Eri Liao Trio / 紅い木のうた

台湾原住民音楽、ジャズ、戦後まもない日本、台湾、アメリカ、ブラジル …… 古今東西の “うた” を奏でるスリーピースバンド、Eri Liao Trio (エリ・リャオ・トリオ) 。 2014年夏、NYでジャズシンガーとして活動を始め、東京に拠点を移した台湾出身 Eri Liao 。 ジャズミュージシャンの集まる高田馬場の某ジャムセッシ …

続きを読む>

ANDITA / WANITA INGIN DIINGINI

    インドネシアJAZZ(R&Bも)女性ヴォーカルの新星! 2015年のデビュー・アルバム初入荷です。ちょっとハナにかかったような声ですが、リズムのさばきが上手いですね。アップテンポがイイような気がします。 でもなんでジャケ、そんなビックリしたような顔してんだろ?あ、目が大きいだけか、

続きを読む>

LEYLA McCALLA / A DAY FOR THE HUNTER, A DAY FOR THE PREY

アメリカン・ルーツ・ミュージック・シーンにクレオールの風を送り込む、注目の女性アーティスト。グラミー受賞のキャロライナ・チョコレート・ドロップスのメンバーとしても知られる、レイラ・マッカラ。レーベル移籍第一弾!マーク・リボウ、リアノン・ギデンズ(CCD)参加! ★ハイチの血を引く、NY生まれでニューオリンズ在住のレイラ・マッカラ。フレンチ、クレオール、英語を …

続きを読む>

SOUKMA

インドネシア、ハスキーでいて粘り着くような妖艶女声ジャズ系歌手のデビュー作。エルウィン・グタワのオーケストラやシマック・ダイアログに参加していた凄腕ベーシストのインドロ・ハルジョディコロがプロデュースとアレンジを手がけ、一筋縄にいかない演奏で、彼女の黒っぽい声質を引き立てます。選曲も有名なジャズ・スタンダードではなく、ベンニャミンの「オンデル・オンデル」!は …

続きを読む>

MINA AGOSSI / FRESH

様々な音楽の要素が感じられるフランス人シンガー! ミーナ・アゴッシは1972年にベニン人とフランス人の両親の間に生まれ、西アフリカの国々を渡り歩いて様々な文化を吸収した。その後フランスにて演劇の学校に通っている音楽に目覚め、93年にニュー・オーリンズ・ジャズのバンドに参加したことでジャズに開眼し、以後ジャズ・ヴォーカルを中心に聴かせる歌手として活躍してきた。 …

続きを読む>

SUSANA STIVALI / CARA CHICO

★イタリアの女性ジャズ・シンガー、スザンナ・スティヴァリによる、偉大なるブラジルのアーティストのひとりである、シコ・ブアルキ作品集が登場。★シコ・ブアルキ本人とのデュエット(M1)、フランシス・ハイミ(M10)、ジャキス・モレレンバウム(12)らをゲストに迎えた、ブラジル録音。全ての曲を翻訳されたイタリア語の歌詞で歌っている。★決してジャズ色は強くはないが、 …

続きを読む>

LAIKA FATIEN / LOOK AT ME NOW !

モロッコ出身スペイン系ジューイッシュの母と、象牙海岸出身の父との間に1968年パリで生まれた女性 JAZZ ヴォーカリスト、ライカ・ファティアン、その2004年作〜ジル・ペタール(Chronological Classics) がプロデュースしたファーストアルバムの復刻再発です。 David El-Malek (ts),   Pierre de Bethma …

続きを読む>

CARMEN SOUZA / LIVE AT LAGNY JAZZ FESTIVAL

2013年の初来日公演が記憶に新しいリスボン出身のジャズ・ボーカリスト、カルメン・ソーザのフランスでのジャズ・フェスティバル出演時の模様を収録したライブCDとフル・コンサートを収録したDVDの2枚組。本作のライブが行われたのが10月中旬、日本公演から1週間前後ということでDVDの中で日本についてのコメントも収められています。 カーボ・ヴェルデ出身の両親を持つ …

続きを読む>

SOMI / THE LAGOS MUSIC SALON

合衆国イリノイ州生まれ、ルワンダ人とウガンダ人の両親と共に幼少期はザンビアで育ち、後年故郷イリノイを経てNYに住まうようになってからは、ジャズ系女性シンガーとして活躍。で、現在は、文化人類学研究者も歌手と兼ねて、NYとナイジェリア、ラゴスを行き交う日々だそう…。 で、この2014年作はナイジェリアで生活する中から生まれた曲ということで、ま、基本ジ …

続きを読む>

LIGIA PIRO & JUAN CRUZ DE URQUIZA / STRANGE FRUIT

世界的に有名なタンゴ歌手兼女優のスサーナ・リナルディを母に、バンドネオン奏者のオスバルド・ピロを父に持つ才媛~女優として活躍した後、90年代半ばからJAZZ&BOSSA系シンガーとしての活動を開始~アルゼンチンを拠点に世界中で活躍するシンガーとなっています。この新作では、「奇妙な果実」「グッドバイ・ポーク・パイ・ハット」や「君去りしのち」などのジャズ・スタン …

続きを読む>

MAXINE SULLIVAN / IT’S WONDERFUL

最近の個人的愛聴盤(原田)~閉店後に鼻唄交じりに聴いてます。おかげで、それほど黄昏れなくて済むようになりました?哀しみのあらわし方が実に上品で節度があるし、なにがしか、気持ちがあたたまります。この人はいつも上機嫌に歌います。SP音源のはずですが、実に音もイイし、4枚組でこのお値段!う~、やっぱりマキシン最高です!(牧伸じゃない、って…)北米ジャズ …

続きを読む>

go top