こちらには、ブラジル以外の南米大陸の音楽が並びますが、米国のチカーノ音楽も含めています。

CECILIA TODD / PAJARILLO VERDE

★セシリア・トッド / 緑の小鳥 今年(2016年)夏、ワールド・ミュージック・フェスティヴァル「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」への出演で、再来日するベネズエラを代表する歌姫、セシリア・トッド。彼女の屈指の名盤、ファースト・アルバムが日本語解説付で登場です。 ●ベネズエラ民衆音楽を代表する歌姫であり、ソレダ・ブラボ、リリア・ベラと並んで同国のヌエバ・カンシ …

続きを読む>

V.A. / FILIN ARMONICA, Nuevo Modo de ’50 y ’60 en Cuba

★V.A. / フィーリン・ハーモニー ●1950~60年代のキューバで、様々に花開いた“フィーリン”。今回、そんなラテン歌謡の究極に洗練されたかたちを様々な音源を使用し、2枚のコンピレーションでご紹介します(8月と9月に1枚ずつ発売予定)。本アルバムはその1枚目で、ドゥーワップやジャズ・コーラスなどを取り入れ、エキゾチックな装いを施されたフィーリンばかり2 …

続きを読む>

RICARDO MOYANO / EN JAPON

★リカルド・モヤーノ / エン・ハポン 「久保田麻琴と友だちになると悪いことはありません。またすごいギタリストを教えてくれました。テクニックも素晴らしいですが、リカルド・モヤーノのよさはそれを越えたところにある気がします。アルゼンチン生まれ、イスタンブル在住、それだけでも好奇心が湧くものです。スタイルが多様で、心を打つギターです。ぜひ聞いてください。」by …

続きを読む>

SYSTEM SOLAR / SYSTEMA SOLAR

★システマ・ソラール 『システマ・ソラール 』コロンビア発、音と映像の実力派コレクティヴ7人組。クンビア、ブジェレンゲ、ポーロ、またアフロ色濃厚なチャンペータなどを、エレクトロニカやダンス・ホールと大胆にミックス。尖鋭的なエディットのなかに、カリブ海沿いのアーシーなエレメントも散りばめた快楽度100%のトロピカル・ダンス・チューン満載!入手困難だった1stか …

続きを読む>

M.A.K.U. SOUNDSYSTEM / MEZCLA

アメリカ~アフリカで育ったアフロな果実を濃縮ジュースにして一気飲み! コロンビアをルーツに持つ独自のゴッタ煮ミュージック! M.A.K.U.(マクー)サウンドシステムは南米コロンビアからやってきた音楽家らを中心に2010年に結成。世界一の文化の坩堝として知られるニューヨークを拠点に、彼らの音楽的原点であるクンビアをはじめ、フェラ・クティが築き上げ世界中に広ま …

続きを読む>

LA YEGROS / MAGNETISMO

  13年のデビューCDがスマッシュ・ヒット!テクノ・クンビアのディーヴァ、ラ・ジェグロス。UKサウンドウェイからの本セカンド〜前作と同じくキング・コーヤとダニエル・マーティンがプロデュースをつとめ、ゲストにはグスタボ・サンタオラヤとハビエル・カサージャ!カラフルな曲想と電子音に交差する生音がイケてますが、何といってもそのチャーミングでいてクンビア …

続きを読む>

MARIANA PEREIRO / DESCALZE

10年ほど前にアフリカへ旅行し、音楽が日常生活の一部となっているそこで交歓したことがこのアルバムの基盤となっています。元来ボリビアのアンデス文化を象徴する民間伝承のルーツ・ソングを探求していたマリアナ・ペレイロは、自然に根ざした生活の中、声で伝える表現が果たす役割の大きさを重要視、ここでもまるで一つの楽器であるように自らの唄声を操っています。自らのコンポジシ …

続きを読む>

KEVIN SEDDIKI & SANDRA RUMOLINO / TRES LUCEROS

アル・ディ・メオラのパートナー、地中海楽団オネイラの超絶ギタリストであるケヴィン・セディッキ とアルゼンチンの歌姫サンドラ・ルモリーノのデュオ・アルバム。ラテン・アメリカへの旅へと誘う〜ベネズエラ、ペルー、コロンビア、アルゼンチンのレパートリー。ギターとザルブ(ビージャン・シェミラニ直伝)の超絶プレーに支えられた、官能と繊細の歌唱によるタンゴ、サンバ・デ・ア …

続きを読む>

GUSTAVO TOBA / DESPEDIDA

ナイロン弦ギター+イフェクト+フィールド・ レコーディングとなるとこれは捨て置けません。 ブエノス・アイレスのギター奏者グスタボ・ トバが幼馴染の音楽家 – シネマティックな インスト音楽を展開するウリセス・コンティの プロデュースの元、リリースしたのが本作品。 (サプライヤーインフォより)

続きを読む>

CHICANO BATMAN / Black Lipstick – Please Don’t Leave Me (7inch)

チカーノ・バットマンの2016年発売シングル盤。妖しさ感満載のガレージ・ラテン・ロック!配信先行で発表されていましたが、やはり7インチで聴くとより分厚い音圧で迫ってきます。B面もいかにものサイケデリック・ナンバー。限定プレス。※この商品は輸入盤です。(日本語テキスト等は付属していません)(インポーター資料から) Side A: Black Lipstick …

続きを読む>

MEXRRISSEY / NO MANCHESTER

メキシコから愛を込めて、モリッシーのヒット曲を哀愁のマリアッチ・カヴァーで!仕掛け人は、MISこと、メキシコ/USラテン界の人気サウンド・クリエイター、カミーロ・ララ。「ファースト・オブ・ザ・ギャング・トゥ・ダイ」「ザ・ラスト・オブ・ザ・フェイマス・インターナショナル・プレイボーイズ」などヒット曲のカヴァー他、ライヴ・ヴァージョンも含めた全12曲を収録。ザ・ …

続きを読む>

LA CUNETA / MONDONGO

80年代、サンディニスタ革命で知られる内戦で荒れた中米のニカラグア。現在、大きく復興を遂げるなかで、若者からNo.1の人気を掴むグループがこのラ・クネータ。結成は2009年、現在のメンバーは7名。伝統楽器であるマリンバを中心に、ロック、スカ、クンビア、ヒップホップも混ぜ合わせ、トロピカル風味溢れる甘さと南米の土臭さ、そして生活に密着した歌詞で構成されたミクス …

続きを読む>

MARCO TULIO MARISTANY / CANTA SUS EXITOS

1916年生まれ、30年代初頭から85年まで活躍したベネズエラの歌手、マルコ・トゥーリオ・マリスタニイ。カンシオン・ロマンティカ(ロマンティック・ソング)の歌い手として、ベネズエラのラジオやテレビなどで活躍し、よく知られた存在ながら、録音の数が多くなかったという彼の録音のCD-Rリイシューです。ギターのみをバックにしたものを主体として、3曲ではマンボ・スタイ …

続きを読む>

LALO ZANELLI & OMBU / INMIGRANTES

    1959年アルゼンチン生まれのピアニスト&作曲編曲家〜80年代からはパリに活動の拠点を移し、93年に ONBU を結成(ミニノ・ガライも在籍)〜2010年にデビュー作、こちらがサード・アルバムとなる新作。ギター、バンドネオンx2、コントラバス&ドラムスx2そして女声ヴォーカルという編成で、移民/難民= “INMIGRA …

続きを読む>

go top