MANUELA PIOCHE, PAUL BLAMAR, EMILIEN ANTILE / HOMMAGE A NOS CHERS DISPARUS

全16曲中9曲をマニュエラ・ピオッシュが歌っています(こういうのを可愛い歌声と言います)! このCD、タイトルはつまり~「私たちの親愛なる行方不明者たちに捧ぐ」というような意味で、要するに、その後どうなってしまったものか、全然わかりませ~ん、というフレンチ・カリビアン歌手3人の録音を集めたCDです。1960~68年音源、その後どうしているのか、元気でやってい …

続きを読む>

GERARD TARQUIN / COULEUR CACHEE

ビギンのレジェンド、アルクサンドル・ステリオ最大のライバルと言われたクラリネット/サックス奏者ウジェーヌ・ドルーシュの弟子〜マルチニックのクラリネット奏者、ジェラール・タルカン率いる古えのビギン楽団 “クール・ド・ショーフ”新録です! アレクサンドル・ステリオ、レオーナ・ガブリエル、ルールー・ボワラヴィルほかのレパートリーを端正にカヴ …

続きを読む>

V.A. -OST / BIGUINE

★V.A./ビギン歴史物語 マルチニーク音楽の悠久の歴史を1枚のCDに カリブ海に浮かぶマルチニーク。その島を代表する音楽がビギンだ。このアルバムは、そんなビギンをテーマにした映画のオリジナル・サウンド・トラック・アルバム。しかも、単にビギンを紹介しているだけでなく、ビギンの成り立ちからその音楽的な成長を追ったような作りが成されているから驚かされてしまう。ビ …

続きを読む>

V.A. / BIGUINE Vol.4, Anthologie de la tradition musicale antillaise 1930-1954

ビギン音楽史家ジャン=ピエール・ムーニエの監修になるフレモオ社「ビギン」選集の第4弾。1930 年代のバル・ネーグルから1950 年代のビギン・ワバップまで。78 回転ダンスレコードの黄金時代!〜しかしなんというか、20年越し…とうとう50年代ダンスバンド・ビギンの黄金時代まで来ましたね、ヨーロッパ人の淡々コツコツとした仕事ぶりには頭が下がる思い …

続きを読む>

LES VIKINGS DE LA GUADELOUPE / 1966-2016

★レ・ヴァイキング・ドゥ・ラ・グアドループ / ベスト・オヴ 国内リリースされました!〜グアドループ老舗グループ、ヴァイキングスの活動50周年記念ベスト(60年代後半〜80年代初め頃の録音中心)!1966年にカミーユ・ソブラン(sax)ギュイ・ジャケット(guitar)ピエール・エドゥアール・デシムス(bass ex. Kassav’)の3者を核 …

続きを読む>

MALAVOI / OLIWON

マラヴォワ / オリウォン ★フレンチ・カリブの至宝、マラヴォワ MALAVOI6年ぶりの新譜が急遽発売! 豪華ゲストが参加した内容は、まさに”ゴージャス”。2015年を締め括るに相応しい優雅なサウンドです。★前作『ペップ・ラ』(FCPCD-6320)が2010年”ミュージック・マガジン”のベストアルバム(ワールド・ミュージック部門)に選ばれるなど、結成40 …

続きを読む>

NARCISSE BOUCARD / LE DELIRE DE NARCISSE

>こちらで紹介されています(陳謝&感謝!)グアドループのアコーディオン奏者によるカドリーユ・アルバムです。もともとは、18世紀頃、フランスで流行した男女四人のスクエア・ダンスだったよーですが、それがカリブ海に渡るともちろん、アフリカ経由のリズム感もさまざまに加味されて、いかにも野趣香るコロニアル風のペア・ダンスとなって行くわけですね。そんな伝統を継ぎながらも …

続きを読む>

ALEXANDRE STELLIO / PARIS-BIGUINE, INTEGRALE CHRONOGIQUE 1929-1931

  ☆アレクサンドル・ステリオ / パリ・ビギン 1929-1931 1930年代、ビギンの黄金時代に最高の人気と実力を誇ったクラリネット奏者。強烈な個性に彩られた。アレクサンドル・ステリオの処女録音から初期の傑作をまとめて40曲。強烈にスウィングするリズム、野性味溢れるステリオのクラリネット、自由奔放なビギンのエッセンスがたっぷり詰まっています。 …

続きを読む>

MIZIKOPEYI / LIVE

ミュージック・マガジン2015年ベスト・アルバム / ラテン部門2位〜再入荷しました!トニー・シャスールご来店!というわけで、実にナイスガイでした。〜今回はお子さん&奥さま連れ、家族サービスの東京観光だったそーですが、来日公演にも前向き、オルターポップ海老原さんとの密談もあった?よーでした。実現を期待したいところ。関係者の皆さん、よろしく、お願いします(で、 …

続きを読む>

V.A. / TUBES ANNEES 60

サイコーですね!1960年代のグァドループALLスター勢揃い踏み(って、知らないアーティストばっかり並んでいるんですが)のDEBSレーベル / シングルEPレコード復刻コレクションCD!〜というわけで、未だカダンスからズークへの流れもハッキリしていない頃のグアドループ音楽シーンの混沌というか、多彩さがバッチリ楽しめる復刻盤です。 同じ仏語圏カリブのハイチに、 …

続きを読む>

ROBERT MAVOUNZY, AL LIRVAT, GÉRARD LA VINY / ANTILLES EN FETE

グアドループ島の “DISC CELINI” レーベル1973年盤2作の2ON1CD復刻です。クラリネットとトロンボーンをフィーチャーしたダンスパーティー・スタイルのビギン、そしてギターとヴァイオリンをフィーチャーしたホームパーティー・スタイルのビギンという2枚のビギンLP〜”PLEUREZ PLEUREZ CHABIN& …

続きを読む>

AL LIRVAT / WABAP

グァドループ出身のヴェテラン・トロンボーン奏者/2002年のアルバムが再入荷しています!カリ/ラルフ・タマール/デデ・サンプリ/マリオ・カノーニュ/アラン・ジャン・マリーといったマルチニック&グァドループ合同のスゴイ面子が参加した作品で、ジャジーかつトラッドなコンテンポラリー・ビギン・アルバムに仕上がっています!お買い逃しされている方~お見逃しなく! 無断リ …

続きを読む>

GERTRUDE SEININ / SI TELLEMENT VOTRE…

1970年代以降から活躍するマルチニックのビギン/マズルカ/ヴァルス系クレオール / ヴェテラン女性歌手のジェトルード・セイナン、オリジナル・アルバム5作を編集した2CDです。その80年代終わりのラスト・アルバムは、マラヴォワのバックで歌っていましたね。非ズークということで、装いはシックなれど、意外と濃いクレオール女性ならではのエモーション、軽快なリズムで聞 …

続きを読む>

AL LIRVAT, ROBERT MOVOUNZY – MME MAVOUNZY / NOSTALGIE CARAIBES

〜アル・リルヴァ&ロベルト・マボージー、メム・マボージー!の2CDです。 ☆1930年代から活躍~グァドループ出身~パリでビギンのみならずジャズ系サークルでも活躍した名トロンボーン奏者、アル・リルヴァ&やはりグァドループやパリ、マルチニークで活躍したパナマ出身のクラリネット奏者ロベルト・マボージー(ジェラール・ヴィニー楽団にも参加)による円熟60年代ビギン・ …

続きを読む>

go top