STELIOS VAMVAKARIS / NIRVANA

ピレウス派レベーティカの巨人、マルコス・ヴァンヴァカリスの息子さん、ステリオス・ヴァンヴァカリス、09年の作です。 1947年生まれ、7歳の時からブズーキを弾き、17歳で父のバックをつとめるようになり、その後、ヤニス・パパイオアーヌやヴァシリス・ツィツァーニス、ケティ・グレイ、ヴィッキー・モスコリウ、そしてヨルゴス・ダラーラスら、レベーティカ〜ライカのスター …

続きを読む>

THE IMAM BAILDI / COOKBOOK

バンド名イマーム・バユルドゥとは 「坊さんの気絶」の意味。 坊さんが気絶するほど美味いと言われた 茄子を使ったトルコ料理冷菜の名前! その>2014年3作目は当店でも人気でしたが、 コチラはセカンド2010年作、 未だブレイクビーツ寄りのアルバム、 が、逆に得難い? 地中海〜バルカン風味も備えた グリーク・ミクスチュアー・ビーツ!?

続きを読む>

KATERINA TSIRIDOU / KISMET

おそらく、ソロ・アルバムとしては、こちらがファーストになるかと。現役レべーティカ女性歌手の代表格、昔ながらの節まわしを今に聞かせます。アコーディオン、ブズーキ、バグラマー、ギター&ベースによるバッキングも素晴らしい!カテリーナ・ツィリドゥの09年作(当時35歳?)です。 1 Souroupo Me Sunnefia (Σούρουπο Με Συννεφιά …

続きを読む>

GIORGOS MOUFLOUZELIS‎ / EGO DEN EHO VGALEI TO SCHOLEIO

ヨルゴス・ムフィウゼリス、1912年生まれ(1991年に逝去)、ブズーキ、バグラマーを弾く作曲家でしたが、70年代に自己名義録音をスタート、まさに生き残ったレベーティスとでも言えるでしょうか?サンバやブルースの再発見を想わせますが、当たらずとも遠からず(ギリシャでも70年代にレベーティカ復興機運が若い世代の間で興っていますから…、その先陣にいたの …

続きを読む>

YIANNIS PAPAIOANNOU ‎/ I ELLADA TOU GIANNIS PAPAIOANNOU

いや〜、新品だというから久々に取り寄せてみたら、シールドでした(って、例の昔のギリシャ盤CD仕様で、封紙が貼ってあるだけですが)。まだ、あるんですねえ…、マルコス・ヴァンヴァカリス、ステリオス・キロミティに続きピレウス派のレンベーティスとして、職業的自作自演歌手となったヤニス・パパイオアーヌ(1914-1972)の、そのデビュー曲 “ファリリオテ …

続きを読む>

KATERINA TSIRIDOU / AMAN KATERINA, A Tribute to Panayiotis Toundas

←簡易紙ジャケ廉価盤も売り切れです。 >こちらで、既に紹介されている盤ですね(陳謝&感謝)、やっと入荷してまいりました。ギリシャ大衆音楽の源となった戦前のレベーティカ〜戦後ライカの揺籃期にこだわり、ピアノ、ギターほかギリシャの弦楽器を弾きこなす才能豊かな女性歌手、カテリーナ・ツィリドゥ(1974-)の2015年作。ここで彼女が歌うのは、スミルナ派レベーティカ …

続きを読む>

V.A. OST / ROZA ESKENAZI, MY SWEET CANARY

歴史に名を残すギリシャのレーベンティカの歌い手、ローザ・エスケナージの生涯を綴ったドキュメンタリー映画「My Sweet Canary」のサウンドトラック。ローザ・エスケナージは、アテネのユダヤ系セファルディの家系で、貧しくまだ幼いときにテッサロニキに移り住んだというが、その頃のテッサロニキはオスマン・トルコの影響を強く受けており、彼女の音楽性にも大きな影響 …

続きを読む>

GIORGOS MOUFLOUZELIS‎ / O MOUFLOUZELIS ERCHETAI…

CDはとても珍しいかと思いマス。 1974年 ZODIAC 盤 LP の オリジナル復刻CDですね。 LYRAからリリースされていました。 1912年生まれ(1991年に逝去)、 ブズーキ、バグラマーを弾く作曲家でしたが、 70年代に自己名義の録音デビューしました。 こちらは2作目となります。 まさに生き残ったレベーティスとでも言えるでしょうか? 1 Gia …

続きを読む>

GEORGE DALARAS / TA TRAGOUDIA TON AGION

ダラーラスが古巣ミノス・レコーズを去る時に、ポツンとリリースされた謎の2013年リリースの2CDですね。内容的にはすべてカヴァー、それもマルコス・ヴァンヴァカリスやヴァシリス・ツィツァーニス、イオアニス・パパイオアーヌ、そしてルーカス・ダラーラス(ヨルゴスの父)…ほか、レベーティカの先達たちの曲をダラーラス自身が演じたカヴァーにおいて蒐められた3 …

続きを読む>

L’ORIENT DES GRECS

  フランスBUDAの貴重な名作がまとめて再入荷しています! こちらは1930年代のギリシャで制作されたSP盤からの復刻で、トルコから強制送還されてきた楽師達の演奏によるレベーティカ、チフテテリなどを全22曲収録。ウードやカヌーン、バイオリン、ダフなどを使った音楽はもちろんトルコそのままです。 (>★リンクから一部試聴可能)  

続きを読む>

OPISTHODROMIKI KOMPANIA / SANTE

エレフセリア・アルヴァニターキが歌手デビュー時(80年代前半)に在籍していたレべーティカ/ライカ・グループ、オピソドロミキ・コンパーニアの1996年作復刻CD再入荷です。オピソドロミキ・コンパーニア〜和訳すると “後退仲間” ?要するに時代に逆行するとか、流行から後退するコンパニア、ということで、80年代初めの結成時には、レベーティカ・リヴァイヴ …

続きを読む>

ESTOUDIANTINA NEAS IONIAS / SMYRNE, TEARS ON GLASS

久々の再入荷〜19世紀末から20世紀初頭にかけスミルナ(イズミール)に実在した楽団名を冠し00年代半ばに結成されたという“エストゥディアンティーナ・ネアス・イオニアス(30人編成!)”の名作2点をカップリングした2CDです(”SMYRNE”03+”TEARS ON GLASS”06)!   CD 1 …

続きを読む>

GLYKERIA / AKOLOUTHISA ENA ASTERI

ウワッ!なんか、とんでもない3等身イラスト・ジャケですね。松田聖子かと思いましたよ…。が、裏腹に、ややハスキーな発声が辿るギリシャ的メリスマの濃い味わいが存分に楽しめる作ですよ。近年とみにそのディープな歌い口が耳を引く、レベーティカ / ライカ / ニシオーティカ /ディモーティカ、何でも歌いこなす万能のヴェテラン女性歌手、中央マケドニアのセレス生まれのグリ …

続きを読む>

V.A. -OST / OUZERI TSITSANIS

去年(2014年)、ギリシャで公開され話題を呼んだ映画 “OUZERI TSITSANIS” のオリジナル・サントラCDです。二次大戦中ナチス占領下のギリシャ、テサロニキで、ユダヤ系家族のもとに生まれた娘の恋の困難を描いた映画だそうですが)、20世紀を代表する作曲家の一人(戦前レベーティカと戦後ライカ歌謡へ橋渡しをした重要人物、ブズー …

続きを読む>

go top