AFRIKAN PROTOKOL / BEYOND THE GRID

★アフリカン・プロトコール/ビヨンド・ザ・グリッド “こんなワールド・ミュージックを待っていた!” アフロビート + エチオ・ジャズ + グリオー・ミュージック! いまワールド・ミュージックの発信地として注目を浴びつつあるベルギー・ブリュッセルから、素晴らしいグルーヴを持ったバンドが登場した。アフリカン・プロトコールは、ベルギー人サクソフォン奏者ギヨーム・ヴ …

続きを読む>

YE LASSINA COULIBALY / BURKINA FASO, FARAFINA DJEMBE, Djembe Solo

    ブルキナ・ファソのジェンベ・マスター、 イェ・ラッソ・クーリバリによるジェンベ・ソロCD。 曲によって、他のパーカッションやヴォーカルも交えながら 60分以上のジェンベ・ソロを聴かせます。 ジェンベ・ファン必聴です! >★

続きを読む>

KANAZOÉ ORKESTRA / MIRIYA

5年前から南仏トゥールーズを地盤としているブルキナ・ファソのグリオのバラフォン・マスター、セイドゥー”カナゾエ”ジャバテ率いるカナゾエ・オルケストラのデビューアルバム。バラフォン x 2、ンゴニ、マンダング・ヴォーカル、サックス、ドラムス、ベース、パーカッションのダイナミックな(白人混じり)アンサンブル。トゥールーズですからね!「ミリヤ」とは思念 …

続きを読む>

V.A. / BOBO YÉYÉ: BELLE ÉPOQUE IN UPPER VOLTA

1984年までオート・ヴォルタ(アッパー・ヴォルタ)という名前だったヴォルタ川上流の国、ブルキナ・ファソ、1970年代には東側諸国と結んだ社会主義路線の中、ヴェテランと若い世代が交わり充実した音楽文化が育まれたそうですが、このボックスはそんなブルキナ・ファソのポピュラー音楽黄金期を支えたCD1ヴォルタ・ジャズとCD2ダフラ・スタールを中心に、CD3〜エコー・ …

続きを読む>

SMOCKEY / PRE’ VOLUTION – LE PRESIDENT MA MOTO ET MOI

アフリカから久々に強烈なレベル・ミュージックが登場! 民衆から高く支持されるブルキナ・ファソのラッパー!〜情勢不安が続く西アフリカのブルキナ・ファソにて反政府運動に深く関わり、オピニオン・リーダー的存在として民衆から圧倒的な支持を受けてきたのが、首都ワガドゥグーにて活躍するラッパーのスモッキー。徹底した反骨精神により当局からも睨み続けられている彼が発表した本 …

続きを読む>

AMADOU BALAKE / IN CONCLUSION

★アマドゥ・バラケ/イン・コンクルージョン 様々なスタイルのアフリカ音楽を聴かせた偉大なるレジェンドのラスト・レコーディング!アマドゥ・バラケは西アフリカの内陸国ブルキナ・ファソで1944年に生まれた。50年代から活動を開始し、70年代には「タクシーメン」をアフリカ全土で大ヒットさせ、その後はニューヨーク・サルサとアフリカ音楽のスターたちとのコラボ企画〈アフ …

続きを読む>

BABA COMMANDANT & THE MANDINGO BAND / JUGUYA

珍しくもブルキナ・ファソからイキのいいグループの登場です。呪術的?と言ってもいいアクのあるヴォイスを聞かせるババ・コマンダント(司令官ババ、本名はママドゥ・サヌ〜ドンソ・ンゴニも弾きまから、猟師結社ドンソの出身でしょうね)を中心に、前傾変拍子でアフロビート・マナーのマンデイング・グルーヴを聞かせます。ヴォーカルがイイとか演奏がイイとかいう前に、とにかく久々、 …

