新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

V.A. / EL TRIANGULO DEL FLAMENCO

Winter&Winter の十八番、<オーディオ・フィルム>シリーズ待望の新作です。スペインはアンダルシア地方、フラメンコのゆりかごと言われるセビリア、ヘレス、カディスの三つの街を巡り、現地に息づくフラメンコにふれる音の旅紀行。街中で、バーで、地元のホームパーティーで始まるフラメンコの演奏です。耳を澄まして異文化に身を置き、小さくて素晴らしい驚きの …

続きを読む>

LUCY FABERY / LA MUNECA DE CHOCOLATE

1931年プエルト・リコに生まれ、サンファンのクラブやキャバレーで15歳の頃から歌っていたそうです。そして、巡業先のNYでミゲリート・バルデースに出会ったことをきっかけにキューバへ渡り、1954年から58年まで滞在し、ハバナで歌い続け、その間、ホセー・アントニオ、フランク・ドミンゲスらの曲を吹き込むなど、すっかりフィーリンに共鳴~このCDにおけるような、紛れ …

続きを読む>

VELIA MARTINEZ / BON VOYAGE!

フロリダはタンパで1920年に生まれたベリア・マルチネスは、若くしてダンサーとなり、そして、キューバ人俳優と知り合い結婚、ハバナへ移り住み、女優やダンサー、歌手としてキャバレーのショーやTVで活躍したそうです。本CDは、ファマという聞き慣れないレーベルから1959年にリリースされたLP『ボン・ヴォヤージュ!』の復刻盤。海外旅行をテーマにしたアルバムらしく、ド …

続きを読む>

FELIPE DULZAIDES Y SU CUARTETO / UNA NOCHE CON FELIPE

CDRですが、久々の再入荷です! 1917年生まれで、キューバのフィーリン・ムーヴメント以前から、同傾向のモダーンなサウンドを提示していたアーティストたちの一人、ピアニスト兼作曲家フェリーペ・ドゥルサイーデスが、たぶん1960年頃にキューバRCAに録音したアルバム『UNA NOCHE CON FELIPE(LPD-530)』から2曲マイナスしての復刻CD-R …

続きを読む>

EUGENIA SANCHO / NOCHES DE FEELING

たまりませんな!スペイン在キューバ系ラティーノ女性歌手によるフィーリン新録です。ホセー・アントニオ・メンデス / セサル・ポルティージョ・デ・ラ・ルス / マルタ・バルデス / ピロートYベラら、フィーリンの名作曲家達の名曲をピアノ・クァルテット&コンガを従え歌い綴る新録です!こんな人がまだいたんですねえ…。気だるいムードのブロンド女性、赤いドレ …

続きを読む>

SEKOUBA BAMBINO / INNOVATION

元ベンベヤ・ジャズ / アフリカンド~ギニアのヴェテラン男性歌手セクーバ・バンビーノ芸歴20周年記念の今年、その最新作は、紛いようもないロマンティック路線のズーク・ラヴ!いや~ビックリしました。これまで数多くのスークース&ズーク・ヒットを作って来たマニュ・リマのプロデュースで、甘~い歌い口を聞かせるセクーバです(顔は結構厳ついんですが)。  

続きを読む>

KERFALA KANTE / BIYEDI

「サンカラの鳥」と渾名されるギニア~バラフォン奏者/作曲家/歌手ケルファラ・カンテの新作、おそらくご当地録音でしょう。モリ・カンテの新作にも共通するトラッド&POPのバランスがいい作ですね。歌声は深みある中低域声で、どこか”鳥” なのか、ちょっとわかりませんが、なかなかの充実作!  

