V.A. / REMBETIKA, Have They Got Hashish In Hell ?

 同レーベルからのレベーティカ・シリーズ最終作とのことです!結局、オムニバス4CD X4作 & マルコス・ヴァンヴァカリス、ヴァシリス・ツィツァーニス VOL.1 & 2, そしてアポストロス・ハジクリストス作品集〜ということで、この最終作品で計8 x 4CD or 5CD =800曲超えの労作となりました。全部一人のコレクターが自ら集めたS …

続きを読む>

GIORGOS DALARAS / AFIEROMA STON MARKOS VAMVAKARIS – LIVE

ヨルゴス・ダラーラス2003年作は、レンベーティカです!20世紀初頭~アテネの港街、阿片窟や飲み屋で生まれたというブルース=レンベーティカの巨人マルコス・ヴァンヴァカリスのナンバーを、CD2枚に渡ってカヴァーしたライヴ盤です!これは事件ですねえ…。ヴァンヴァカリスと言えば、まあ、ブルースで言えばロバート・ジョンソンみたいな人です。ギリシャ的な弦ア …

続きを読む>

CIGDEM ASLAN / MORTISSA

 イイ、ジャケットです。 インフォでは、ロンドン在トルコ出身のクルド系女性歌手ということですが、ユダヤ教徒家系のクルド人ということになるでしょうね(ということは、ユダヤ系と言っても同じですが…、すくなくともアスランという名はユダヤ系の名前です)。学生時代からトルコ各地のマイノリティーの民謡を学び、渡英後にはシェコヨフ・クレズマー・アンサンブルで歌 …

続きを読む>

MARKOS VAMVAKARIS / MASTER OF REMBETHIKA

〜Complete Recordings 1932-1937 plus Selected Recordings 1938 ギリシャ歌謡のルーツとされるレンベーティカ(ピレウス派)のイノヴェイター/ギリシャ歌謡の父とも称されるマルコス・ヴァンヴァカリス黄金期録音4CD!広沢虎造やハウリン・ウルフにも似たドスの効いたしゃがれ声で、娼家や阿片窟にたむろったギャング …

続きを読む>

GAMZE CANYURT / SONGS OF ASIA MINOR, Küçük Asya Şarkıları

 “アジア・マイナー(MIKRA ASIA)” すなわちアナトリアのギリシャ側からの呼び名ということになりますが、あえてこのイスタンブール生まれの若手女性、ガムゼ・ジャンユルトが自らのデビュー作にその呼び名を冠したことの意味は、アナトリア(特にイズミール = スミルナ)からのギリシャへの帰還者達が20世紀前半に生み出した歌謡音楽、レベーティカとも親戚関係の古 …

続きを読む>

CAFE AMAN ISTANBUL / FASL-I REMBETIKO

久々の再入荷!シブイですねえ、“ミクラ・アシア=アジア・マイナー=アナトリア” にレベーティカの故郷を見ようという2009年結成のギリシャ&トルコ混成男女グループのファースト・アルバムとなります。アナトリアやビザンチンの古い歌謡、そして初期レベーティカを、女声も交わり歌い綴ります。レベーティカ・マニアもアナトリア歌謡マニアもこれは必聴ということになるでしょう …

続きを読む>

V.A. / BEYOND REMBETIKA, The Music & Dance of the Region of Epirus, 1919-1958

これはまたマニアックかつユニークなギリシャ音楽コレクションCD4枚組です!18世紀に作られた比較的に新しい発明楽器でありながら、19世紀から20世紀にかけて、なぜかボヘミアからバルカン、そしてギリシャ、トルコ方面にサッと広がったクラリネットに焦点を当てたビヨンド・レベーティカなコレクション!ま、ようするにチャルメラ / ガイタ系のダブルリード吹奏木管楽器とい …

続きを読む>

V.A. / REMBETIKA, Songs of Love, Exile, Prison and Hash Dens

トルコのレーベル=カランがギリシャのブルース “レベーティカ”の初期音源をまとめてくれました!もともとイスタンブールやイズミールといったトルコの都市に住まい独特な折衷文化を生み出していたギリシャ系住民が、1920年代の大量強制退去によりアテネへ帰還/移住したことが、このレベーティカという音楽の流れの素地を作ったとされています。本盤は、 …

続きを読む>

ROZA ESKENAZY / KONSTANTINOUPOLI NEA YORKI, MIKRASIATIKA KAI DIMOTIKA TRAGOUDIA

コンスタンティノープル(イスタンブール)でユダヤ系の両親のもと、1890年代後半に生まれ(自らは生涯1910年生まれと言い続けたそうですが)、テッサロニキへ移住、家族の反対を押し切りダンサーとなり、歌い手となり、恋に落ち、そして恋に破れながら歌い続け、トルコ経由の音楽性をギリシャへともたらしたズミルナ派レべーティカを代表する存在となったローザ・エスケナージ。 …

続きを読む>

MARTHA FRINTZILA / TRAGOUDA THEMOS SKANDAMIS

マーサ・フレンツィラ、随分ヴェテランという感じがする貫禄あるお見かけですが、実はセカンド・アルバム~1972年生まれだそうですから、まだ40歳(もう40歳?)の女優兼舞台演劇講師兼ライカ系女性歌手ということになります。これまで数々の舞台女優をつとめたほか、ハリス・アレクシーウ、エレフセリア・アルヴァニターキ、マリア・ファランドゥーリほかの女声コーラスも務めた …

続きを読む>

VINICIO CAPOSSELA / REBETIKO GYMNASTAS

ヴィニーチョ・カポッセラはドイツ生まれのイタリア人SSW〜家族でイタリアに帰国した後、カンタトゥーレ、フランチェスコ・グッチーニに見いだされ、90年代から本格的な音楽活動を始めたそう。で、>>前作2CDをギリシャのミュージシャン達とエーゲ海で録音したこのイタリアの異才、この2012年作ではギリシャそのもの、ギリシャのブルース=レベーティカのスタイルにおいて、 …

続きを読む>

Film by ROY SHER / MY SWEET CANARY, The Queen Of Rebetiko -ROZA ESKENAZI

A journey through the life and music of Roza Eskenazi〜ということで、レべーティカ・マニア必見のDVDが出ていたんですねえ…>>こちら で知りました(さすが、マエストロ!)で、出演者がまたスゴイ!ハリス・アレクシーウと >>メフタップ・デミル! >>マーサ・フ …

続きを読む>

V.A. / WOMEN OF REMBETIKA 1908 – 1947

シブイです。経済破綻国家ギリシャが生み出した世界最高の阿片窟音楽レンベーティカ。これまでに4枚組のレンベーティカ編集盤2種類を出していたJSPレーベルから、今度はレンベーティカの女性歌手ばかりを集めた4枚組コンピ盤の登場です。年代別に分けられ、1枚目は1908年から1928年、場所はコンスタンティノープル(もちろん現在のイスタンブールです)、スミルナ(現在の …

続きを読む>

GEORGE DALARAS /TA XROMATA TOU XRONOU

09年にリリースされていたミノス=EMI音源のベスト4CDが入荷しました!もともと青と赤の2枚組ベスト2アイテムとして有名でしたが、合体4枚組として再発売されていたようです。1969年から2002年まで在籍したミノス社における録音をカヴァーした内容と思われます。これまで、文字通りギリシャ歌謡を代表する男性歌手=ヨルゴス・ダラーラスを聴いてみようという初心者の …

続きを読む>

go top