GIANNIS MELAMPIANAKIS / STOU ORIZONTA TIN AKRI

クレタ島民謡をモダン化した作品とのことです。ヤニス・メランピナーキスはクレタ出身のソングライター、サントラ等でも活躍してきたそう。既に中年男性と見えますが、この作がソロ名義初アルバムとなるそうです。島唄っぽさを残した哀愁味あるソングライティング、エーゲ海っぽい弦アンサンブルを生かしたアコースティックなアレンジが魅力でしょうか。ヤニスほか以下3人のゲスト女性歌 …

続きを読む>

GIORGOS DALARAS / AFIEROMA STON MARKOS VAMVAKARIS – LIVE

ヨルゴス・ダラーラス2003年作は、レンベーティカです!20世紀初頭~アテネの港街、阿片窟や飲み屋で生まれたというブルース=レンベーティカの巨人マルコス・ヴァンヴァカリスのナンバーを、CD2枚に渡ってカヴァーしたライヴ盤です!これは事件ですねえ…。ヴァンヴァカリスと言えば、まあ、ブルースで言えばロバート・ジョンソンみたいな人です。ギリシャ的な弦ア …

続きを読む>

STELIOS KAZANTZIDIS / DEN GECIKMIS TURKCE BIR MERHABA !

これは驚き!グリーク・ライカのトップ・スター=故ステリオス・カザンジディス(1931年生/2001年没)によるトルコ語歌謡ナンバーも含むトルコ・メイドのCDがリリースされました!録音は1960年(うち2曲がイスタンブール録音)で全14曲~おそらくLPとしてのカザンジディスのアルバム(ファースト !? ~1960年以前はシングルSP/EP録音のみのハズ)に、ボ …

続きを読む>

GEORGE DALARAS / GI AFTO IPARHOUN I FILLI

09年秋にも豪華なライヴ2CD&DVDボックスをリリースしてくれました。そして矢継ぎ早に本作~スタジオ録音新作を届けてくれました。で、その内容ですが、それぞれに異なる作詞家と作曲家の組み合わせで全15曲、ほぼ3~4分のいかにもオーソドックスなギリシャ風情漂う曲調が並ぶ歌謡アルバムといった感じです。特に目立ったゲストもコンセプトもないと思われますが、そんな中に …

続きを読む>

GERGOS DALARAS / ERIMA HORIA

ギリシャ音楽界現役最高の男性歌手ヨルゴス・ダラーラス、これまで40年間にわたり所属してきた老舗レーベル“ミノス”からギリシャ・ユニヴァーサルに移籍し、新たな境地で臨んだ意欲作がこの06年のスタジオ録音作です!本作のテーマは「アルバニア」~ギリシャと国境を接するこのイスラム国、経済的には貧しいものの、音楽的には肥沃な土壌を誇っています。そんなアルバニアから亡命 …

続きを読む>

GIORGOS DALARAS / STA TRAGOUDIA POU SOU GRAFO (SHINING NIGHTS)

さて、ギリシャを代表する男性歌手=ヨルゴス・ダラーラス、やっとスタジオ録音新作が届きました。イイ感じですねえ…、パーカッシヴかつファンキーな隠し味の効いた、どこかレゲエ風に聞こえる/コンテンポラリーなバックの中、ダラーラスの歌声にブズーキが寄り添う冒頭の曲で、すべて決まり、です。そして、続くライカ系バラード、しみじみさせてくれます…. …

続きを読む>

GEORGIA DAGAKI / STIN AKRI AYTOU TOU KOSMOU

久々の再入荷!クレタ島、リラを片手に海へ続く道にたたずむエーゲ海の女性、島唄、リラを弾き語るニシオーティカ女性歌手、ジョルジア・ダガキのファースト・アルバム人気盤!少しばかりハスキーな歌声に深みあるリラの音色にシビれます。 12歳からリラをはじめ、16歳から島の民謡を歌いはじめ、00年に>デビュー・シングルを。そしてこのファースト・アルバムを05年に、その後 …

