JOHNNY OTIS / THE BEST OF JOHNNY OTIS

★ジョニー・オーティス/ベスト・オヴ・ジョニー・オーティス <オーディブック数量限定再発> “R&B界のゴッドファーザー”と言われた男の、1945年~68年までの足跡を辿る!  5年ほど前に弊社から数タイトルを限定再発した故・中村とうよう氏のレーベル『オーディブック』。80年代終わりから90年代にかけて存在したこのレーベルは、当時画期的だった「オーディオ」+ …

続きを読む>

ESTER RADA ‎/ DIFFERENT EYES

>こちら、スラエルで人気の高いエチオピア系(ベタ・イスラエル系)女性R&B歌手、エステル・ラダのなかなか入荷しなかった2017年作初入荷です。先のデビュー作にあったエチオ色は後退していますが、やっぱり、カッコイイですねえ、 1 My Mind 3:37 2 Different Eyes 3:18 3 Have To Go 4:24 4 Choice …

続きを読む>

JAMIE ADITYA GRAHAM / LMNOPOP!

抜群の歌唱力とスタイリッシュなR&Bサウンド! インドネシアの司会者/俳優/歌手のジェイミー・グラハムは2012年にアルバム“LMNOP”でデビュー。このアルバムはその続編となるもので、前作同様、モダンなアーヴァン・ソウル/R&B寄りの音作りとなっています。そして何と言っても歌唱力が抜群。アジア人離れした、こなれた感じのブラック・フィーリング …

続きを読む>

LEYLA McCALLA / CAPITALIST BLUES

>こちらに続く三作目、去年の年頭にリリースされていたようですが…>こちらで知りました(毎度のことですが、陳謝&感謝)(って、今どきのアメリカン・ミュージック新譜に対してまったくアンテナがない当方で、新譜が出ていることも全く知りませんでした。前作けっこう好きだったのに、…すみません)。 ともあれ、たいしたもんですねえ、ヴァン・ダイクとラ …

続きを読む>

V.A. / LAND OF 1000 DANCES THE RAMPART RECORDS 58th ANNIVERSARY

イースト・ロサンゼルスのモータウンとも言われたレーベル、ランパート・レコードの58周年を記念して作成された全シングル録音コレクション。ドゥーワップから始まり、R&B、ファンク、ラテン・ロック、ディスコなど、チカーノたちを中心に60~70年代のバリオで起きていた音楽変遷を俯瞰するような大変貴重な音源と解説は圧巻。解説には、ロサンゼルスを代表するチカーノ …

続きを読む>

DIPLOMATS OF SOLID SOUND Featuring THE DIPLOMETTES

これは凄い!カッコよすぎるヴィンテージ・ソウル・ファンク・リヴァイヴァル・アルバム! 1990年代半ば過ぎ頃から米国のシャロン・ジョーズ&ザ・ダップ・キングスを筆頭に、アーチー・ベル&ザ・ドレルズの「タイトゥン・アップ」のカヴァーで注目を集めたオーストラリアのザ・バンブーズなど、1960年代半ばから1970年代半ばのソウル/ファンク・ミュージックを再現したヴ …

続きを読む>

SIDIKI DIABATE / DIABATEBA MUSIC

マリのトゥマニ・ジャバテのお父さんは>シディキ・ジャバテですが、その息子さんもシディキ・ジャバテで、トゥマニの>2014年作で、コラのデュエットをしてレコーディング・デビューしたんじゃなかと思いますが、やっと2016年にソロ・アルバム(デビュー作)が出ていたのに気づかなかったなんて不覚でした(Dさんに教えてもらいました)。78代に渡ってコラを弾き継いで来たと …

続きを読む>

GABY MORENO / ILUSION

ヴァン・ダイク・パークスのプロデュースするという新作リリースが待たれるガビー・モレーノ、今のところ最近作です! 06年デビュー、グァテマラ出身の女性シンガー・ソングライター、ガビー・モレーノ5作目、一昨年出ていた近作、見逃していました。メンフィス〜ナッシュビルあたりのソウルとかR&Bとかカントリー&ウェスタンを彷彿とさせる仕上がり(とはいえ、1曲を除いてスペ …

続きを読む>

HUGH MASEKELA / NO BORDERS

遅ればせながら、UK盤がリリースされましたので、 今年(2018) 年頭に亡くなってしまった、 南アJAZZの巨人、トランペッターの ヒュー・マセケラ 2016年の遺作、初入荷となります。 若手からヴェテランまで、 様々なゲストを迎えた76歳の意欲作でした。 オリジナルは南ア盤ですが、 これがなかなか入荷せず。 とりあえず、 オリヴァー・ムトゥクジとの1曲、 …

続きを読む>

CEF TANZY / CARTEL D’AMOR

ソウルっぽいですねえ、イイ声しています。アンゴラ、キゾンバの将来的なあり方として、打ち込み系エレクトロなダンス音楽的展開より、好感が持てるような気がしますが、いかがなものでしょう? 詳しくは後刻〜 とか書いていたら、bunboniさんの>こちらがアップされました(リンク感謝!)。そうか、キゾンバじゃないんですね…キゾンバにおけるズーク・ラヴ的(ス …

続きを読む>

SUNNY & THE SUNLINERS / Mr. BROWN EYED SOUL

『Mr.ブラウン・アイド・ソウル』サニー&ザ・サンライナーズ 1943年テキサス州サンアントニオ生まれ。50年を超えるキャリアをもつ大人気チカーノ歌手、サニー・オズーナ。情感溢れるハスキー・ボイスと自身のバンド、サンライナーズによるタイトでファンキーなサウンドとの組み合わせは、チカーノたちから絶大な人気を誇ってきた。本作は、自主レーベル、KeyLockに19 …

続きを読む>

V.A. / JAMAICA – RHYTHM & BLUES 1956-1961

夏ですからねえ、再入荷ですよ、やっぱり、これは! これまでリリースされた英語圏カリブ・コレクション2CD全種が大好評だった”ドック・レゲエ”ことブルーノ・ブルム先生の新監修2CD は、『ジャマイカ=リズム&ブルース』ということで、なるほど佳境に入っております。36 頁ブックレット(英語/仏語)付き!ローレル・エイトキンからリコ・ロドリ …

続きを読む>

70SOC / ELECTRIC LOVE

ファンク系70年代リヴァイヴァル・トリオ!! そのバンド名通り、70’Sリスペクトなバンドゥン出身のファンク・トリオ。ワウ・ギターとファンキーなリズム・セクションによる演奏にホーンやストリングスも加わって、リヴァイヴァリストとしてかなりのセンスを感じさせます。インドネシアのリヴァイヴァル系はブルース・ロックやフュージョン系が多いですが、彼らはアー …

続きを読む>

go top