NINA BECKER & MARCELO CALLADO / GANBITO BUDAPESTE

リオの若手音楽家が大勢集まり結成された〈オルケストラ・インペリアル〉でフロントを務めていた女性歌手ニーナ・ベケールと、その旦那さんでマルチ楽器奏者のマルセーロ・カラードが、なんともゆる~いMPB作品を発表してくれました。ここでは、トロピカリア~初期のMPBを思わせるやや懐古的なブラジリアン・サウンドや、サイケデリックかつフォーキーなソフトロックなどを、ややア …

続きを読む>

FLAVIA DANTAS / DOIS FAROIS

久しぶりに健やかなサンバのヴォーカル・アルバムが登場です。リオ出身の女性歌手フラーヴィア・ダンタスのデビュー作。アレンジを務めるのは旦那さんのベルナルド・ダンタス。グルーポ・セメンチでギターを担当する俊英で、ここでも実に品の良い、ポップかつ伝統のツボを押さえたアレンジを楽しませてくれます。が、このアルバムの魅力の中心は、奥方のフラーヴィア。微笑みを感じさせる …

続きを読む>

ORQUESTRA ABASE DE SORPO DE CURITIBA & ANDRE MEHMARI / AO VIVO

現代音楽にジャズの要素も採り込んだインストゥルメンタルのMPB…知性を感じさせるリリカルでコンテンポラリーなピアノ・プレイの系譜に未だ30代にして今や真っ先にその名が挙がるアンドレ・メマーリ。新譜として2010年に収録されたORQUESTRA A BASE DE SOPRO DE CRITIBA (クリチーバの吹奏楽を基盤とした交響楽団)とのジョ …

続きを読む>

CURUMIN / AFOXOCHA

サンパウロの若き才能、クルミンによる4年振りのアルバム。南米のトミー・ゲレーロと言えそうなハード&メロウなエレクトロ・ポップ・サウンド!パーカッシヴでダビーなダンス・ナンバー、ネオ・トロピカリスモ風のサウダージ溢れる美しいミディアム・ナンバー、さらにファンキーなエレクトロなど、一筋縄ではいかない奇想天外なサウンドを展開。過去2作品のプロデュースを担当したグス …

続きを読む>

ARTHUR VEROCAI / TIMELESS (CD & DVD)

1960年代後半から音楽活動を開始~サンパウロ/コンチネンタル・レコーズのプロデューサー兼アレンジャー兼コンポーザーとして活躍、その後、イヴァン・リンスやエリス・レジーナ、ジョルジ・ベンの作品を手がけ~現在ではUS西海岸のシーンでも活躍するアルチュール・ヴェロカイ~そのUSソウル&ボサノーヴァ&ジャズ&現代音楽をミックスしたような唯一無二の音楽性は、この09 …

続きを読む>

DJAVAN / ARIA

リラックスしたギター弾き語りアルバムで、この人らしさが不純物ゼロで楽しめます。ファンはもちろん買いでしょうが、ジャヴァンというアーティストをよく知らない方にもオススメできる内容=近年?というより90年代以降の最高傑作じゃないでしょうか?(問題発言か?)

続きを読む>

CARLINHOS VERGUEIRO / CONTRA-ATAQUE, SAMBA E FUTEBOL

2000年作のリイシュー/サンパウロ出身のベテラン・サンバ作曲家/歌手のカルリーニョス・ヴェルゲイロ~ワールドカップの開催ごとに再発される人気盤(今頃届きました?)、サッカーをテーマにした作品ばかりを歌ったアルバムで、もちろん多くは自作で新曲~ジーコ、ライー、ロマーリオなど、ブラジルの歴代の名選手たちを称えた曲が次々に並びます!

続きを読む>

MARIO ADNET / O SAMBA VAI

小野リサの伴奏でも知られるギタリスト/ピアニストのマリオ・アジネー。単独名義のこのアルバムはとてもユニークなサンバ・アルバム~歌入りの曲ではゲストにモニカ・サルマーゾ、ジョイス、ペドロ・ミランダらが参加。インスト・ナンバーではあのジョアン・ドナート御大も登場します。さらに娘たちも加わって歌われるのは、マリオが詩人パウロ・セザル・ピニェイロと書きためてきた作品 …

続きを読む>

SaGRAMA / CHAO BATIDO, PALCO, PIVADEIRO

北東部出身の実力派インストゥルメンタリスト集団=グルーポ・サグラマ新作です!90年代より活躍し、ナナ・ヴァスコンセロスとも共演をしているヴェテラン達~リーダーでフルート奏者/アレンジャーのセルジオ・カンペーロのオリジナルを中心に、ルイス・ゴンザーガ、アルセウ・ヴァレンサ、キンテート・ヴィオラードなど、先人のカヴァーを独特なノルデスチ・テイストに貫かれた演奏で …

続きを読む>

ELBA RAMALHO / MARCO ZERO, AO VIVO

エルバ・ラマーリョ2010年ライブ作!レシーフェのマルコ・ゼロ劇場でのライヴの模様を収録~アルシオーネ / レニーニ / セ・ラマーリョ / ジェラルド・アゼヴェド / シコ・セザールという豪華メンバーもゲスト参加し、北東部歌謡&ダンスの饗宴を聞かせます!

続きを読む>

ELZA SOARES / PILAO + RACA = ELZA

近年再評価されている女性歌手エルザ・ソアーレス。その70年代と80年代の音源がまとめて復刻されました。すべてオリジナルと同じ仕様の復刻。 中でも注目は、こちらテイプカール(タペカール)に残された最後の1枚=1977年作~LP時代に日本でも評判になったアルバムですが、これが結局エルザの絶頂期でした。ちょうど現代サンバが盛り上がっていた時期だけに、伴奏も含めて、 …

続きを読む>

GUGA STROETER & HB JAZZ COMBO / DUKE, SAO PAULO-BRASIL

ひとひねりあるビッグ・バンド / ブラジリアンJAZZを聞かせるピアノ- ヴィブラフォン奏者/アレンジャーのグガ・ストロエテール新作はなんとデューク・エリントン曲集!50年代西海岸ジャスの香りとボサなムードが漂う不思議なエリントンを楽しめます!

続きを読む>

ROMULO FROES / NO CHAO SEM O CHAO (2CD)

ネルソン・カヴァキーニョとベタチーニャ、そしてアントニオ・カルロス・ジョビンとカエターノを敬愛するというSSWロムーロ・フロエス~Yブラジルからの待望4年ぶりのサード・アルバム!前作・前々作のオルタナティヴなサンバ路線からは外れてロック色濃厚、でも随所に感じられる伝統解釈も健在、かつ、いかにもサンパウロらしいアヴァンなムードもちらつかせながら~トン・ゼやアル …

続きを読む>

ELZA SOARES / DEIXA A NEGA GINGAR

エルザ・ソアレスのデビューから50年周年を記念したベスト2CD!。CD1には1960~70年代のオデオン録音オリジナルのサンバ系グルーヴィー・トラックを中心に編集され、CD2には1970年代末~80年代?のレアーな曲が収められました!ダイナマイトですねえ…

続きを読む>

ARNALDO ANTUMES / AO VIVO LA EM CASA

アルナルド・アントゥネス新作はアットホームなライブ・アルバム~霧雨の中での屋外パフォーマンスというところも手伝ってか、いつもと違うアルナルド、どこかコンセプトよりもその身体性が前に出たライヴと感じます。ファンの方は要チェックでしょうね。ジョーヴェン・グアルダへのオマージュを捧げたスタジオ前作のレパートリーを中心にCDは全14曲収録!

続きを読む>

go top