YUNI SHARA / ISI HATI

    ポップ・インドネシアを代表する美人歌手、ユニ・シャラ(クリス・ダヤンティのお姉さん!)、02年の作です。この時、ユニ・シャラは30歳、大人なの女のPOP?を模索するような作じゃないかと。…しかし、この頃のインドネシアPOPはフツーに良かったですねえ、ホント。もう20年近く経ってしまったわけですねえ…

続きを読む>

RITA EFFEBDY / PEREMPUAN

  当時、都会的サウンドを聞かせて人気を広げたインドネシアのアクアリウス・レーベル、その代表的な女性歌手、リタ・エフェンディの2000年作です。ロック系人気男性歌手、ヌギーをゲストにロック調もこなして、音楽の幅を広げた作でした。歌唱力の高さをしっかり伝えます。

続きを読む>

ANANG & KRIS DAYANTI / DILANDA CINTA

    それぞれソロでも人気のクリス・ダヤンティ&男性歌手アナンのオシドリ夫婦による5作目のデュエット・アルバム〜2009年作です。バラード調スロー・ナンバーを中心に、すっかり大人の雰囲気のクリス&アナンによるデュエット歌集となりました。

続きを読む>

ANDEZZZ & V.A. / POLYCHROMATIC

ドライヴィング・ミュージックにも最適なレイドバック感!ソウルフルなハウスに定評がある、ジャカルタ・ハウス・ミュージック・シーンで活躍中のDJ/プロデューサー、アンデス。ヴィクター・デュプレやジャイルス・ピーターソン、マーク・ド・クライブ・ロウとも共演し、来日経験もあるという超実力派です。本作では全面的に女性ヴォーカル、男性ヴォーカルをフィーチャーし。クラブ/ …

続きを読む>

JAMIE ADITYA GRAHAM / LMNOPOP!

抜群の歌唱力とスタイリッシュなR&Bサウンド! インドネシアの司会者/俳優/歌手のジェイミー・グラハムは2012年にアルバム“LMNOP”でデビュー。このアルバムはその続編となるもので、前作同様、モダンなアーヴァン・ソウル/R&B寄りの音作りとなっています。そして何と言っても歌唱力が抜群。アジア人離れした、こなれた感じのブラック・フィーリング …

続きを読む>

KABAR BURUNG / PESAN

まるでポール・マッカートニーが書いたよう? インドネシア産甘く切ないメロディアス・ポップ! アクースティック楽器中心のシンプルなバンド編成にバイオリンや鉄琴が加わったポップ・グループ、カバル・ブルン。ソフトで甘酸っぱいメロディといい、ハーモニーの繊細な重ね方といい、ポール・マッカートニー系統のメジャー・センスを感じさせるサウンドです。将来的にはインドネシアの …

続きを読む>

WORO & THE NIGHT OWLS / DON’T LET THIS WORLD MAKE US BETTER

浮遊感が気持ちいい上質なポップ・アルバム 女性SSWウォロ(ヴォーカル/ギター/キーボード/シンセサイザー)を中心に、ディティア(ベース)、ハリス(ドラム)のリズム隊がその脇を固めるトリオ・グループ、ウォロ&ザ・ナイト・オウルズ。ドリーミーで落ち着いたポップ・サウンドを主軸としながら、ダウンテンポ、ソウル、アンビエント、トリプホップなどの要素も加味しています …

続きを読む>

SKASTRA / PERSONA

インドネシア産アーバン・スカ・ジャズ・サウンド! インドネシア産・アーヴァン・スカ・ジャズ・バンド、スカストラがセカンドをリリースしていましたよ。女性ヴォーカル、アルドゥリのピュアで透明感のある歌声はもちろん本作でも健在。ホロウ・ボディ・ギター/エレクトリック・ギター/キーボード/ドラム/ベース/トランペット / バリトン・サックスが織りなす都会的センス溢れ …

続きを読む>

PLUTO / INTERSECTION

“冥王星-交差点” プルートは、ナラ(ボーカル、ギター)、ジュネット(ギター)、アンドレ(ベース)、オジーク(ドラム)というメンバーによる、ドリーム・ポップ・カルテットです。 バンドは2017年1月初旬にバリのデンパサールで軌道に乗り始めました。本作は2019年リリース、ホームス・レコーディング(宅録)によるアルバムです。 このバンド …

続きを読む>

ENDAH N RHESA / REGENERATE

日本デビューも果たした夫婦アクースティック・ポップ・デュオ、待望の新作 リラックスしたアクースティック・ポップ・センスが人気のエンダー/レサによる夫婦アクースティック・ポップ・デュオ。2005年にリリースしたファースト・アルバム“Nowhere To Go”は、自主制作盤であったにもかかわらずインドネシア国内で大ヒットを記録し、さらには同作がインドネシア・ミ …

続きを読む>

IMAGINARY FRANK / EXPERIMENTAL BELLY

ジャカルタのビートーメーカーによる2018年作、ということになりますが、ネット上にデータ見事になし、実にレアーですね、たぶん。 1 Smell Of A New Book 2 Cengkareng Elok 3 Experimental Belly 4 Kampoeng Galeri 5 Bubble Room 6 Gloomrise Kingdom 7 D …

続きを読む>

RASVAN AOKI / TYAGA

インドネシアで生まれた、とろけるように甘く切ないアーヴァン・ラヴァーズ・ロック! とろけるように甘く切ない歌声が魅力的な女性シンガー、ラスヴァン・アオキことインタン・リスタ・リニ。そしてジャマイカ音楽やメロウ・ジャズの心地よさを知り尽くしたギタリスト、ラスヴァンことショーファン・クスマ・フィルダウスによるインドネシアのレゲエ・ユニット、ラスヴァン・アオキ。彼 …

続きを読む>

go top