ELZA SOARES / PILAO + RACA = ELZA

近年再評価されている女性歌手エルザ・ソアーレス。その70年代と80年代の音源がまとめて復刻されました。すべてオリジナルと同じ仕様の復刻。 中でも注目は、こちらテイプカール(タペカール)に残された最後の1枚=1977年作~LP時代に日本でも評判になったアルバムですが、これが結局エルザの絶頂期でした。ちょうど現代サンバが盛り上がっていた時期だけに、伴奏も含めて、 …

続きを読む>

GUGA STROETER & HB JAZZ COMBO / DUKE, SAO PAULO-BRASIL

ひとひねりあるビッグ・バンド / ブラジリアンJAZZを聞かせるピアノ- ヴィブラフォン奏者/アレンジャーのグガ・ストロエテール新作はなんとデューク・エリントン曲集!50年代西海岸ジャスの香りとボサなムードが漂う不思議なエリントンを楽しめます!

続きを読む>

ROMULO FROES / NO CHAO SEM O CHAO (2CD)

ネルソン・カヴァキーニョとベタチーニャ、そしてアントニオ・カルロス・ジョビンとカエターノを敬愛するというSSWロムーロ・フロエス~Yブラジルからの待望4年ぶりのサード・アルバム!前作・前々作のオルタナティヴなサンバ路線からは外れてロック色濃厚、でも随所に感じられる伝統解釈も健在、かつ、いかにもサンパウロらしいアヴァンなムードもちらつかせながら~トン・ゼやアル …

続きを読む>

ELZA SOARES / DEIXA A NEGA GINGAR

エルザ・ソアレスのデビューから50年周年を記念したベスト2CD!。CD1には1960~70年代のオデオン録音オリジナルのサンバ系グルーヴィー・トラックを中心に編集され、CD2には1970年代末~80年代?のレアーな曲が収められました!ダイナマイトですねえ…

続きを読む>

ARNALDO ANTUMES / AO VIVO LA EM CASA

アルナルド・アントゥネス新作はアットホームなライブ・アルバム~霧雨の中での屋外パフォーマンスというところも手伝ってか、いつもと違うアルナルド、どこかコンセプトよりもその身体性が前に出たライヴと感じます。ファンの方は要チェックでしょうね。ジョーヴェン・グアルダへのオマージュを捧げたスタジオ前作のレパートリーを中心にCDは全14曲収録!

続きを読む>

CRISTINA BUARQUE & ENRIQUE CAZES / CANCOES DE NOEL ROSA (2CD)

1937年に26歳で夭逝してしまった天才作曲家~サンバの黄金時代をリードし、亡くなるまでに300曲もの作品を残しています。本作はそんあノエール・ロー座の作品をクリスチーナ&エンリッキが二人だけで歌い綴ったライヴ・アルバム!エンリッキのギターに乗せて、ノエールらしい軽快さに後押しされ、メドレー形式でクリスチーナが歌います。ノエール・ローザ生誕100周年アルバム …

続きを読む>

MONIQUE KESSOUS / S/T

2007年のデビュー作と2008年のセカンドが大ヒット。いまやブラジル・ソニーを代表する歌姫に成長したモニケ・ケソウスの新作が登場しました。ゲストはモスカ。ダヴィ・モレイラがバンドリンやギターで参加し、その父モラレス・モレイラ作のフレーヴォも歌っているそうです。これまで以上にアーティスティックな作り。  

続きを読む>

NILZE CARVALHO / O QUE E MEU

ショーロの子供バンドリン奏者としてデビュー。その後、日本でも活動し、帰国後はリオのサンバ・グループ等で活躍中のニルジ・カルヴァーリョ~そんな彼女は早くも芸歴30周年!その記念アルバムを発表してくれました。もちろんサンバ中心の歌ものアルバム~自作曲も披露してくれています。

続きを読む>

CARLINHOS BROWN / ADOBRO – DIMINUTO

カルリーニョス・ブラウンの新作が2作同時発売されました。『アドブロー』はパーカッシヴなエレクトロ・サウンドにおいて、久しぶりにバイーアの野性を感じさせる内容で、反対に『ジミヌート』はジャッキス・モレレンバウンのアレンジによるストリングスも入った洗練されたサウンドが魅力です。前者には昨年亡くなった「サンバ・レゲエの創始者」ネギーニョ・ド・サンバに捧げる作品も収 …

続きを読む>

JOAO GILBERTO / O AMOR, O SORRISO E A FLOR

お約束のジョアン・ジルベルト/セカンド・アルバムが英国エル・レーベルからリリースされました!来年はサードのCD化ですね…。で、なんとジョアンゆかりのボーナス・トラックが13曲も付きました!びっくりですね。それにしてもイイ音です。マスタリングの良さに敬服しました。   1. Samba de uma nota so 2. Doralice …

続きを読む>

HERMETO PASCHOAL / A MUSICA LIVRE DE HERMETO PASCHOAL

再プレスされました!1973年作、エルメート・パスコアルのセカンド・アルバムがとうとう複刻CD化!有名曲”ベベー”以下、その完成度において、現在につながるエルメートのすべてが、既に此処にあります。民俗音楽も現代音楽もジャズもMPBも、エルメートというフィルターを通して、全く自由に響きます。

続きを読む>

EGBERTO GISMONTI / SONHO 70

再プレスされました!エグベルト・ジスモンチのセカンド~1970年作がとうとうCD化されました。沈んだ透明さの中から、流麗なオーケストレーションや、ピアノ、ギターの煌めくようなフレーズが、変幻に行き交う~マジカルなアレンジ~ジスモンチならではのアブストラクトなリリシズムが楽しめる快作です。その妻、ドゥルシ・ヌネスとのスキャット風デュオも聞きもの。

続きを読む>

SILVIA MACHETE / EXTRAVAGANZA

前作でキャバレー・ボサとでもいうべき新境地を聞かせてくれたリオ・デ・ジャネイロの女性シンガー 、シルヴィア・マシェッチの新作~ショーガール meets トロピカリズモとでも形容したいほど、吹っ切れた境地を聞かせています!イルドンとのコラボレイトやモンティー・ノーマンの”Underneath Mango Tree” のカヴァー、ノスタルジックなキュ …

続きを読む>

TONINHO HORTA / HARMONIA VOZES

ブラジル音楽の中でもその範疇を超えて熱狂的な人気を誇るミナス出身のギタリスト、トニーニョ・オルタが今回選んだテーマはズバリ〈コラボレーション〉~ジャヴァン、イヴァン・リンス、セウ・ジョルジ、セルジオ・メンデス、イヴェッチ・サンガーロ、ベト・ゲジス…などなど、ブラジル音楽ファンでなくとも注目せざるをえないほどの有名アーティストばかりが参加。そんなゲ …

続きを読む>

MARCOS ROMERA / DAGAROA

サンパウロのピアニスト、マルコス・ホメーラが発表したインストゥルメンタル・ジャズのアルバムです。サンバ・ジャズの世界ではその名が知れ渡っているマルコス・パイーヴァ(ベース)、ファビオ・トーヘスやローザ・パッソスともプレイしているセルソ・ヂ・アルメイダ(ドラムス)、「シティ・オブ・ゴッド」のOSTでも知られるエジ・コルテス(サックス)、ソロやデュオ作も発表して …

続きを読む>

go top