V.A. / TOP 20 CORRIDOS DELINCUENTES

チャリーノ・サンチェス>参照をはじめとするナルココリードの流れを今に引き受ける、主にメキシコ北西部のクリアカンで活動する武勇伝コリード歌手&コンフント20選ということになります。こわおもて以外の何ものでもないジャケットですが、音楽のかたちとしては20世紀前半に成立したポルカ&ワルツ・リズムによるメキシカン・コリード / アコーディオン・コンフントの伝統を今に …

続きを読む>

CHALINO SANCHEZ / 15 EXITOS 15

メキシコ、クリアカン(ドラッグウォーで有名な土地柄)出身のナルココリード(チカーノ系ギャングスタラップのルーツにして、アコーディオン使いのワルツやポルカで歌われる定型詩バラッド〜メキシカン・コリードのサブジャンル)シーンにおける伝説の自作自演男性歌手、チャリーノ・サンチェス(1960-1992)のベスト盤です。で、チャリーノは6歳の時、父親が亡くなった後、姉 …

続きを読む>

V.A. / TRIOS ROMANTICOS, FIN DEL MUNDO

★Los Grandes Tríos Románticos Que Debes Escuchar Antes del Fin del Mundo 全100曲!パンチョスはじめ、トレス・ディアマンテス、ビルヒニア・ロペス、トレス・アセス、エルマノス・マルチネス・ジル、トレス・レジェス、トリオ・カリベ、カラベラス、ダンディーズほか、メキシコを舞台に繰り広げられた …

続きを読む>

LILA DOWNS, NINA PASTORI & SOLEDAD / RAIZ

久々の再入荷!メキシコ系のリラ・ダウンズ、スペインはフラメンコ系のニーニャ・パストーリ、アルゼンチン、フォルクローレ系のソレダーという3人3様ラテン系女性共演プロジェクトCDです(不覚にも刈谷のYさんに教えていただくまでリリースに気づきませんでした。感謝!)。それぞれの背景となるルーツ(=ライース)を背負いつつも、幅の広いパフォーマンスで人気を得て来た3人〜 …

続きを読む>

SILVA GRACIANA ” NEGRA” / MOLIENDO CAFE AUX PORTALES

シルバ・グラシアーナはメキシコ南東部のベラクルース出身のアルパ(ハープ)奏者。同地はスペイン侵略の入口となり、最もスペイン化した地域でもあり、この地域に住む人々はハローチョと呼ばれ、独自の文化を形成しています。そんな界隈のカフェで歌っていたシルバは60歳を過ぎてからその才を見い出され、1992年にファースト・アルバムを発表~その後、ヨーロッパ・ツアーなどに出 …

続きを読む>

LOS SOBERANOS / FRANCAMENTE

  1959年結成のメキシカン・ギター&ヴォーカル・トリオの2004年作です。37枚のアルバムを録音し、未だ現役、メキシカン・ボレーロの伝統を守り続ける人気トリオの一つですね。 △参考▽ 以下収録曲です。 1 Dulce, Dulce 2 Cuando Estoy Contigo 3 Abrazame Asi 4 Francamente 5 Esp …

続きを読む>

TRIO LOS PANCHOS / IN NEW YORK 1944-1945

トリオ・ロス・パンチョス/ニューヨークのトリオ・ロス・パンチョス1944~45(限定盤) 最高のメキシカン・トリオがデビュー直後にニューヨークで残した幻の録音の数々!〜日本でも親しまれたメキシコ最高のグループ、トリオ・ロス・パンチョスは、実はアメリカのニューヨークで結成されたグループだった。それは 1944年のこと。それから45年までの2年間はニューヨークを …

続きを読む>

LOS CAMPEROS DE VALLES / MEXICAN SONES HUASTECOS: EL AVE DE MI SONAR

生命力あふれるヴァイオリンと哀切極まりないファルセットに宿るメキシコの魂〜 メキシコ北東部に位置し、メキシコ湾を臨むウァステーカ地方。ここは先住民であるウァステーカ人がかつて独自の文明を築いていた。そんな地方で 育まれた音楽がソン・ウァステーコだ。ウァパンゲーラとハラーナというギター系の弦楽器がそれぞれアンサンブルの土台を担い、そこに自由闊達な生命力あふ れ …

続きを読む>

VIRGINIA LOPEZ / LA VOZ DE LA TERNURA

★ビルヒニア・ロペス『プエルト・リコのボレーロ姫』 ★とうとう出ました!女性ボレーロ決定盤の登場ですね、もちろん選曲音質申し分ナシ!ギタートリオをバックに歌い綴る名曲の数々、そしてシルキーなオーケストレーションに活きるエレガンスな名唱!〜その柔らかな歌い口を飾るほんのりとした哀愁ビブラート、もう、たまりません。チャーミングこの上ない発声ながら、それでいて深い …

続きを読む>

MONNA BELL / SUS PRIMEROS EP’s 1959-1961

スペインでリリースされて廃盤となっていた2CDが、いつの間にかUSで複刻されていたので、再入荷ということになります(やや印刷悪し、でも音質はOK です)。この女性歌手モナ・ベルことノラ・エスコバル、チリ出身1938年生まれで~メキシコを足場にスペインやアルゼンチンほか、広くラテン世界で人気 を得て、90年代まで活躍しました。が、正直なところ、60年代も半ばを …

続きを読む>

go top