大谷氏 / 新譜

ストレートに胸を打つ直球から、誰も打てない変化球まで。歌の扉を開き続ける鬼才、大谷氏の入魂の最新作。その名も『新譜』。 全12曲のうち10曲が2011年の震災以降に作られたというアルバ ム。ここに今の大谷氏がいる。いやもう次に進んでいるのかもしれないが。サウンド的には数年前よりはまっているというエチオピアサウンドの影響あり。大谷 氏の新譜をぜひ、あなたの元へ …

続きを読む>

ELIZABETH MORRIS / ENCUENTROS Y DESPEDIDAS 

チリのシンガー・ソングライター、エリザベス・モリスによる2016年の4作目です。ギター、コントラバス、ドラムス、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、さらにクアトロ・ベネソラーノ、ケーナ、サンポーニャ、カホン、などをあしらって、ラテンアメリカ各地のフォルクローレ要素もブレンドした、心地よいフォーキー・ポップ系のサウンドを展開しています。本作では、ペルーのチェブーカ・ …

続きを読む>

ELKIN ROBINSON / COME ROUND

カリブ海に浮かぶコロンビア領プロビデンシア島出身のシンガー・ソングライター、エルキン・ロビンソンの2014年の6曲入りCDシングル。以前はイギリス領だったということで、クレオール英語も用いられるという同島ですが、このエルキン・ロビンソンもカリプソやメント~レゲエといった英語圏カリブの音楽要素などを吸収した、英語系のカリビアン・フォークを展開しています。まさし …

続きを読む>

ELKIN ROBINSON / SUN A SHINE

カリブ海に浮かぶコロンビア領プロビデンシア島出身のシンガー・ソングライター、エルキン・ロビンソンの2017年作。以前はイギリス領だったということで、クレオール英語も用いられるという同島ですが、このエルキン・ロビンソンもカリプソやメント~レゲエといった英語圏カリブの音楽要素などを吸収した、英語系のカリビアン・フォークを展開しています。本作は、サイドステッパーの …

続きを読む>

INNA ZHELANNAYA ‎/ VODOROSL’

モスクワ1965年生まれの女性SSWにして、トラッド系バンド、ファルランダーズ(1994-2004)のフロントだった、インナ・ジェランナヤのファースト・ソロ、1995年作の復刻盤となります。いかにもロシアの大地に響くミスティックな歌声、ピーター・ガブリエル主催のWOMEXに参加、世界を巡り、スラブ女声の魅力を広く知らしめた時期のアルバムだけに、フォークロアな …

続きを読む>

LISA HANNIGAN ‎/ PASSENGER

なぜか、ポーランド盤で入って来てしまったアイルランド、人気SSW12年作セカンド〜 1 Home 4:58 2 A Sail 3:35 3 Knots 3:32 4 What’ll I Do 2:50 5 O Sleep 3:27 6 Paper House 4:16 7 Little Bird 4:01 8 Passenger 4:18 9 S …

続きを読む>

PEDRO GUERRA / VIDAS

1966年カナリア諸島生まれ、 1995年ソロ・デビュー、 こちら2008年の10作目となります。 1 Huellas 2:44 2 Quisiera Saber 3:20 3 5.000 Años 2:54 4 Se Enamoró De Un Río 3:21 5 El Pescador 3:20 6 Casas Antiguas 3:07 7 Humo …

続きを読む>

ARLO GUTHRIE / LAST OF THE BROOKLYN COWBOYS

そう、ウッディの息子、アーロ・ガスリーのCDです。小生、中学時代の愛聴盤でした。だからなんだよ、と言われても困るのですが、そっと、UPさせていただきます。1973年の作となります。 *盤&ジャケとも全く問題のない状態です。 1 Farrell O’Gara 2:49 2 Gypsy Davy 3:44 3 This Troubled Mind o …

続きを読む>

go top