許嫚烜 HSU MAN-HSUAN / 絃色流轉 MODERN GHZHENG CREATIONS

台湾の若手女性古箏奏者〜中国と日本の琴を学んだという許嫚烜(シュウ・マンシュエン)が、自らの創作曲や古典曲(新たな解釈)を、ヴァイオリンやオーボエ、フルート、胡弓、そして各種打楽器等を加えた演奏で聞かせるアルバムです。 01. 秘境絃舞 02. 心湖 03. 藍色月光 04. 凝香 05. 太陽之翼 06. 剎那 07. 晨光的面紗 08. 回歸 09. 高 …

続きを読む>

NSND THU HIEN / CAU DOI CAU CHO… Vol.13

トゥ・ヒエン、1952年生まれだそうです。ヴェテランですね。NSND という称号は “PEOPLES ARTIST” といった意味だそうです。北ベトナム、タイビン出身のザンカー(民歌)の歌い手ですが、若き日、ベトナム戦争時には革命を織り込んだザンカーを歌い、戦場の慰問団を結成し歌っていたそうです。そんな実績と長い年月の歌謡界での活動に …

続きを読む>

王二妮 Wang Erni , 阿宝 Abao / 陕北新民歌

  中国陝西省の新民謡、男女若手人気歌手のベスト盤2CDです。収録曲に関して、特にデュエットを取っているわけではなくて、別々に歌っているのですが、なぜ、この二人が一緒のベストに収録されているかと言えば、どうも、人気者同士結婚したから、みたいなんですね、よくわかりませんが…。で、阿宝の血管切れそうな高音域歌唱はともかく、王二妮 の北方系の …

続きを読む>

ALTAI KAI / ALTAI KABAI

アジアの中央に位置する ロシア連邦内の自治共和国、 アルタイ共和国の名門伝統音楽グループ、 アルタイ・カイの2013年作、初入荷です! 偉大なるカイチ(喉歌 “カイ”の唱者)、 と尊敬される喉歌(ホーミー)の先達、 アレクセイ・カルキンの孫、 アレクセイ・トプチンを擁した作です。 擦弦イキリと、2弦のリュート、口琴などによる 演奏、そ …

続きを読む>

盧靜子 CEKO / 尋樂 TRIBUTE TO FALANGAW

盧靜子(ルー・チンズ)75歳(1944-)になるそうです。台湾はアミ(阿美)族のヴェテラン女性歌手、台東マラン(馬蘭部落)の生まれでハタチの頃には様々なコンクールで優勝、70年代には日本、東南アジア、シンガポールでも活躍、“台湾山地民謡”の代名詞のような存在になったそうです(日本語でも歌いました)。原住民一代歌后 盧靜子 再現絕代風華!(ヌマくん買付感謝!) …

続きを読む>

YANGJIN LAMU 央金拉姆 / 西藏天籟女聲

2006年作(ファースト・アルバム)ということですが、チベット人女性、ヤンジン・ラムの台湾盤です。スピリチャル系SSW~と、北米なんかでは呼ばれているようですが、そーゆー風にはあんまり呼びたくはないですね。といって、仏教系SSW?と呼んでいいものかどうか、それもちょっとなあ…、でも、経文やマントラにちなんだ歌も聞かせる人ということです。>こちらセカンドでは、 …

続きを読む>

SANDAYAR CHIT SWE / HIS MEMORABLE IMPROVISATION

サンダヤー・チッスウィ、完全インプロヴィゼーション、ピアノ演奏アルバムです!先にご紹介した>こちらが、タンズィンも含む、ややPOPな作品だとしたら、こちらはミャンマーの古典音楽ケールに即したフリー・インプロ・アルバム、ということになるでしょうね。アヴァンギャルド、と言っても過言ではありませんね! 驚きのピアノ・プレイの連発、東南アジア趣味とか、オリエンタリズ …

続きを読む>

MADAM ANONIMO / IL SALONE DI ANONIMO

『齢70超の老嬢が歌い示す事象の水平線』 これはいったい何なのか!? 謎の匿名女性歌手「Madam Anonimo (アノニモ夫人)」から届いたファースト&ラストCDアルバム。出所不明で解説不能ながら、アカペラ一発録りのその歌声に、森田潤が歓喜の一人集団エレクトロ即興楽で呼応した奇蹟の作品だ。60年代にアングラ劇団のディーバを務めてから半世紀、世界とジャンル …

続きを読む>

field recordings by Hiroshi Iguch / VOICE OF NAGA

★Recorded By Hiroshi Iguchi From 2016 To 2019 東南アジアのミャンマーとインド国境にまたがり、奥深い山の中で暮らす少数民族、ナガ族。 厳しい地理的要因と複雑な政治的背景が相まって、彼らが住まう丘陵地帯への入り口は長らく閉ざされてきた。そのためユニークな文化を色濃く残し、今でも自給自足の生活を送っている。これまで彼ら …

続きを読む>

扎格達蘇榮 / 中國原生態民歌演唱家系列 (三) 蒙古族長調歌王

再入荷致しました! 内モンゴルはシリンゴル地方の オルティンドー (長歌)の大御所、 ジャグダスルン(Zhagdasurong)のアルバムです! 馬頭琴、もしくは弦楽重奏をバックに、 朗々悠々とした草原の歌声を聞かせます。 さすが、“王” と称される声、これは、 江差追分蒙古版!? 詳しくは後刻〜!?何かわかりましたら…、 ▽参考

続きを読む>

SANDAYAR CHIT SWE / HIS ART, HIS TOUCH

おそらく盲目のピアニスト、見た目では50代という感じでしょうか?完全ソロ・ピアノが3曲、ベース&ドラムス入りピアノ・トリオ演奏が2曲、小型シンバル(Linkwin?)&ピアノ演奏が3曲、そして環状旋律打楽器パワインとのデュオが2曲ということで、全10曲の録音時期不明アルバムです。古典音階にだけ即した演奏ではなく、半ば軽音楽(?)的な遊びを感じさせる曲の並びで …

続きを読む>

SANDII / HULA HULA VOL.15 IAPANA HULA

★サンディー / HULA HULA VOL.15 イアーパナ・フラ シンガーでクムフラ(古典フラの継承者)サンディーのアロハセラピーな楽曲集シリーズ第15弾! オリジナル・ソング「イアーパナ・フラ」を含むスペシャル・エディション! フィットネス・クラブ“ティップネス”で行われているプログラムのために作られてきた人気シリーズ“HULA HULA”の新作が今年 …

続きを読む>

MONRUDEE PROMJUK / VOL.8

こちらも “ラム・プータイ” 集ということですが、収録曲はモンルディー・プロンマチャック自ら作曲したものだそう(モーラム系の歌手が自ら作曲することは、よくあるということです)。それにしてもブレない人ですねえ、イサーン出身のラオ人ということですが、80年代このかた、まったくブレずにモーラムを歌い続けているその姿勢、その歌い口、得難い人かと思います(ちなみに & …

続きを読む>

go top