続きを読む>

ZANI DIABATE / TIENTALAW

“マリ音楽の生き字引”とまで称された音楽家ザニ・ジャバテが脳疾患のため2011年1月に亡くなってしまいました。グリオーの名門一族に生まれた彼は伝統楽器の演奏を早くから修得し、16歳にはマリ国立バレエ団に入団。さらにマリで初めてのプライヴェート・オーケストラとなるジャタ・バンドを結成するに至ったパイオニアの一人です。以後マリ音楽をリード …

続きを読む>

LE MYSTERE JAZZ DE TOMBOUCTOU

毎度無断リンクすみませんですが、>こちらを参考にしていただいたら、よ~くわかるかと思います。その名の通り、マリのトゥンブクトゥのバンドということですが、知りませんでしたねえ…。過日、当店でもベスト・セラーとなったカンガ・ドゥ・モプティとかが好きな人は聞きなさい、と、CDのパッケージに貼られたシールに書いてあります。マリのローカルバンドを13アイテ …

続きを読む>

ABOU THIOUBALO / SOLUTION

セネガル1979年生まれのアブ・チュバロ / デビュー作となる09年作です。イヤ~実に元気なンバラです!こちらも、サバール&タマというウォロフ系パーカッションが、従来ンバラよりも前に出る近年のスタイルで突っ走ってくれますよ!怒濤の打楽器ビートに煽られて、自然と前傾姿勢のバッキングの中、ユッスー・タイプのディープかつ伸び上がる歌声で決めてくれます。活気あるじゃ …

続きを読む>

PAPE DIOUF / CASSE CASSE

CDRで僅少入荷です。セネガル、若手ンバラ歌手の去年の作~現地盤ですが、実にオーソドックスなンバラです。~最近入荷のサバール・ダンス系新傾向のパーカッシヴ・ンバラではなく、昔のユッスー・スタイルとでも言いましょうか、前傾姿勢の演奏と、伸び上がるヴォイスが魅力!ダンスではなく歌で勝負という姿勢が見えます。もちろん、昔のユッスーよりイイわけはないのですが、今のユ …

続きを読む>

ORCHESTRA BAOBAB / BELLE EPOQUE – VOLUME 2

またまたSYLLARTプロダクションが、レアーな音源シリーズを開始しました!基本アフロ・ラテン・シリーズの続編という感じ?コレまでに複刻されている曲もかなり含みますが、リマスターされているところが嬉しいですね!で、こちらは09年にリリースされたセネガリーズ・ラテンの名門オルケストラ・バオバブの2CD BELLE EPOQUE vol .1の続編~VOL.2 …

続きを読む>

KRAR COLLECTIVE / ETHIOPIA SUPER KRAR

ダビデ王の竪琴の末裔と呼ばれるエチオピアの竪琴クラルの若き天才登場。テメスゲン・ゼレケはエチオジャズの創始者ムラトゥ・アスタトゥケの門下生。彼がロンドンでエチオピア人女性歌手とパーカッショニストと結成したグループ、クラール・コレクティブの12年初アルバムです。エレキ化したクラルを中心に、太鼓のプリミティブなグルーヴ、女性歌手のアズマリ然とした歌声、たったこれ …

続きを読む>

ABDEL HALIM HAFEZ / DOUBLE BEST

褐色のナイチンゲール」との異名を持ち、全アラブの女性たちの心を釘付けにした、エジプトの早世、クルーナーボイス歌手アブデル・ハリーム・ハーフェズの2枚組ベスト盤がフランスのアルジェリア系レーベルMLPから届きました。ウンム・カルスームやアブデルワッハーブと並び、アラブ古典歌謡にラテンやシャンソンなどの当時の先端音楽を取り入れた、美しくもモダンな曲ばかり。彼の先 …

続きを読む>

DIANA HADDAD / 2012

久々にアラブ最新ポップが大量入荷したと思ったら、そのほとんどが湾岸仕様=ハリージーになっていた、この事実。浦島太郎になった気分です。ここでディアナ・ハダッドの先見性には驚きました。レバノン人ながらも20年近く前から湾岸一筋で歌ってきたベテランです。今回「新参者に負けてられるか!」と本当に力の入った湾岸アルバムを届けてくれました。リズムのキレ一つ取っても熟練の …

続きを読む>

go top