TULUS / TEMAN HIDUP

    トゥルス、1987年生まれのインドネシア人気SSW〜こちらは2011年のデビュー作(Rolling Stone Indonesia ベスト・アルバムに選出)〜アジア itunes で、ダウンロード・ベスト10入り(ま、インドネシアは人口2億6千万人ですから、でもスゴイ!)ということで、このデビュー作からして、人気スターに。なるほど …

続きを読む>

MARI KALKUN / ILMAMOTSAN

☆マリ・カルクン / 森の世界の中で 聴け、今のエストニアを! 2018年。エストニア独立100年の記念年に、ヨーロッパ全域に大きな影響を与えている3組のアーティスト、トゥーリキ・バートシク、マリ・カルクン、トラッド・アタック! の来日が決定。 北海道・長野・東京・愛知・三重・兵庫・島根・大分・沖縄で 全国公演を行う。 マリ・カルクンは南エストニアにルーツを …

続きを読む>

KONSTANTINA PALLA / ONIRA

ギリシャ最大手レーベル、ミノスから期待の新人女性SSWがデビュー!と、言いたいところですが、が、しかし、最大手レーベルたるもの、こんなマイナーポエット? 渋い、というかマニア好み、と言っても過言ではない若手女性SSWのデビュー作を出してイイのか? とお尋ねしたい。いったいギリシャって、どーゆー国なんだ? とも、 巷では “ギリシャ化する日本?” なんてお話を …

続きを読む>

MANOLIS FAMELLOS / I EPOHI TON SKOUPIDION

1968年アテネ生まれの男性SSW、マノリス・ファメロスのソロ12作目〜2018年作となります。ソロ・デビューは99年なんですが、それ以前にも、92年に1stをリリースし98年に3rdアルバムを発表し解散したマノリス・ファメロス&イ・ポディラテス(& “ザ自転車” の意)を経てのソロ活動ということなので、実質30年のキャリアの持ち主、50歳ですね。で、50歳 …

続きを読む>

MIRELA PACHOU / LIGO CHROMA

>★ いいですねえ、変わらず、平明で何気なくてギリシャらしくて、アコースティックでインティメートでプライヴェートでオープン(って、何言ってるか、自分でもよくわかりませんが)!ミレラ・パフウが4年ぶりの新作で帰って来てくれましたよ。またまた、アコーディオンなジャケですねえ(>こちらがファースト!)。 ミレラ・パフウ、1986年、エーゲ海のロードス島生まれ、島の …

続きを読む>

TATÁ AEROPLANO ‎/ NA LOUCURA E NA LUCIDEZ

    サンパウロ、02年結成のロック系バンド、セレブロ・エレクトロニコ(69年ジルベルト・ジルの名曲から?)のリード・ヴォーカルだったタタ・アエロプラーノのセカンド(2014)。トロピカリズモ現代版?ちょっと時代を超越していますね、

続きを読む>

GABRIEL VERSIANI / AINDA SAMBO

ジョイス、マルチナーリアが参加! 伝統サンバの重鎮で若い頃にはあのカルトーラとも共作を残した男性サンバ歌手/作曲家/ギタリスト、クラウジオ・ジョルジの息子、ガブリエル・ヴェルシアーニが発表したセカンド・アルバム。ギターやアレンジで父クラウジオが全面的に参加。さらにオルケストラ・クリオーラ、マルチナーリア、さらにはジョイスといった大物たちがゲスト参加するなど、 …

続きを読む>

MELISSA LAVEAUX / RADYO SIWEL

メリッサ・ラヴォー、1985年にハイチ人の両親のもと、カナダのケベック / モントリオールで生まれ、ファーストは08年>こちら国内盤でリリース、>セカンドは13年、そして同じく5年を経てリリースされたのが本盤、2018年のサード・アルバムとなります。ギターを弾き語る女性SSWです。 で、メリッサ、この作を録音するに先立ち両親の故郷ハイチへと、自身としても20 …

続きを読む>

KARINE POLWART with Pippa Murphy / A POCKET OF WIND RESISTANCE

スコットランドの女性SSWにして、プロデューサー、作家でもあるカリーネ・ポルワートの2017作(6作目だそう)。本作はエジンバラ国際フェスで、現地劇団員の演技を交え上演されたサウンドアート作品「ウインド・レジスタンス」を下敷きに、ヴォイス&音響面をクローズアップし録音されたCD。同じくスコットランド出身の女性作曲家、ピパ・マーフィー(ピアノ)によるトラッドを …

続きを読む>

春日 hachi 博文 / 独りの唄

カルメンマキ&OZ、RCサクセション、東京ビビンパクラブなど錚々たるユニットへの参加で知られる春日 hachi 博文、64歳にして歌手デビュー作! ウクレレを中心としたアコースティック楽器、さらに年代物のリズムマシン等を駆使して生まれた唯一無二のサウンドと、ユニークな詩の世界を堪能出来るゴキゲンな一枚となっています。 白崎映美、Samm Bennett、そし …

続きを読む>

HELENE BLUM / DRABER AF TID

〈デンマーク・フォーク・シーンで最も美しい声〉を持つシンガー・ソングライター  デンマークのフォーク界で最も美しい声を持つ一人と評され、北欧トラッド/フォーク・シーンで注目を集めている女性SSWヘレーネ・ブルーム。2010年に来日公演も行った彼女の2017年作がこちら。ヘレーネは2005年にアルバム・デビュー。以降の作品は公私ともにパートナーとなるデンマーク …

続きを読む>

LUIS BARBERIA feat.SEXTO SENTIDO / A FULL

ラティーナ誌2016年6月号『特集:2010年代の世界の音楽』キューバの項で、選出されていたものの配信のみだった音源が、めでたくCD-Rで発売になりました。しかもPV、メイキング、スライド・ショウ入りのDVD-R(リージョン:ALL/NTSCですので、一般家庭用機器で視聴出来ます)が付いての発売です。 ルイス・バルベリーアは、1990年代後半からアバナ・オク …

続きを読む>

go top