LILA DOWNS / SALON LAGRIMAS Y DESEO

メキシコ女性SSW、リラ・ダウンズの新譜はこれまでと違いますねえ、歌い口もしっとりめ、題して「涙と欲望のサロン」? スタンダードなメキシカン・ボレロやカンシオンのカヴァーも多く収められた内容となています。 これまで、自らの出自、オアハカの血を意識してかしないでか、多くレパートリーは、メキシコのカントリーサイド、あるいはメキシコ / 合衆国のボーダーや、カリブ …

続きを読む>

LUIS GARCIA / CERCA DE TI

フリオ・グティエレスのバンドの歌手からキャリアをスタートさせ、メキシコなど中南米でも活躍したキューバのボレロ系歌手で作曲家でピアニストでもあったルイス・ガルシア。“フィーリンの王様”というニックネームがつけられているように、スウィートながらモダーンでクールな歌い口が魅力です。本作は、1968年U.S.A.に移り住んでから発売したと思われるアルバムのストレート …

続きを読む>

AYMEE NUVIOLA / EN LA INTIMIDAD

キューバ出身・在マイアミ、NG前身のバンド、 SIGLOの歌手だったアイメー・ヌヴィオラによる新録アルバム。 12曲中4曲とキューバン・サルサ少なめ、バチャータが1曲、 ほか、中心となるのはボレーロ感覚のバラーダ& キューバンPOPとなっています。 にしても、ムラータらしいイイ声していますねえ! >☆試聴可!

続きを読む>

TITO NIEVES / QUE SEAS FELIZ

なんかメキシコ歌謡の匂いがするトロピカル / サルサ路線の新作です。歌にかけている感じ、サルサをちょっとハミ出している感じ、なかなか新鮮ですね!ピアニスト/アレンジャー、ラモン・サンチェス&セルヒオ・ジョージ、パーカッションでディエゴ・ガレも参加!豪華布陣を敷いています。

続きを読む>

go top