TIE / A CORUJA E O CORACON

2009年のデビュー作がくの注目を集めたサンパウロ出身の女性歌手チエー。その2011年新作はいよいよ実力発揮?前作以上に繊細かつ多彩なサウンドをバックに独自の世界を作りはじめようとしています。ポップ・ロック、フラメンコ、カントリーなど、多彩なサウンドをちりばめた音楽性が魅力的!

続きを読む>

CANDEIA / SAMBA DE RODA

モダーン・サンバの重鎮と呼ばれ、1960~70年代に強力なリーダーシップでサンバ・シーンを牽引しながら78年に43歳の若さで亡くなってしまったカンデイア~60年代にサンバ・チームのポルテーラで頭角を現し、70年代にソロ・デビューを果たした彼の初期音源が、この度ジスコベルタから再発されました。サード・アルバム『サンバ・ジ・ローダ』は75年に発表された作品、バイ …

続きを読む>

SILVERIO PESSOA / COLLECTIU ENCONTROS OCCITANS

やりました! ブラジルの最果てノルデスチから、世界に向けて現代のフォホーを問い続けてきたシルヴェリオ・ペソア11年最新作は、かねてから噂されていた通り、南仏オクシタンのアーティスト達との共演作です。一曲目からMOUSSU T & LEI JOVENTS、そして以前からForrOccitaniaとして活動を始めていたLa Talvera、そしてオクシタ …

続きを読む>

CAETANO VELOSO / MTV AO VIVO ZII E ZIE

カエターノと変態ギタリスト、ペドロ・サー率いるバンダ・セーとの共演作「ZII E ZIE」の収録曲を元としたブラジルMTV向けライブがCDとDVDになりました。CDは全17曲収録。カエターノの魅力的な世界がそのままオルタナティブロック化した「ZII E ZIE」からの曲が中心ですが、過去の曲もシブイ!「A VOZ DO MORTO」「IRENE」「NAO I …

続きを読む>

YAMANDU COSTA / MAFUA

エグベルト・ジスモンチの再来とも言われるブラジルの7弦ギター / 若手精鋭ヤマンドゥ・コスタの11年新作は、一曲を除いて全曲彼のギターとスキャットのソロとなっています。冒頭曲はパウロ・モウラとの共作「EL NEGRO DEL BRANCO」のソロ再演です。前半圧倒的な速度感と、後半のゆるやかな歌い回しのバランスが素晴らしい曲です。サンバ、ショーロ、そしてタン …

続きを読む>

QUARTETO NOVO / S/T

エルメート・パスコアール、アイルト・モレイラ、テオ・ジ・バロス、エラルド・モンチの4人による幻のクァルテートの1967年録音。エルメート・ファンには必需品でしょう。久しぶりの再発です。

続きを読む>

LUIZ BONFA / RECADO NOVO DE LUIZ BONFA

なんと全曲ボンファ自身がヴォーカルをとった唯一の作品!これもボサ・ファンには注目していただきたい一枚です。流麗なオーケストレーションも交え、ボンファならではの雰囲気に仕上がっている重要作。嬉しいアルバムの復活です。

続きを読む>

NOEL ROSA / NOEL POR NOEL

現代ブラジル音楽の元祖といえるノエール・ローザ。1930年代に活躍し、26歳の若さで亡くなった彼のアルバムは、ライスからも出ていますが、これは1930年代に自分自身で歌った録音ばかりを集めた編集LP(1971年発売)の復刻。ノエールのシンガー・ソングライターとしての一面にスポットを当てた作品です。ファンには嬉しい再発ですね。

続きを読む>

FABIO GOES / O DESTINO VESTIDO DE NOIVA

女性歌手セウへの楽曲提供や映画「シティ・オヴ・ゴッド」サントラ参加でも知られるマルチなミュージシャン / シンガー=ファビオ・ゴメスの4年ぶりとなるセカンド・アルバム~本作ではエレピのローズやギター、カヴァキーニョ、パーカッション、そしてコーラスに至るまでの大半の演奏をファビオ本人が多重録音~メランコリーにあふれたパーソナルで、ポスト=MPBを展開!

続きを読む>

V.A. & O.S.T. / O SAMBA CARIOCA DE WILSON BAPTISTA (2CD)

リオで話題を呼んだクラウディア・ヴェントゥーラ&ロドリゴ・アルズギールらによるウィルソン・バティスタの音楽的生涯を演じた同名ミュージカルにちなみリリースされた企画盤(ウィルソン生前の未発表曲も発掘されたミュージカルだそう)~CD1にはエルザ・ソアレス / ローザ・パソス / ウィルソン・ダス・ネヴィス / タンチーニョ / マルコス・サクラメント / ゼリア …

続きを読む>

MARIO ADNET / +JOBIM JAZZ

晩年のACジョビンと深い親交をかわしたギタリスト / アレンジャー、マリオ・アジネ07年の同名タイトルCDの続編~ジョビン作品インスト・カヴァーです。 既にライフワークということになるでしょう。ジャケも同じデザイン、07年作はブルーでしたが今作は赤….ブラス&ストリングス&パーカッション~総勢15名からなる音楽家たちがマリオのジャジーなアレンジに …

続きを読む>

V.A. / ASSIS VALENTE 100 ANOS

バイーア出身というとドリヴァール・カイーミを思い出しますが、彼より早くリオにやってきて作曲家として大成功を収めたのがアシス・ヴァレンチです。ポップな感覚溢れる作品を当時もっともよく取り上げたのは、カイーミのときと同様カルメン・ミランダ。カルメンのポップな感覚はヴァレンチに負うところが大きいかもしれません。これはそんなヴァレンチの作品集。カルメンはもちろん、フ …

続きを読む>

OLIVIA & FRANCIS HIME / ALMAMUSICA

父ピアノと娘ヴォーカルの共演ならではのデリケートでインティメートなデュエット!父ハイメによる佳曲群を娘オリヴィアがいつくしむように歌います。このデュエット作シリーズ、今まで以上に良くなって来ましたね…。

続きを読む>

ERNEST PIRES / MESTICO

ユニークなサンバ・アルバムが登場しました。パゴージではないし、ラパ新世代でもないし、もちろんエスコーラとは無関係~このファンキーでアフロなサンバはジェラルド・ペレイラとバーデン・パウエルのサンバの直系という風で、プロデューサーはバーデンの従弟ジョアン・ジ・アキーノ。それでもノビノビしたスウィング感はまさに新世代を感じさせます。ジョアン・ジルベルトがかつて尊敬 …

続きを読む>

TIO SAMBA / CARMEN MIRANDA REVISITED

「サンバおじさん」という、なんとも奇妙なグループ名~しかも、いまどき珍しい12人の大編成、さらにそのうち5人が管楽器という、まるでブラス・バンドとサンバ・グループが合体したようなユニークな編成のグループが登場しました。そんな彼らが歌い奏でるのはブラジル音楽史上最高の歌姫カルメン・ミランダのレパートリー!その選曲センスは抜群で、ライス国内盤CD『サンバの女王』 …

続きを読む>

go top