Giorgos Batis, Markos Vamvakaris, Stratos Pagioumtzis, Anestis Delias / TETRAS I XAKOUSTI TOU PEIRAIOS, Ichografiseis Rebetikon Tou ’30


歌うことが大好きだったというストラトス・パユムディスが、ある時、当時、既にピレウスで評判を呼んでいたブズーキ奏者にして作曲家、マルコス・ヴァンヴァカリスを訪ね意気投合、以降、歌手として共演するようになり、そうこうするうちにヴァンヴァカリス周辺の、ピレウスの音楽家であった2人、ヨルゴス・バティス、アネステス・デリアスとともに、レベティカ史上名高いカフェ・バンド、”ピレウス・クァルテット(テトラス・トゥ・ペレオス)”を結成するに至ります。ここから、ピレウス派レベーティカの快進撃がスタートするわけですね!そんな快進撃の最初期の記録、4人それぞれのヴォーカルをフィーチュアーした30年代録音13曲を収めたCD がこちら、ですね。


 
1 Giórgos Bátis  /  Ταξίμι Αθηναϊκό Και Ζεϊμπέκικο
2 Márkos Vamvakáris  /  Ώρες Με Θρέφει Ο Λουλάς
3 Strátos Pagioumtzís  /  Ζεϊμπεκάνο Σπανιόλο
4 Anéstis Deliás  /  Σούρα Και Μαστούρα
5 Strátos Pagioumtzís /  Μάγκες Καραβοτσακισμένοι
6 Márkos Vamvakáris   /  Χθές Βράδυ Στο Σκοτάδι
7 Giórgos Bátis   /  Φασούλας
8 Anéstis Deliás  /  Κουτσαβάκι
9 Márkos Vamvakáris  /  Όταν Πίνω Τουμπεκάκι
10 Giórgos Bátis  /  Καμηλιέρικο
11 Strátos Pagioumtzís  /  Οι Σφουγγαράδες
12 Giórgos Bátis  /  Φωνογραφητζήδες
13 Márkos Vamvakáris  /  Ήμουνα Κάποτε Κι Εγώ


go top