続きを読む>

HARIS ALEXIOU / DI EFHON

古巣のミノスからポリグラムへ移籍しての第一作、このアルバムを作りたくてハリスは20年以上在籍したミノスを出たんじゃないかと思えるほど、それまでのオーソドックスなライカを脱ぎ捨て、元プログレ・バンドで活躍していたニコス・アンディパスに作曲・バッキングをまかせ、エレクトロ楽器を大胆に導入した地中海トラッド・サウンドの中、伸び伸びとした歌声を聞かせいます。結果、日 …

続きを読む>

HARIS ALEXIOU / TO THE END OF YOUR HEAVEN

ハリス・アレクシーウの2003年秋の作〜前作のライヴから、古巣のミノスEMI系列に戻ってのセルフ・プロデュース作。自作の4曲ほか、アンナ・ヴィッシやケティー・ガルビー、マントなどに曲を提供してきた売れっ子作曲家=ヨルゴス・テオファーノスの4曲など、全体にスローなナンバーが並んで、じっくりハリスの歌が楽しめる内容。バックも滋味ながら手の込んだ作りで、先のヨルゴ …

続きを読む>

ELEFTHERIA ARVANITAKI / GRIGOA I ORA PERASE (The time passed quickly)

当店でも一番人気のギリシャ女性歌手=エレフセリア・アルヴァニターキ/スタジオ録音・新作は、エレフセリア自身、20年来のつき合いがあるというヴェテラン作曲家=ニコス・シダーキスの書き下ろし曲を歌ったアルバムとなっています。そのテーマは、紀元前のギリシャ女性詩人サッフォーの抒情詩/恋愛詩をモダーンな歌曲として展開することにありますが、いつになくクラシカル、シック …

続きを読む>

HARIS ALEXIOU / OI BALANTES TIS HAROULAS

1950年生まれ1970年デビューのハリス・アレクシーウ、1992年に移籍するまで、ギリシャ最大のレコード会社ミノスに属していました。その移籍までの古巣身の巣に残して来たヒットの数々、オーソドックスなライカを中心とした選曲で編んだベスト盤です! TRACKS: 1. I BALANTA TIS IFIGENEIAS 2. OLES TOU KOSMOU OI …

続きを読む>

HARIS ALEXIOU / ANTHOLOGY

ギリシャ・モダン歌謡の女王=ハリス・アレクシーウの2枚組のスペシャル・パッケージBEST! ミノス/ユニヴァーサル音源にて、デビューから2004年までのヒット曲が並んでいます! 全曲デジタル・リマスター済み、そして2曲の新曲も収録!これから、ハリスを聴こうという方、あるいは、これからギリシャ歌謡を聴こうという方には最適の2CDかと思います。もちろん、ハリス・ …

続きを読む>

HARIS ALEXIOU / LIVE AT THE ODEON OF HERODES ATTICUS JUNE 2007, A Tribute to Manos Loizos

ギリシャでは昨後半のリリース/今のところハリスの最新盤になる07年7月のライヴ録音2CD&DVD(pal region2) ~DVDにはコンサートのすべてが収録されました。バックアップするのは、SSW&バンド・リーダー、そしてプロデューサーとしても活躍して来た才人ニコス・ポルトカログルーとそのグループ、トリフォーノ(グリーク&地中海トラッド系のシンプルかつ繊 …

続きを読む>

HARIS ALEXIOU, THANOS MIKROUTSIKOS, LINA NIKOLAKOPOULOU / KTRATAI XRONIA AFTI I KOLONIA

1990年作、共作ということになっていますが、サノス・ミクルーツィコス作曲、リナ・ニコラコプル作詞というコンビのオリジナル書き下ろし曲をハリスが歌うという趣向のアルバムです。常よりも軽い調子の曲想、バッキングで、いつも通りの歌い口を聞かせます。

続きを読む>

CIGDEM ASLAN / MORTISSA

 イイ、ジャケットです。 インフォでは、ロンドン在トルコ出身のクルド系女性歌手ということですが、ユダヤ教徒家系のクルド人ということになるでしょうね(ということは、ユダヤ系と言っても同じですが…、すくなくともアスランという名はユダヤ系の名前です)。学生時代からトルコ各地のマイノリティーの民謡を学び、渡英後にはシェコヨフ・クレズマー・アンサンブルで歌 …

続きを読む>

go top