GOKSEL / AYDA YURUDUM

  トルコ若手女性スター、ギョクセル、既に4作目/07年の作です。今作もOKですね!独自な解釈と個人的な音感に頼ってトルコ歌謡をポストロック化してくれます。相変わらず、可愛いんだか暗いんだか、よくわからない歌い口も健在です。70年代アナドルROCKサイケ風の粋なギターも聞こえてます。自分で弾いてるのかなあ?

続きを読む>

GOKSEL / MEKTUBUMU BULDUN MU?

当店では「トルコの椎名林檎」と呼んでいた情念たっぷり女性歌手ギョクセルが変身しました。この09年作では70~80年代ターキッシュPOPのカヴァー集。アジダ・ペッカンやズハル・オルジャイ、彼女の師匠であるセゼン・アクスらの代表曲を当時そのままの生楽器+オーケストラのジャジー&ムーディなサウンドでカヴァー。ジャケやブックレットに写るギョクセルもベルボトムや大きな …

続きを読む>

GOKSEL / HAYAT RIIYA GIBI…

トルコ耽美派アラベスクROCKの人気若手女性歌手~2010年作です。ファズ&ワウワウ・ギターと変拍子ドラミングが重厚なストリングス&ムーディーなサックスと交差する独特にレトロなバックで、あい変わらずド演歌的情感を舌足らずなロリ声で歌い切る~ギョクセルならではの世界観が炸裂しています!今作は特に70年代前半の亜細亜や希臘に繋がる歌謡POPムード漂う充実作~お聞 …

続きを読む>

YILDIZ TILBE / SIVESI SENSIN ASKIN

トゥルクチェ・ポップ / アラベスクのベテラン女性歌手ユルドゥズ・ティルベ2014年新作。相変わらず充実しています!ベリーダンス調、チフテテリ調、ハルク調、ピアノバラードやサルサ、トランス調と何でもありのリズム使いアレンジ使いで、トルコ性を歌い上げます。少々ハスキーでアダルトな歌い口も熟女ならでは。

続きを読む>

GOKCE / MATRUSKA

07年にハードロックなデビュー作、09年セカンドは眉間にシワ寄せてややダークなヴィジュアル系ロック、12年のサードではファンタジック&エキセントリックなターキッシュPOPロックを〜そしてこの4作目、いかにもトルコらしい歌い口で、ジプシー色を加味したエキゾな演奏を配しつつ、ちょっとストレンジでトルコっぽいポップROCK歌謡を絶賛確立中!白眉はデキシーカップスの …

続きを読む>

GAYE AKSU / DUY DA INANMA

ガイ・アクスということで、とうとうセゼン・アクスの娘がデビュー?…じゃないことは、サナート系女性歌手ということで、納得できます。1985年イスタンブールの船乗りの家系に生まれ、古典声楽とケマン(ヴァイオリン)を学び、1998年にデビューしていたそうですから、早熟です。そして2000年にセカンド、06年にサード、こちらが8年ぶり29歳4作目というこ …

続きを読む>

OZGE EYUPOGLU / MEFTUN

3曲入りCDシングルですが、このトルコ古典歌謡名曲JAZZYカヴァー、いいムードじゃないですか!?(というわけで、レコオヤジさん特注品のおすそわけ?)▼ 〜残念ながらこの人のフル・アルバムはまだ出ていません…

続きを読む>

ZARA / DERIN ASK

トルコ美貌の歌姫ザラ新作です。1976年生まれ、98年のデビュー以来、トルコの古典歌謡もしくはハルク~アナトリア民謡、スーフィー歌謡など、トルコ音楽の伝統に沿ったアルバムをリリースし続けてきましたが、いろいろとアルバムごとに趣向を凝らす中で、ちょっと本領が見えなくなっていたザラかも知れません。前2012年作はフラメンコに特化したアルバムでした。そしてその前は …

続きを読む>

FORABANDIT / PORT

トルコのアーシュク(民謡歌手)サズ弾き語りのウラシュ・オズデミル+イランの打楽器奏者、ビージャン・シェミラニ+そしてマルセイユのデュパンのリーダー、マンドーラ弾き語りのサム・カルピエニアという、育った環境も音楽的バックグランドも違う3人の出会いから生まれた汎地中海〜西アジア・アコースティックトリオ、Forabanditが待望の2ndを発表!いにしえの音楽的記 …

続きを読む>

TEOMAN / YAVAS YAVAS

トルコを代表するフォーキー・シンガー・ソングライター、テオマンももう20年選手ですね。2014年新作はアナトリアの田舎道がジャケットに写り、「ゆっくり、ゆっくり」とアナトリアの田舎の人の口癖がそのままタイトルとなっていて、全17曲も収録。彼のフォークギターを中心とした非常にシンプルなサウンドで履き馴染んだジーンズのような仕上がりです。

続きを読む>

SIBEL CAN / GALATA

トルコのアラベスク歌手スィベル・ジャンの2014年最新作。男性歌手ハリル・セザイとのデュエットで「ガラタ(イスタンブル新市街の飲み屋街)のメイハネ(居酒屋)で私の魂、無駄な人生を思って、飲んでます」と歌うタイトル曲「ガラタ」、冬のイスタンブルならではの哀愁があふれています。その他ハルク〜トゥルキュ調〜時に打ち込みのサウンドにのせて熱い女心を歌い上げています。 …

続きを読む>

AYFER VARDAR / AYRILIGIN ACISI

トルコの名門レーベルKALANの新作はハルク〜トゥルキュ系の新人アイフェル・ヴァルダルの初アルバム。イスタンブール工科大学トルコ音楽音楽院で民謡を学んだ実力派です。アルバムタイトルは「別れの痛手」。そして、またしても美人です。サズやウード、ネイ、ギター、エレキ・サズを中心としたシンプルなバックで、よく知られたアナトリア民謡を中心に、悲しみに満ちた声でそっと歌 …

続きを読む>

YAGMUR / SANA YINE DE SUSUYORUM

2006年に一枚アルバムを出していたトゥルキュの女性歌手ヤームル、日本語にすると「雨」という名前ですね、久々に新作「私はいまだふさぎこんでいます」が届きました。名前もアルバム名もどんよりしますが、内容もやっぱりどんよりとしたトルコの現代トゥルキュ〜ハルクで、大人の女性のハートブレイクソング(シャルク)が全6曲。

続きを読む>

go top