再発!アジアとアフリカの民族、文化が複雑に入り交じっているのがマダガスカルの魅力。音楽 …

続きを読む>

HUGH MASEKELA / STILL GRAZING

★THE MUSICAL JOURNEY OF HUGH MASEKELA 南ア~トランペッター&ヴォーカル=ヒュー・マサケラの1960年代以降、渡米期の作品集/ベストCD(同名タイトルの自伝と同時リリース)です。スマッシュ・ヒット”グレイジング・イン・ザ・グラス”ほか、ボサ・ナンバーや当時のポップ・ヒットなども、独自な南ア・スタイルのジャジー・ナンバーとし …

続きを読む>

MANUEL WANDJI / VOYAGES & FRIENDS

80年代にパパ・ウェンバ、レイ・レマ・バンドに参加し、頭角を現し、近年はアフロ・レゲエバンド「WAMBO」のリーダーとして活躍するカメルーンとフランス人のハーフのパーカッショニスト、マニュエル・ワンジ。彼がマヌ・ディバンゴ、ケニー・ムハマッド、カレイス・フォトソらを巻き込み、5年がかりで制作したニューアルバム、12年作。「VOYAGES and FRIEND …

続きを読む>

SALIF KEITA / TALE

近年は世界のアルビノのための基金を作るなど、社会的な活動も目立つサリフ・ケイタ2012年新作はGOTAN PROJECTのリーダー、フィリップ・コーエン・ソラルがバマコにあるサリフのスタジオに逗留し、プロデューサーを務めた異色作。しかもボビー・マクファーリン、米国女性ベーシストのエスペランサ・スポルディング、UKジャマイカンのルーツ・マヌーヴァが一曲ずつゲス …

続きを読む>

TOKO BLAZE / URBAN GRIOT

ラガ・マルセイユの静かなる男、ニジェール出身の男性SSW~トコ・ブラーズによるソロ4作目となる09年作アルバムです。完全に入手困難でしたが、この度、マルセイユにもいらした ▷DESERT JAZZ さんがトコ・ブラーズ本人に会うとのことでしたので、直接買い付けていただきました。初入荷です。感謝!マッシリア・サウンド・システム/デュパンといったオクシタン・シー …

続きを読む>

TCHEKA / NU MONDE

セネガル沖のカボ・ヴェルデ諸島(旧ポルトガル領)、サンティアゴ島の出身~幼少時よりヴァイオリン奏者の父に音楽を学び、その父に連れられて結婚式やお祭りの席で演奏をはじめ、15歳の頃には、本来女性たちによって演奏されてきた伝統的なビートをベースに、独自の音楽スタイルを生み出したそうです…。バネの効いた抜群のリズム感でパーカッシヴにギターを弾きながら、 …

続きを読む>

go top