ADEM KARABULUT / KOYLERI YAYLALARR

この夏は、黒海沿岸のホロンが来マス、たぶん!トルコ北東部黒海沿岸に住まうラズ人のラインダンス「ホロン」の人気歌手アデム・カラブルットの「村の高地」と題されたアルバム初入荷です。ケマンチェを自由自在に弾きながら、味のある声でしみじみと歌っています。この夏ブレイク直前のテクノ・ホロン諸作の中では最もアコースティックな(もちろんバスドラムは打ち込みですが)響きです …

続きを読む>

EBRU POLAT / 9 HIT

    才女エブル・ポラット、弁護士資格も持ってるそーです。かたや、芸術大学卒、音楽も勉強して来たそーですが、07年デビュー、現32歳のEDM路線のポップ・アルバムです。トルコ風味曲もあるにはありますが、コケティッシュな歌声がポイントということに。フルカラーのブックレット付き。

続きを読む>

EMINE COMERT / HORON

またまた再入荷しました!お見逃しなく! おおお!カレンティートさんのご尽力でとうとうサイプレス!1年半ぶりの再入荷!ありがとうございます!お見逃しなく! 「昨日エル・スールでゲットしたどえらいブツ。トルコ北東部の伝統舞踊音楽ホロンの女性歌手エミネ・ジョメルト『Horon』。このケマンチェのノイズ、ダウル(太鼓)の愚直な2ビート、ありえねー。ほとんどリカルド・ …

続きを読む>

ORHAN KAMBUR / CURCUN ELA, Sozlu Tulum Horon

再入荷しましたよ〜ホホイ!というわけで、この夏は、黒海沿岸からホロンが来ました(って、どこに)!しっかし、この本邦初入荷のオルハン・カンブル、恐るべし!ダブケのオマール・スレイマンを通り越してポンチャックのイーパクサへ肉薄!?インパクトありまくりですねえ(にしても、なんでジャケ写、ボヤケてるんだ?ワザとか?)。 で、北アナトリアは黒海沿岸に住まうラズ人(イス …

続きを読む>

DILEK KOC / SOUVUNIR DE SALONIQUE

タイトルは『サローニキの思い出』とでも、サローニキ(もしくはサローニカ)といえば、ギリシャ第2の都市、テッサロニキのこと。アテネと同じく港湾都市で、ビザンティン帝国、オスマン・トルコ時代はコンスタンティノープル(現イスタンブール)に次ぐ都市だったそうです。ま、そんな歴史ある街にイスタンブールの音楽大学を卒業し2005年に移住したトルコ人女性歌手、ディレク・コ …

続きを読む>

SEVVAL SAM / TOPRAK KOKUSU

シェヴァル・サム2015年6月の新作が届きました!トルコ古典歌謡(サナート)はもとよりターキッシュ・タンゴ、アラベスクやアナトリア民謡(ハルク)、そして黒海フォークロアやミクスチュアーPOPまでアルバムごとに歌いこなしてきたシェヴァルですが、ここに来て、もう一つのステップを踏む野心作とでも言えそうな今作〜そこにはアナトリア周辺に住まう様々な人々、民俗、言語に …

続きを読む>

MELIKE / YUREKTEN, INN OF LOVE

  「心から」と題されたジャジーなトルコ民謡アルバム。トルコ系ベルギー人女性歌手メリケ・タルハンがベルギー人のギタリスト、パーカッション、サックス奏者を従え、トルコの民謡やスーフィーの歌をジャジーに演じる。トルコ系ベルギー人と言えば今やトップアイドルのハディセもそうですが、このジャジー民謡はありそうでなかった! 鬱々としたトルコ民謡のメロディーとジ …

