こちらでは、主に北米のラテン音楽を扱います。

LOUIS “PERICO” ORTIZ / MY OWN IMAGE

ラテン・パーカッションの名門LP社のラテン音楽名盤リマスター&紙ジャケ復刻です!70年代後半のニューヨーク・ラテンの最重要人物“ペリーコ”のファースト・アルバム。これぞラテン・フュージョンの大本命!パタート、ジョニー・ロドリゲスJr.、ルーベン・ブラデス、ランディ・ブレッカー、スティーヴ・カーンと豪華なメンバーが参加/1977年作!

続きを読む>

CORTIJO & HIS TIME MACHINE

アフロ・プエルトリカン随一のグルーヴ・マスター/コンガ奏者=ラファエル・コルテ ィーホの意欲作(1974年作)。ラテン・ファンクの先駆者=ハーヴィー・アヴァーン主宰の尖鋭レーベ ル ~”COCO” レコーズに移籍し、同時代のジャズ/ロック/ソウルを、大胆にミックスしたラテン・ファンクの傑作です!オリジナル・マスター起こし、デジタル・リ …

続きを読む>

LUCY FABERY / LA MUNECA DE CHOCOLATE

1931年プエルト・リコに生まれ、サンファンのクラブやキャバレーで15歳の頃から歌っていたそうです。そして、巡業先のNYでミゲリート・バルデースに出会ったことをきっかけにキューバへ渡り、1954年から58年まで滞在し、ハバナで歌い続け、その間、ホセー・アントニオ、フランク・ドミンゲスらの曲を吹き込むなど、すっかりフィーリンに共鳴~このCDにおけるような、紛れ …

続きを読む>

『河村要助の真実 』

伝説のイラストレーター河村要助のイラスト、その全集とも言える豪華本が遂に発売! 正に天才、河村要助の底知れぬ魅力の全てを。日本のイラストレーション界に大きな足跡を残しながら、ある日、忽然と私たちの前から姿を消したのが河村要助だった。イラストレーションが新しい文化として花咲いた1970 年代から90 年代にかけて、東京を発信地にたくさんの名作、秀作を発表し続け …

続きを読む>

EDDIE PALMIERI / IN CONCERT AT THE UNIVERSITY OF PUERTO RICO

思えば、ここがサルサという音楽の荒ぶるエネルギーの噴出/ムーヴメントとしてのサルサの絶頂点だったかも知れません。ピアニスト=エディ・パルミエリとその楽団が、1971年にプエルトリコ大学で演じたライヴ盤〜ココ・レーベルの2LPアルバムが、世界で初めてマスターから復刻CD化されました。…それこそ“裏ライヴ・アット・チーター”!?とも呼べそうな熱狂がこ …

続きを読む>

CORTIJO Y SU COMBO CON ISMAEL RIVERA / CORTIJO EN NEW YORK

  プエルトリコ~ボンバ/プレーナを弾けるコンボ演奏でポップ化したイノヴェイター=コンガ奏者のコルティーホが1960年代初めに残した傑作です!軽快かつアフロ色濃いグルーヴに乗せて、名歌手イスマエル・リベーラがユーモラスな仕草を交え、島の情感を歌い上げます。カリブ系ラテン史5指に数えられる名盤中の名盤アルバム!

続きを読む>

go top