RENOUD GARCIA-FONS & DERYA TURKAN / SILK MOON

E-Motive Records からの新譜。5弦ダブルベース奏者でアンダルシアの血を引くルノー・ガルシア=フォンスと、トルコの擦弦楽器ケメンチェ奏者デリヤ・チュルカンの共演アルバム。世界で最も大きな弦楽器と世界で一番小さな弦楽器の出会いは、同時にアンダルシアとオリエントの出会いでもあり、二つのセンシビリティーの繊細な対話による14曲。(サプライヤーインフォ …

続きを読む>

EDIP AKBAYRAM DOSTLAR / NEDIR NE DEGILDIR?

アジアの最果てを掘り尽くす孤高のディガー<ファラウェイ・サウンズ>がアナドル・ロック四天王の一角エディップ・アクバイラムによるオリエンタル・サイケの金字塔セカンド『Nedir Ne Değildir?』を電撃復刻! 腰を直撃するタイトなドラム&ベース、エキゾチックなメロディのサズやシンセサイザー、ハードロッキンなギター・ソロ、その全てを覆い尽くすサイケデリッ …

続きを読む>

CEM KARACA / NEM KALDI ?

最果てのアジアを気ままにディグり続ける音の旅人ファラウェイ・サウンズによる最新(&最深)復刻仕事は、トルコのサイケロック・ムーヴメント=アナドル・ロックのキー・パーソン、ジェム・カラジャによる、超絶タイトなドラム&ベース、力強いコブシと咽び泣くストリングス、過剰にドラマティックなアレンジをこれでもかとばかりに盛り込んだ、ダンサブルなファンク・モードと怪しげな …

続きを読む>

SAFIYE AYLA / CILE BULBULUM CILE

1930年代にデビューし、共和制となったトルコにおいてもっとも早い時期に活動しミュニュール・ヌーレーティン・セルチュークらとともにトルコ古典に新しい息吹を送り込んだ女性歌手サフィィエの復刻盤です。トルコのフェイルーズ先駆状態?清楚な歌い口も魅力的です。

続きを読む>

V.A. TONY GATLIF / GERONIMO O.S.T.

今年6月、東京の「フランス映画祭」でトニー・ガトリフ自身が来日してワールドプレミア上映された 映画『ジェロニモ』(フランス公開 10 月)のサントラ。南フランスを舞台に、トルコ系移民コミューンと対立するジタンのコミューンの間の「ロミオ&ジュリエット」(あるいは「ウェストサイド物語」)的ドラマ。抗争に挟まれ祝福されない若い男女を救おうとする女性ソーシャ …

続きを読む>

SEDAT ANAR / AMAK-I HAYAL

  1988年生まれ、小型サントゥールを弾きながら歌うトルコの民謡歌手セダト・アナルの2014年初アルバム。メソポタミア、アナトリア、ベクターシュ教団と連なってきたサントゥール弾き語りの現代の姿。イスタンブル・イスティクラル通りの路上で聴けるような生のオルタナ民謡です!

続きを読む>

MAREM GOKHAN SEN / CERKES EZGILERI 2

  トルコの伝統音楽専門レーベルKALANの2014年新譜は、19世紀にロシアから迫害を受け、北コーカサスを追われ、オスマン帝国に移住してきたチェルケズ人の伝統音楽をGökhan Şenをはじめとする現代のアーティストたちが掘り返すプロジェクト第二弾です。アコーディオンとケマンで賑やかに6/8拍子〜3拍子を奏で、コサック的なメロディーがたっぷり。ト …

続きを読む>

OLCAY BAYIR / NEVA, HARMONY

☆オルジャイ・バイール/アナトリアの娘 地中海世界をうたうクルド系トルコ人女性シンガーがデビュー トルコの東側、小アジアともよばれるアナトリア(半島)は先史時代よりいくつかの文明の発祥地となり、現在でも多くの遺跡が残る。そんな歴史ある土地で、〈国家の持たない民族〉として有名なクルド人として生まれ育ったこのオルジャイ・バイールの父は、トルコの吟遊詩人=アーシュ …

続きを読む>

ASENA HAREMDE / FOREVER BELLY DANCE, TURKISH SUMMER HITS

      トルコを代表するベリー・ダンサーの御用達/新録集~多彩なアーティストによるベリーダンス向けのブレイクビーツ風トラック&アセーナ姉さんの掛け声というか、ヴォイスがセクシーなムードを煽るエキゾティックなアルバムです!

続きを読む>

HAREM / HAREM IV

  一連のベリーダンス・トランスを流行らせた仕掛け人、トルコのパーカッション・グループ、ハレムがついに4作目をリリース!音的には2作目と3作目の中間くらいですかね。良くも悪くも90年代中頃のディープハウス~ハードハウス路線から進歩はありませんが、ダルブッカを今まで以上に前面に出していて、中東らしさは前作より強いかも。レバノンのサイード・ムラードもカ …

続きを読む>

OMAR FARUK TEKBILEK / NE TRUTH

1976年以降、NYを拠点に活動するトルコ, アダナ生まれのパーカッショニスト / マルチ・インストゥルメンタリスト〜ネイ (bamboo flute), ズルナ (double-reed oboe like instrument with buzzing tone), バグラマ (long-necked lute), ウード (the classic lu …

続きを読む>

SARAN PERILERI, The Fairies of the Palace / IN THE TOPKAPI PALACE 2, İstanbul Oriental Music

イスタンブールにあるトプカプ宮殿(15世紀半ば頃から19世紀半ば頃までオスマン帝国の君主が住んでいたお城)をテーマにしたという作品です。彼らは若手中心の古典音楽のインストルメンタル・グループで、サズ、ケマンほかタールやダルブッカといった伝統パーカッション、カーヌーン、クラリネット、ギター、ベース、ピアノといった生楽器編成で、まさにジャケットに描かれているよう …

続きを読む>

V.A. / ÇILGIN PERKÜSYON〜CRAZY PERCUSSİON

タイトルが示すとおりパーカッション好きにはたまらないアルバムが登場しました。ダラブッカ、フレーム・ドラム、ジルといった楽器以外に使用されている楽器がユニークで、ジャンベやトーキングドラム、コンガといったアフリカの太鼓などを使ってオリエンタル・ミュージックを演奏するユニークな試みがなされています。ウードや、カヌーンなどの弦楽器が入っていないのでメロディーはあり …

続きを読む>

go top