続きを読む>

THE SECRET TRIO / THREE OF US

これはイイですね! THE SECRET TRIOの2015年二作目。 トルコを代表するジプシー・クロスオーバー/クラリネット奏者ヒュスニュ・シェンレンディリチによる名トリオTAKSIM TRIOをそのまま真似した二番煎じと思われますが、メンバー3人の音楽キャリア、実力はそれ以上ということに。 60年代から米国東海岸で活躍して来たアルメニア系ギター(&ウード …

続きを読む>

GULSEN / BANGIR BANGIR

  トルコのセクシー系ポップ歌手ギュルシャンの2015年新作。ミドルテンポのレゲトン系から四つ打ちハウス、2000年代初頭のタルカンから連なる民俗楽器&メロディーを散りばめた打ち込み歌謡路線です。

続きを読む>

ASLAN ZENGIN / ARTIK SEN DEGILSIN

  この夏は黒海がクる!(どこに?)というわけで、トルコ黒海地方の民謡歌手の近作日本初入荷! トルコ黒海地方の弓奏楽器ケメンチェをジャケにあしらえた黒海地方の民謡歌手アスラン・ゼンギン2014年アルバム。ケメンチェをかき鳴らしながら、黒海ならではの5拍子の民謡を哀愁たっぷりに歌いあげます。

続きを読む>

UGUR YAZICI / KARA UZUN SALKUMI

  昨今のダブケ・ブームに続き、この夏はホロンがキそう! トルコの北東部黒海沿岸、紅茶の葉の産地として知られるリゼ出身の若手トゥルム(バグパイプ)奏者ウウル・ヤズジュの2013年作品。この地域からジョージア、ギリシャ一部のみに現存する民俗舞踊ホロンのためのダンス曲が中心で、最後の拍が微妙に延びる不思議な拍子とトゥルムのやかましい持続音が特徴です。

続きを読む>

FAIRUZ DERIN BULUT / PATLANTIS

イスタンブルのアナドル・ロック再発見サイケデリック・バンドFairuz Derin Bulut(フェイルーズの深い雲)の3rdにしてラストアルバム、2013年に発表されながら、これまでデジタルオンリーだったものが2015年ついに初CD化されました。前作はアラベスク歌謡にどっぷり挑んでいましたが、今作はインスト中心。Demir Kerem Atayのエレクトロ …

続きを読む>

ZEKI AYAD COLAS, PASCAL EDOUARD MORROW / PARIS-DAMAS-ISTANBUL

トルコ+バルカンのタラフ HAIDOUTI ORKESTAR のリーダー/歌手/弦楽器奏者のゼキ・アヤド・チョラシュのアコー スティックプロジェクト。パートナーとしてカナダ人ヴァイオリニストでオリエンタル音楽のエキスパート、 パスカル・エドゥアール・モローが編曲・指揮を。ディディエ・マレルブ他がサポート。ジョルジュ・ブラッ サンスの「オーヴェルニュ人に捧げる …

続きを読む>

EFREN LOPEZ / EL FILL DEL LLOP

ステリオス・ペトラキスやビージャン・シェミラニの古くからの仲間、スペイン、バレンシア出身のマルチ 撥弦楽器奏者エフレン・ロペスの新アルバム。ギター、サズ、ブーズーキ、シトーラ、マンドーラ、 サントゥール、ウード… 20 種を超える撥弦楽器を駆使して、アンダルシア〜地中海〜アジアにまたがる 弦楽器+伝統楽器の幻想ハーモニー11 曲。4カ国語(カタロ …

続きを読む>

CEYLAN ERTEM / AMANSIZ GUCENIK

1980年生まれ、ローティーンの頃からコーラス隊で歌い始め、ハイティーンの頃には鍵盤とギターを修得、イスタンブール出た後、音楽学校からデザイン学校を経て、紅一点の4人組ターキッシュロック・グループ “アニマ” に参加し06/11年と2枚のアルバムを残し、傍ら2010年にソロ・デビュー、並行して仏オルタナティヴ系ロックバンドに参加するなどしながら、これが3作目 …

続きを読む>

go top