CHAVELA VARGAS

チャベーラ・バルガスは1919年コスタリカ生まれ、少女期にメキシコに移りました。そこで両親は離婚してチャべーラを残して去り、子供時代には難病にかかるなど相当に苦労したようです。が、1950年代に至りアカプルコでプロのランチェーラ歌手として歌い始めます。ホロンゴを纏い男装し葉巻をくわえ、常に銃を携帯し男勝りに痛飲する女性歌手として次第に有名になり、42歳の時( …

続きを読む>

LILA DOWNS / PECADOS Y MILAGROS, Edicion Especial

☆CD&DVDスペシャル・エディションにて! メキシコ先住民オアハカ出身の女性シンガーソングライターの2012年作です。オアハカのフォルクローレ、あるいはノルテーニョ&ランチェーラほかメキシコ歌謡スタイルに、ファンクやジャズ、カリビアン&オルタナティヴな感覚を装い歌うリラ・ダウンズの2012年作!タイトルは “罪と奇跡” の意〜いかにもメキシコらしい?マジッ …

続きを読む>

SONIDO GALLO NEGRO / CUMBIA SALVAFE

メキシコのアングラ・シーンで密かに盛り上がる謎のクンビア・バンド、遂に日本登場!チカーノ・バットマン好きにもオススメ!メキシコ・シティの下町から登場した謎のクンビア軍団、ペルーのアマゾン地帯から生まれたアーシーなダンス音楽チーチャを現在に甦らせ、黒魔術のような装いで、猥雑で粘っこいクンビア・サウンドの渦を巻き起こし、アンダーグラウンドの匂いをぷんぷんと漂わせ …

続きを読む>

JULIETA VENEGAS / REALMENTE LO MEJOR

ラテン・グラミー受賞の前作で一躍メキシコ若手を代表するポップ・ロックィーンとなったフリエタ・ベネガスの07年暮れのベスト盤が入荷しています!アコーディオンをフィーチュアーしたクンビア・ロック「デ・ミス・パソス」この冒頭の1曲で、なんかOKですね…。メキシコならではの情緒をタイトなビートに乗せ、楽しませてくれますよ。

続きを読む>

V.A. / QUILOMBO RADIO progreso rhythms vol.1

現在NYを拠点に、LA~マイアミ~ラテンアメリカのアングラ・ヒップホップ・シーンで活躍するメキシカン&MC、ボカフロハが中心になって編集された貴重コンピ盤。フルート、ワウワウギター、フェンダーローズなどが入ったジャズ・ファンク/ソウル・ネタが満載された高揚感溢れるオーガニック・ヒップホップ・トラック集。まだまだ日本で知られていない、ハイセンスなサウンドメイカ …

続きを読む>

ALLA / ES TIEMPO

メキシコにルーツを持つ在米シカゴの男女3人組アラが、ベルギーのクラムド・ディスクから新作をリリース~ブラジリアンをベースに、モータウン、ジャーマン・ロック?メキシカン・フォークロア&クンビアなどをミクスチュアー!60年代っぽいキッチュ&キャッチーなサウンドに、カラフルなスペイン語歌が生きています!

続きを読む>

LILA DOWNS / LA CANTINA

先住民の血をひくというメキシコの気鋭女性ヴォーカリスト/SSW=リラ・ダウンズの新作は、カンシオン・ランチェーラ&ムシカ・ノルテーニョ!マリアッチ風楽団やテックスメックス系コンフントと従えて、伝統的なスタイルでセンティミエントあふれる歌を聞かせます。メキシコ女性らしいドスの効いた唱法、各種ギターのアンサンブルとも、超オーソドックスなのに、どこかオルタナティヴ …

続きを読む>

LILA DOWNS / SHAKE AWAY

リラ・ダウンス08年作~もちろんメキシコや北米チカーノ音楽やラテン・ロックやR&B等々の様々なスタイルで、いつもの七色の声を聞かせてくれるわけですが、今作のバンド、なかなかイイ!西海岸のラテンJAZZミュージシャンやテックス・メックスのアコ奏者、ソン・ハローチョの弦楽器奏者などなど、豪華なバッキングでヒップなメキシカン・ロックを楽しませてくれます。英語西語チ …

続きを読む>

LILA DOWNS Y LA MISTERIOSA / EN PARIS -LIVE A FIP

メキシコ、オアハカのフォルクローレをファンクやジャズを取り入れながら現代的に歌う女性歌手リラ・ダウンズの09年パリでのライヴアルバムです。彼女の夫でクラリネット奏者のポール・コーエンやバルカン・ビート・ボックスにも参加する日系トロンボーン奏者ダナ・レオンら凄腕メンバーが集う8人組バンドを引き連れ、リラの歌声はまるでヴードゥーの女司祭のように神々しいですね。自 …

続きを読む>

中南米マガジン編 / メキシコ音楽タコス

2004年11月1日発行 全164ページ A5版 メキシコ音楽タコス これぞメヒコ!ランチェーラの世界 現代メヒコのロック&ポップス 日本で活躍するラテンアーティスト 名物オーナーのメキシコ・レストラン こいつは刺激的! メキシコ音楽ワールド図鑑 この本を読めば、あなたも立派なメキシコ音楽通になれる! 〜だそうです。

続きを読む>

HUICHOL MUSICAL / DESDE MEXICO…CUMBIA CUSINELA

何だか、久々に思いっきりメキシコしてますねえ…。ギター類2本、ヴァイオリン2本、そしてダブルベースという先住インディオのウイチョル人によるアコースティックな5人組~冒頭&ラスト(リミックス)に収録された“クンビア・クシネーラ”がスマッシュ・ヒット中の若手ということになりますが、どうもこれがまた、古臭いですねえ~、嬉しくなってしまいます。基本的には …

続きを読む>

TRIO LOS VIGILANTES

テキサスを拠点に、ナイロン弦ギター、レキント・ギターなどの楽器を奏でながら、美しいハーモニーでボレロを歌い上げる3人組、トリオ・ロス・ビヒランテスによる珠玉の作品集。トリオ・ロス・パンチョスの「カミネモス」、「シン・ティ」、シナトラやコルトレーン&J・ハートマンで知られる「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ」、ジョビン作曲&ヴィニシウス作詞「ハウ・インセンシ …

続きを読む>

NATALIA LAFOURCADE / MUJER DIVINA POR, Homenaje a Aguetin Lara

CLIP DVD が付きました!1984年生まれ、両親ともに大学教授だというベビーフェイスのメキシコ若手シンガー・ソングライター、ナタリア・ラフォルカデ4作目のアルバムは、メキシコを代表する作曲家、アウグスティン・ララ(1900–1970)の曲をロリータ・タッチ(&デュオ)でカヴァーした意欲作!?哀愁のランチェーラ、ボレーロ、ワルツ、カンシオーンを淡々と自ら …

続きを読む>

ALONDRA DE LA PARRA & DENISE GUTIERREZ, ELY GUERRA, NATALIA LAFOURCADE / TRAVEISO CARMESI – EDCION ESPECIAL

アロンドラ・デ・ラ・パーラといえば、フィルハーモニック・オーケストラ・オブ・ジ・アメリカスを組織しメキシコから現れた若きマエストラ、女性指揮者ということで…、当店始まって以来、とうとう掟破りのクラシック音楽入荷か!?となるわけですが、ま、気に入ってしまったんだから仕方がないし、内容的には当代メキシコを代表するさまざまなタイプの若手人気女性歌手3人 …

続きを読む>

go top