LEONIDAS BALAFAS / ANTHROPOS MONAHOS

レオニダス・バラファス2018年末の新作、やっと入荷しました!アナログLPオンリーのリリースとされていましたが、LPを開封するとCDもついていたのでした。 ロックとレベーティカ、どっちかに寄り沿ったアルバムを交互に出し来たレオニダスですが、>前16年作で吹っ切れた模様、コノ作では堂々としたレベーティスぶりとロッカーぶりを両立させているのでした。カッコイイぜ! …

続きを読む>

GIORGOS MOUFLOUZELIS‎ / EGO DEN EHO VGALEI TO SCHOLEIO

1912年生まれ(1999年に逝去)、ブズーキ、バグラマーを弾く作曲家でしたが、70年代に自己名義の録音デビューしました。まさに生き残ったレベーティスとでも言えるでしょうか?サンバやブルースの再発見を想わせますが、当たらずとも遠からず(ギリシャでも70年代にレベーティカ復興機運が若い世代の間で興っていますから…、その先陣にいたのが、ヨルゴス・ダラ …

続きを読む>

HARIS ALEXIOU / I BALADES TIS HAROULAS

>☆ 当店在庫の中から、なぜ売れない?シリーズその2です。 というわけで、この選曲にはまいりました。ハリス・アレクシウが一番ライカだった頃、1974年から80年代を通じてのバラード曲ばかりを20曲、しかも他アーティスト・アルバムへの客演や、企画オムニバス・アルバムへの参加録音も選曲されているし、ラスト20曲目はこのベストのみに収録の93年録音! &#8230 …

続きを読む>

LEONARDOS BOURNELIS ‎/ TA TSIFTETELIA TOU BOURNELI, Dose Mou Kai Mena Barmpa

1974年リリースのLPオリジナル復刻ですね、 1940年生まれですが、このアルバムが 記念すべき自己名義ファーストLPでした。 〜タイトル通り、ブズーキのヴァーチュオーゾでもある 自作自演歌手、レオナルドス・ブルネリスが演じます。 アナトリア由来のリズム、チフッテテリを演じています。 1 Το Τσιφτετέλι Του Μπουρνέλη 2 Βασα …

続きを読む>

GIANNIS PAPAIOANNOU ‎/ I ELLADA TOU GIANNIS PAPAIOANNOU

いや〜、新品だというから久々に取り寄せてみたら、シールドでした(って、例の昔のギリシャ盤CD仕様で、封紙が貼ってあるだけですが)。まだ、あるんですねえ…、マルコス・ヴァンヴァカリス、ステリオス・キロミティに継いでピレウス派のレンベーティスとして、職業的自作自演歌手となったヤニス・パパイオアーヌ(1914-1972)の、そのデビュー曲 “ファリリオ …

続きを読む>

NASSIA KONITOPOULOU / KAPETANIOS O EROTAS

キクラデス諸島で一番大きな島、ナクソスの島唄の大家にしてヴァイオリニスト、ミハリス・コニトプールの息子の、やはり音楽家、ヴァイオリン奏者にして歌い手のヨルゴス・コニトプール(1933-1991)の娘であり歌手、ナシア・コニトプールの3作目(1997)のアルバム、美人です。 初レコーディングは1985年、父のアルバムで歌い、89年、90年と父ヨルゴス晩年の作に …

続きを読む>

RENA KOUMIOTI / KORI TOU GIALOU

1948年生まれ、父はイズミールから、母はコンスタンティノープル(イスタンブール)からの帰還者でした。ライカ、とは言い切れませんね、いわゆる初期エンデフノ(アートソング)系の重要な歌い手の一人、テッサロニキで1968年にデビューしています。 CD 1 1. 


Dose Mou To Stoma Sou [Δώσε Μου Το Στόμα Σου] 2. …

続きを読む>

GIORGOS MARGARITIS / EGKLIMA KAI TIMORIA

もうひとりのヨルゴス…?? ヨルゴス・マルガリーティス(1945-) ギリシャではモノすごい人気のある人ですね。 1981年にデビュー・アルバムをリリース、 と、デビューは遅い苦労人ですが、 毎年、どころか、ベストやライヴ含めると、 年に2〜3作のLPやCDを発売することもあるので 今のところ全34作! ライカからロックまで、自在な音楽性を聞かせ …

続きを読む>

DIMITRIS LAMBOS / MI SE FOVISEI I AGELI

全然、知らない人でした。 名門 Lyra (2007年に売却され、Legend 傘下となってしまったようですが)から、2010年にリリースされた男性SSWの作です。その後のアルバムもその前のアルバムも確認できません。ゲストに Vangelis Markantonis, Stathis Drogosis, Dimitris Panagopoulos, Mano …

続きを読む>

go top