FRANCESCO GUCCINI / L’ULTIMA THULE

イタリアを代表するカンタトゥーレ / シンガーソングライターの一人、1940年生まれ、1967年にLPデビューしてから後、こちら2012年作は25枚目にあたるオリジナル・アルバムです。 http://rispieghiamoguccini.blogspot.jp/2012/11/lultima-thule-anticipazione.htm

続きを読む>

RENATO CAROSONE / MADE IN ITALY

  レナート・カロゾーネ(1920-2001) 〜ナポリ生まれのエンターテイナー、 ジャイヴやジャズ、ラテンを取り込み、 いまにもナポリターノらしいコンボ・ スタイルで歌ったピアニスト / 歌手 / 作曲家! 1950年代から活躍しました。洒落てます!

続きを読む>

ACQUARAGIA DROM / ROM KAFFE

●ヴォーカル、ギター、クラリネット、ツィンバロム、バイオリンを操る五人組として、サルタレッロ(13世紀のナポリで流行ったダンス)、タランテッラ、タムリアテス(フォークダンス)といったイタリアのロマ・コミュニティにも古くから伝わるスタイルを取り入れ演奏。と同時に、最近のジプシー・キャラバンの新しいグルーヴ/リズムも追求。●今作は彼らのスタイルにふさわしい豪華ゲ …

続きを読む>

ZINA / AFREEQUE

イタリアの奇才チェザーレ・デッランナ主催のマグレブ/地中海系ユニット=ジィーナのセカンドが届きました!またまた謎めいたジャケットですねえ、ピストルにブラシがついてます…。で、この09年作でもモロッコ、パレスチナ、チュニジアと北アフリカ/アラブ系のシンガー&ミュージシャンを中心にした音作りがされているわけですが、う~ん何というか、良かった頃のシンク …

続きを読む>

LAURA VILLA / BOSSA NOVA

イタリアン・ボサ女性シンガー、ロウラ・ヴィラ~ブラジルのシヴーカとも親交のあった女性歌手ということで、補作は1962年のフランス・ポリドールのレアー・アルバム~デザフィナード / ワンノート・サンバ / シェガ・デ・サウダージほかの有名曲を本格的に歌い綴っています。マニア待望のCD化!

続きを読む>

SILVIA MALAGUGINI, MAURIZIO RINALDI / VAGA LUNA

中世イタリア歌曲、伝承民謡、ヴェルディのアリアなど、シルヴィア・マラグジーニ(歌)とマウリツィオ・リナルディ(ギター)というヴェテラン男女による18 曲です。地味ながらいかにもイタリア古謡らしい典雅な趣きが、情熱的な歌い口&端正なギターとともにダイレクトに伝わる得難いCDとなりました。ダブルディジパック装。歌詞(伊語-仏語-英語)ブックレット付き! http …

続きを読む>

AMIRA KHEIR / VIEW FROM SOMEWHERE

これは聴いたことないタッチ。イタリア生まれ、現英国在住のスーダン人女性SSWアミーラ・ヘイルの11年デビュー作。スーダンのスアド・マッシとでも言いましょうか。スーダン~ヌビア音頭的なヨナ抜き音階を用いながらも洗練されたジャズ~アコースティックソウル化した女性ヴォーカル作品です。ウードやコラ、ダルブッカなど民族楽器が散りばめられ、アーシャやヤエル・ナイムよりも …

続きを読む>

MASSIM RANIERI / HOLLYWOOD

  1998年、ナポリ出身の俳優でありカンタトゥーレ、マッシモ・ラニエリによるPOPオペラ?OSTとなります。フランク・シナトラを敬愛するマッシモらしい、オールドファッションな曲が並び、古き良きハリウッドに憧れたナポリの人々の憧れを舞台化~そして歌曲化したアルバムと言えるでしょうか? 以下、関連在庫品! MASSIMO RANIERI / VENT …

続きを読む>

ENZO GRAGNANIELLO / RADICE

70年代後半デビューのナポリターノ/ヴェテラン・カンタトゥーレ / あのロベルト・ムーロロに歌を提供したこともあるエンツォ・グラニャニェッロの新作です。で、渋いですねえ~先のエウジェニオ・ベンナート名作“スポンデ・サウディ”あたりと共通するつくりでしょうか?淡々と南を歌いあげています!

続きを読む>

ALFIO ANTICO / GUTEN MORGEN

ムシカノーヴァ参加でも知られるシチリア生まれのヴェテラン・パーカッショニスト(大型タンバリン)にしてSSW、アルフィオ・アンティーコ新作(長いキャリアの4作目)です!シンプルな中にも繊細なリズム感覚が活かされバックが秀逸ですね。3/8または6/8といったタランテラに共通するタンバリン弾き語りにおいて、訥々と南イタリアを謳歌しています。

続きを読む>

LUCILLA GALEAZZI / ENCORE BELLA CIAO

イタリアを代表するフォーク・シンガー、ルッチーラ・ガレアッチィ61歳~その昔はエレキ楽器を民謡に導入し、ムジーカ・ポポラーレを今日化した貢献者の一人であり~闘士肌のプロテスト歌手にしてイタリアの伝統を重んじる才女です。この新録は1964年に初演されたカンツォーネ・スペクタクル『ベラ・チャオ』へのオマージュをギター2本のみのバックで朗々と歌い綴ります。まさに大 …

続きを読む>

BOBO RONDELLI / L’ORA DELL’ORMAI

イタリアはトスカーナ / リヴォルノの人気バンド~1991年結成のオッタヴォ・パディッリォーネのリード・ヴォーカルだったボボ・ロンデーリ11年ソロ新作です。メランコリックなカンツォーネ調、バンダ・スタイルのマーチ風、大道芸っぽいフォークロア調、オールドタイミーなラグライムやハワイアン風、あるいは骨太なフォーク・ロックなどなど、それぞれに歌い口を変えながら、さ …

続きを読む>

go top