EBRU GUNDES / ARAFTAYIM

  トルコの古典声楽をベースに発展したサナート・シーンに君臨する実力派女性歌手エブル・ギュンデシュのPOPアルバム、新作。昨今流行の伝統回帰路線の女声古典清涼路線とは一味も二味も違って、もうド演歌オーヴァーアクション系サナートに発したPOPだけに、胃にはモタレますがディープこの上ナシ!エモーショナル一直線ですよ。で、当然、このぐらい濃くてちょーどイ …

続きを読む>

V.A. / KARADENIZ’E KALAN 2

トルコ音楽の良心ともされる KALAN レーベルからのシリーズ第2弾2CDですが、第1集と同じくテーマは“ Kara Deniz” =つまり、黒海です。トルコ側の南アナトリアに、そして東側ではグルジアと接するトルコ黒海沿岸地方の様々な音楽コレクションです!もちろんラズの(今や、話し手の消滅も危惧されるラズ語を話す人々)音楽も収録されているし、ポンティック・グ …

続きを読む>

BILGE NIHAN / YELKOVAN

4曲入りミニ・アルバムです。 ベルリン生まれの若手女性歌手のデビュー作。 幼い頃からピアノとトルコ古典声楽を学んできたそーです。 何にしても、トルコがアジアと地続きであることを 思い出させてくれるような、泣きのサビ使いロマンティック 演歌風歌謡曲ナンバー全6曲!気負いも衒いもなく、 すんなりと聞かせてくれるのでした。 ▽向かって右の曲名をクリック、すべて聴け …

続きを読む>

DILEK TORGUT / OP BASINA KOY

これまた美人歌手のデビュー・アルバムです。トルコ南部の港湾都市メルスィンで1985年に生まれ、高校を出て、地元のブックストアーで歌ったりしていたそうです。2007年に歌手を志しイスタンブールへ、ヴォイストレーニングに明け暮れ、いろいろなイヴェントで歌い続けて来たそう。そしてこのデビューと相成りました。こんなに美人でも、デビューまで8年もかかってしまうわけです …

続きを読む>

RENOUD GARCIA-FONS & DERYA TURKAN / SILK MOON

E-Motive Records からの新譜。5弦ダブルベース奏者でアンダルシアの血を引くルノー・ガルシア=フォンスと、トルコの擦弦楽器ケメンチェ奏者デリヤ・チュルカンの共演アルバム。世界で最も大きな弦楽器と世界で一番小さな弦楽器の出会いは、同時にアンダルシアとオリエントの出会いでもあり、二つのセンシビリティーの繊細な対話による14曲。(サプライヤーインフォ …

続きを読む>

EDIP AKBAYRAM DOSTLAR / NEDIR NE DEGILDIR?

アジアの最果てを掘り尽くす孤高のディガー<ファラウェイ・サウンズ>がアナドル・ロック四天王の一角エディップ・アクバイラムによるオリエンタル・サイケの金字塔セカンド『Nedir Ne Değildir?』を電撃復刻! 腰を直撃するタイトなドラム&ベース、エキゾチックなメロディのサズやシンセサイザー、ハードロッキンなギター・ソロ、その全てを覆い尽くすサイケデリッ …

続きを読む>

CEM KARACA / NEM KALDI ?

最果てのアジアを気ままにディグり続ける音の旅人ファラウェイ・サウンズによる最新(&最深)復刻仕事は、トルコのサイケロック・ムーヴメント=アナドル・ロックのキー・パーソン、ジェム・カラジャによる、超絶タイトなドラム&ベース、力強いコブシと咽び泣くストリングス、過剰にドラマティックなアレンジをこれでもかとばかりに盛り込んだ、ダンサブルなファンク・モードと怪しげな …

続きを読む>

SAFIYE AYLA / CILE BULBULUM CILE

1930年代にデビューし、共和制となったトルコにおいてもっとも早い時期に活動しミュニュール・ヌーレーティン・セルチュークらとともにトルコ古典に新しい息吹を送り込んだ女性歌手サフィィエの復刻盤です。トルコのフェイルーズ先駆状態?清楚な歌い口も魅力的です。

続きを読む>

V.A. TONY GATLIF / GERONIMO O.S.T.

今年6月、東京の「フランス映画祭」でトニー・ガトリフ自身が来日してワールドプレミア上映された 映画『ジェロニモ』(フランス公開 10 月)のサントラ。南フランスを舞台に、トルコ系移民コミューンと対立するジタンのコミューンの間の「ロミオ&ジュリエット」(あるいは「ウェストサイド物語」)的ドラマ。抗争に挟まれ祝福されない若い男女を救おうとする女性ソーシャ …

続きを読む>

SEDAT ANAR / AMAK-I HAYAL

  1988年生まれ、小型サントゥールを弾きながら歌うトルコの民謡歌手セダト・アナルの2014年初アルバム。メソポタミア、アナトリア、ベクターシュ教団と連なってきたサントゥール弾き語りの現代の姿。イスタンブル・イスティクラル通りの路上で聴けるような生のオルタナ民謡です!

続きを読む>

go top