FOTINI MAVRAKI / TA VASANA ME ZOSANE

フォティニ・マヴラキ、1962年に14歳でシングル・デビュー、63年には500人中3人のオーディションでエリア・カザンのギリシャ撮影の自伝的映画『アメリカ・アメリカ』に出演したそうです。60年代を通じて、旺盛にシングルを吹き込み、70年にファースト・アルバム、79年までに合計11枚のLPアルバムをリリース、ダラーラスやハリスも彼女の歌のファンで、その作品をカ …

続きを読む>

STRATOS DIONYSIOU ‎ / O LAOS TRAGOUDI THELEI, BEST OF

1-1 Βρέχει Φωτιά Στη Στράτα Μου 3:10 1-2 Αργά Είναι Πια Αργά 2:51 1-3 Γυναίκες Γυναίκες 2:49 1-4 Καρδιά Μου Πάψε Να Πονάς 3:16 1-5 Τι Σου Φταίει Το Παιδί 2:30 1-6 Όπως Φεύγουν Τα Κ …

続きを読む>

THEMISTOKLIS KARPODINIS / KONTRAMPATZIDES

エーゲ海の臍、パロス島の出身にて伝統音楽を学んだ俳優にして歌い手、テミストクリス・カルポジニスのデビュー作!大型新人の予感(けっこう歳いってるかもしれませんが…)。 それにしても新人の新録とは思えない?この堂々たるレベーティスぶり、実にカッコイイじゃないですか!20世紀前半、アテネの外港、ピレウスの阿片窟から生まれたレベーティカに熱い想いを寄せな …

続きを読む>

V.A. & PANTELIS ABAZIS / ANOTATI ZAMPETIKI

パンテリス・アバジスのプロデュース&作詞、ステリオス・サフィリウのブスーキによって、アシリス・レカス、クリスティアーナ、パンテリス・サラシノス、ミハリス・ディミトリアディス、そしてパンテリス・アバジスら10人が歌った“ヨルゴス・ザンペータスのメロディー”、ということで、ブズーキの名手にして作曲家、ヨルゴス・ザンペータス(1925-1992)のブズーキ・メロデ …

続きを読む>

DOMNA SAMIOU / PARADOSIAKA KALANTA AP OLI TIN ELLADA

ドムナ・サミウ(1928-2012)アテネの郊外、トルコからの帰還難民の居住区に生まれ、その母はスミルナからの帰還者でした。後年、ギリシャ民俗音楽研究家 / フィールドワーカーにして演奏家、歌い手でもあった女性研究者でした。そんな彼女がフィールドワークした、様々な土地のクリスマスソングやクリスマス関連の録音、子どもたちの歌など集めた2CD。ヴィザンティン音楽 …

続きを読む>

ANNA VISSI / HELIOTROPIA

アンナ・ヴィッシといえば、いわゆるライカとPOPの橋渡し、としての “モダンライカ” (この言葉、最近あまり聞かなくなってしまいましたが)の立役者、1977年にハタチでデビューしたギリシャの人気女性歌手、こんなヴェテランな表情になってしまったわけですね。ただし当店的には結局、POPかライカ、どっちつかずな感じがオススメしずらいということはありました、が、歌に …

続きを読む>

VISTA / TAKIMI OF EPIRUS

>★ ギリシャで最も標高の高い村だという、イピロスのサマリナ(人口378人-2011年現在)の “タキミ” すなわち仲間たちによる演奏のフィールド・レコーディング。もちろんクラリネット&ヴァイオリン、ウード&タンバリンという編成で、いかにもイピロスらしい演奏を聞かせてくれます。

続きを読む>

KATERINA ZAKKA / IXOI POGONIOU

イピロス、その地の元女性教師、定年の後、歌手に転向したというカテリーナ・ザッカがイピロス民謡を歌いまくるCD!唯一の作品となる2004年録音・2007年リリース作、初入荷です。 イヤ〜参りました。絶対音感を持つ人をイスに縛りつけて、このCDを聴かせたいものです。 ドローン効果を生み出すカヌーンやウード、リラほかの弦楽器群に、時にオルガンも加えた通奏アンサンブ …

続きを読む>

ASPASIA STRATIGOU, NIKOS SAMARAS / FILACHTO

われらがアスパシア・ストラティグの新作!10代のころからアテネでアマチュア・バンドのヴォーカルだったり、長らく様々なアーティストのレコーディングでコーラスをつとめて来たようですが、そんな中でもヨルゴス・ダラーラスのツアー・メンバーとして2年を過ごしたことが、ソロ・デビューのきっかけになったようです。いかにも自己主張のない、歌に没しようとするディモーティカ / …

続きを読む>

ELEFTHERIA ARVANITAKI / TA MEGALA TAXIDIA

エレフセリア・アルヴァニタキ、この10月12日で62歳になったそうですが(オレより年上だ!)、その10月にリリースされた、おおよそ5年ぶりの20作目(ファースト・アルバムは1984年)の新作スタジオ録音アルバムがこちらで、タイトルは ”グレート・ジャーニー” といった意味だそうです。う〜ん、長旅をし続けて、今があるとうことなんでしょうか?ちなみにエレフセリア …

続きを読む>

KATERINA PAPADOPOULOU / NO-TIO TO-XO

¥3650…たっ、高いですなあ、でも、10枚入れて既に8枚、HPにアップする前に売れてしまいました。「つまらんCDを2枚買うより全然マシ」というのは通りすがりのKさんの弁、そう言っていただけると幸いです。当店界隈で人気のギリシャ伝統派女性歌手、カテリーナ・パパドプール新作です。キプロス、カルパトス、ナクソス、クレタといった島唄、加えて、カッパドキア伝来のグリ …

続きを読む>

VIKTORIA TAGOULI / OI NIKITES TOU POUTHENA

再入荷しました! 11月、やっと秋ですねえ、今年の夏は長かった。で、実に秋らしい1枚、ギリシャから届いています(って、春先のリリースだったらしいんですが…)。お声はエレフセリアあたりを連想させるやや、澄み透った感じですが、実に落ち着いたムードも醸していますね、ピアノ弾き語りも聞かせる女性歌手にして作曲家、ヴィクトリア・タグーリの3作目となるアルバムです。マケ …

続きを読む>

go top