V.A. / GUITAR WORKS BY MICKEY BAKER

★V.A./ギターワークス・バイ・ミッキー・ベイカー 故・中村とうようのレーベル:オーディブックの諸作品が限定復活! 黒人音楽史上でダントツの大胆不敵なギタリスト〜ソロ、伴奏プレイなど年代順に23曲 ミッキー・ベイカーと言えばR&Bからロックが派生してゆく時期(50年代)に泣く子も黙るアグレッシヴなプレイで先頭を駆けぬけた、黒人音楽史上でダントツの大 …

続きを読む>

V.A. / ROCK INSTRUMENTAL STORY

ドック・レゲエことブルーノ・ブルム監修のロックインストの歴史3CD。28 ページブックレット(英仏語)〜とはいえ、最初の曲がハワイのソル・ホーピーですから、いつもの癖者ぶり、大胆解釈ぶり発揮のコレクションになっていることは言わずもがな!それでもって王道、R&Bインストからカントリー系ギター、ジャイヴ、ロックンロール、BOビート、ヴェンチャーズ、ブルースやアー …

続きを読む>

BENYAMIN S. / DALAM IRAMA ROCK & BLUES VOL.1-VOL.2

中華系の伝統を汲むとされるジャカルタ下町、ブダウィの大衆演芸音楽の流れ、ガンバン・クロモン~木琴のようなガンバンと、ガムランのような壺形の楽器クロモンを中心に、ルバーブなどをまじえて歌われるこの伝統スタイルを、1970年代にモダン化したのがこの男、“ジャカルタのトラさん”こと人気映画俳優にして流行歌手のベンニャミン・S!が、しかし、そんな達成にとどまらずして …

続きを読む>

FELLOVE / EL QUE INVENTO LA SALSA

フィーリン・ムーヴメントにも深く関わり、ホセ・アントニオ・メンデスと同時期にメキシコに活動の場を求め渡った朋友、エル・グラン・フェジョーベが1970年代に発表した、アルバムとしては多分3枚目となる作品のCD-R復刻です。原盤は、GEMA LPGS-5017。エル・スールやバンピ・ソウルといったレーベルからもこのアルバム以前の音源が復刻されていますね。で、時代 …

続きを読む>

V.A. / THE ROOTS OF SKA 1942- 1962

またまたです。カリブから北米まで何でもござれのフランス屈指の音楽評論家ブルーノ・ブルム選曲監修ということで、ジャマイカン “スカ” の誕生へ至る入り組んだ道のりを辿った野心作3CD〜合衆国の音楽的沃野からカリブ海をさかのぼりジャマイカへと流れ込み、現地ドメスティックな混血音楽の中で変容熟成されて行ったスカ・ビート、そんな過程を解き明かそうという3CD全69曲 …

続きを読む>

SPEAKEASY / HIDUP DAN BERNAFAS

70年代のソウルやクロスオーヴァー、ディスコなどのテイストを強く感じさせるジャカルタの若手バンド、スピークイージー。ファンキーでジャジーでアシッドな要素が絡み合い、独自のスタイルを作りあげた彼らの10曲入りアルバムです。歌も演奏もかなり上手い、粋なバンドです!

続きを読む>

WILSON SIMONINHA / ALTA FIDELIDADE

2008年の『メリョール』以来となるシモニーニャの新作が登場! 収録された12トラックにはサンバ、MPB、ブラック・ミュージックなど、多彩なサウンドが満載。5年もの時間を掛けて、自身最高のサウンドを作り上げてくれたんじゃないでしょうか!?

続きを読む>

JIM MURPLE MEMORIAL / TAKE YOUR FLIGHT, JIM!

1996年からモントルイユ(パリ東郊外)でゴキゲンなスカ、ロックステディ、そしてR&Bを展開しているジム・マープル・メモリアルの9枚目のアルバム2013年作です!女性歌手をフロントにダウンホームな味わい、レトロなダンス・モード、パリならではのシャレッ気を楽しませる1枚です! >試聴可?

続きを読む>

RAGHAV / STORYTELLER

ジェイ・ショーンと並び、インターナショナルにデビューしたUKエイジアンR&B歌手04年作、久々に再入荷しました。歌詞の2/3は英語で、完全にR&Bマナーということで、インドのタルカンとでも言いましょうか。チャカデマス・ネタを使ったボリウッド風の曲など、なかなか聞き所は多いですね。最近はニティン・ソーニーの作品でも歌っています。

続きを読む>

BO DIDDLEY / THE INDISPENSABLE BO DIDDLEY 1955-1960

このところ、フレモオ&A.で大変良い仕事が続いているドック・レゲエことブルーノ・ブルムの監修によるボ・ディドリー選集1955-1960/3CD64 トラック!で、もちろんブルムの解説つき24 頁ブックレット(仏語英語)~というわけで、こうしてボ・ディドリーを聞いてみれば、カリブに繋がる“ワールドミュージック”だったんですねえ!なんて…ことはともか …

続きを読む>

go top