続きを読む>

AMADOU BALAKE / SENOR ECLECTICO

こちら、既に廃盤かと…。セネガリーズを中心に結成されたアフリカン・サルサ楽団=アフリカンドのリード・ヴォーカルとして現役続行中~マリの隣国ブルキナファソ出身の歌い手=アマドゥ・バラケですが、彼がデビュー以後、長らく滞在した象牙海岸はアビジャンのレーベルに吹き込んだ、70年代以降の音源/初復刻集となります!マンディングPOP初期スタイルからディープ …

続きを読む>

FARAFINA / FASO DENOU

久々の再入荷!1978年に結成、00年代初めに惜しくも解散してしまったブルキナファソを代表するグループ、1993年のREALWORLD 録音CDです。迫力満点のマンディング系パーカッション・アンサンブル&フルート、ソク、バラフォン、そしてコーラスによる歌が楽しめます! Bakari Traore (vocals, kora, balafon, bara); …

続きを読む>

FARAFINA / NEMAKO

1978年に結成、00年代初めに惜しくも解散してしまったブルキナファソを代表するグループ、1998年のスイス録音です。旋律楽器(フルート&キーボード)も交えながら、マンディング系パーカッション・アンサンブルを楽しませてくれます。 Soungalo Coulibaly (vocals, flute); Souleyname Sanou (vocals); Ba …

続きを読む>

V.A. / VOLTAIQUE PANORAMIQUE VOL.1

Popular Music In Ouagadougou & Bobo-Dioilaso 1968-1978 マリやガーナに挟まれた西アフリカの内陸国家、ブルキナファソのヴィンテージ・サウンドをコンパイルした復刻編集盤の登場です。西アフリカ特有のサイケデリックなギターの音色と打楽器ポリリズム、キューバ音楽やリズム&ブルース、ルンバ・コンゴレーズ、フレ …

続きを読む>

HERMAS ZAPOULA / ESPOIR

世界で最も貧しい国の一つ、ブルキナファソはヨロ出身の36歳男性SSWによる欧米デビュー盤2CDとなります。CD1はスタジオ録音~この国の一般的なPOPモードを反映したものなのか、コンゴ系ルンバをたどたどしく、素朴にしたようなスタイルを聞かせ、CD2は生ギター弾き語りによるデモ・ライヴが収められました。どちらかと言えば、聞きものはCD2でしょうか?何というか、 …

続きを読む>

DEBADEMBA / SOULEYMANE

 パリの移民街でアフロ・ポップがフレッシュにのびのびと更新されている! デバデンバは、ブルキナ・ファソ出身のアブドゥライエ・トラオレと、マリ出身のグリオー・シンガー、モハメッド・ジャビを中心としたグループ。アブドゥライエはパリでこのバンドを結成したものの当初はうまくゆかなかったが、マリでヒット曲も生み出していたモハメッドと出会うことで大きなインスピレイション …

続きを読む>

AFRICANDO / VIVA AFRICANDO

 アフリカ音楽とニューヨーク・サルサとの出会いが起こした奇跡が、いま再び! アフリカ音楽シーンのスーパースターたちと、ニューヨーク・サルサの腕利き演奏家たちとの共演プロジェクトとして知られる〈アフリカンド〉が7年ぶりに再始動した。歌い手側はオーケストラ・バオバブのメドゥーン・ジャロをはじめ、ベンベヤ・ジャズのセクバ・バンビーノ、ブルキナ・ファソ出身のアマドゥ …

続きを読む>

VICTOR DEME

ブルキナファソのトゥロバドゥールというか、ブルース・マンというか、グリオというか、46歳ギター弾き語り男性歌手によるデビュー・アルバムだそうです。~首都ワガドゥグの粗末なスタジオでレコーディングされ、曲によってはバラフォンなどの民俗楽器、ピアノやトロンボーンも入っているものの、大半はアコースティック・ギター中心のシンプルな演奏において、飾りない歌を淡々と聞か …

続きを読む>

go top