UYÊN LINH / PORTRAIT

ウイェン・リン〜 1987年ホーチミン生まれ、 2010年ベトナム・アイドル (スター誕生番組)で優勝、 2012年CDデビュー、 こちらは2017年のサード・アルバム。 トラッド系歌謡でなしに、POP系アイドルですが、 歌唱力には定評あり、 本作でも、往年の香港POPを連想させる 透明でいて少し翳りある歌い口で、 ピアノ系エイジアン・バラードを、 淡々と聞 …

続きを読む>

TOTO SALMON, DWI JOKO SUTOPO, RETNO HANDAYANI / KRONCONG FAJAR PAGI

ジャワ・クロンチョン名門レーベルのロカナンタの70’S録音の心地良いクロンチョン集。ギターやフルート、ヴァイオリン、チェロ、ギター、ベース、チャッ、チュッ(弦3本の小型ギター)が加わり、打楽器は使用されず、弦楽器だけでリズムを作ります。それぞれのアコースティック楽器とたおやかな歌がまるでハワイアンのようにゆったりと心地良いインドネシア島世界を音楽 …

続きを読む>

TAI ORATHAI / 15 GOLDEN YEARS

ターイ・オラタイ、デビューから 15周年を振り返るヒット曲集ですね! Disc 1 1. Si tay nong hai bork nae – สิเทน้องให้บอกแน 2. Jod mai chabub sood tai – จดหมายฉบับสุดท้าย 3. Thoong nang koy – ทุ่งน …

続きを読む>

V.A. / RASMEY HANG MEAS CD Vol. 608

そして、こちらはプリアップ・ソバット、ソークン・ニサほか、ラスメイ・ハング・メアスの若手&中堅、ヴェテラン・スター勢揃い、いつものクメール正月アルバムですね。クメール民謡とオーセンティックなPOPモードが見事に融合したこなれた世界観で、カンボジアン new year パーティーを演出しています感が伝わって来ますね!その1 01. Songkran Phum …

続きを読む>

V.A. / RASMEY HANG MEAS CD Vol. 609

そして、こちらはプリアップ・ソバット、ソークン・ニサほか、ラスメイ・ハング・メアスの若手&中堅、ヴェテラン・スター勢揃い、いつものクメール正月アルバムですね。クメール民謡とオーセンティックなPOPモードが見事に融合したこなれた世界観で、カンボジアン new year パーティーを演出しています(〜感が伝わって来ますね)!その2 01. Ram Vong Ch …

続きを読む>

東海林太郎 / 谷間のともしび 1934-1949

決定版!東海林太郎の魅力の全て!昭和歌謡とポピュラーソングの融合! 「赤城の子守唄」「むらさき小唄」「すみだ川」ほかヒット曲を含む昭和を代表する名歌手・東海林太郎の若き歌声がオリジナルSPレコードの復刻音源でよみがえる!戦前のジャパニーズ・ポピュラー&スタンダード・ソングの原点はここにあり! 股旅歌謡・大陸歌謡・青春歌謡・マドロス歌謡など多彩な歌を残した東海 …

続きを読む>

V.A. field rec. by David Attenborough / MY FIELD RECORDINGS FROM ACROSS THE PLANET

☆デイヴィッド・アッテンバラ/マイ・フィールド・レコーディングズ・フロム・アクロス・ザ・プラネット 幻のフィールド・レコーディング集がついに日の目を見る! 「名目上ニシキヘビを探す一方で、ありとあらゆるタイプの音楽を録音していたんだ」 >☆ 「1960年代の時点で、この世界にはまだヨーロッパ音楽に触れたことがない地域があったんだ。西洋の音楽様式の知識なしに、 …

続きを読む>

POE / ノム チョア!

大丈夫 明日はもっと良い世界が待っている! POE(ポー)とは、朴保(パク ポー)が率いる新たなBand。 「民族や国境を越えて繋がろうとする生まれついてのコスモポリタンの彼の歌からは、グローブ(地球)に対する優しく逞しい視点や姿勢が伝わってくる」 中川五郎 Band皆を韓国へ連れて行きたい。 美味しい食べ物、歴史・文化に触れ新しいアルバムをソウルでレコーデ …

続きを読む>

SAMOTH / PLYSJ

ロック・ベーシストが発表したテクノなソロ・アルバム! デワ・ブジャナ率いるロックバンド“GIGI”のベーシストして知られ、すでにすでに30年ものキャリアを誇る音楽家トーマス・ラムダン(別名:Samoth)がソロ・アルバムを発表。テクノ・サウンドが中心のインストゥルメンタル作品ですが、曲によってはジャコ・パストリアスのように、フレットレス・ベースをブリブリと弾 …

続きを読む>

LIAN PANGGABEAN / MY SON

ジャズ/フュージョン・ファン必聴のインスト作品! 年々加熱するインドネシアのジャズ・シーンにて近年頭角を現してきた凄腕ギタリストのひとり、リアン・パンガベアンの新作がこちら。Fenderのストラトキャスターを巧みに操るあたり、ジェフ・ベックを連想させますが、ややフュージョンよりのサウンドは日本のカシオペアあたりの影響が強く感じられます。曲によってはアクーステ …

続きを読む>

REPVBLIK / OMONG KOSONG

      フォーキーROCKなPOPインドネシア!? インドネシアらしいメロをミディアムな ロック・ビートと飾らない歌で聞かせて骨太、 レパブリクの2018年新作はKFCから〜 表題曲には、西ジャワのスカバンド、 Anto and Rizal が参加!ナイスなブラスを レゲエにそえてます。

続きを読む>

go top