TONY ONE WEEK / HONORABLE MEMBA

2011年作ですが、この感じ、実にイイ!ちょうどイイですね!?ナイジャPOP系のゴスペルなんでしょうか?クリスチャン・ミュージックだとすると、随分にぎやかというか、ノリノリで楽しそうーなんですが…。16年の新譜も聴いてみましたが(>★)、どちらかと言うと、こっちの方が面白かったので推させて下さい(2021年9月4日にUPされている配信シングル曲も …

続きを読む>

BURNA BOY / TEWICE AS TALL

  バーナ・ボーイ、本名ダミニ・オグル、ナイジェリア南部はハートコートで1991年に生まれ、2011年にシングル・デビュー/ファースト・アルバムは2013年リリース〜2015年セカンドは>こちら、そしてグラミー受賞2019年のサードは>こちら。   あの、フェラ・クティの最初のマネージャーだったラジオ・パーソナリティー&ディレクターであり …

続きを読む>

TENI / BILLIONAIRE

2021年の新作アルバム ” WONDALAND ” が世界的に話題を呼んでいるテニですが、その新作、今のところナイジェリア盤CDの存在確認できず、今回は入荷しませんでしたが、代わりに、というつもりだったか、当方レゴス駐在員が1年ぶりの帰国、前作をたくさん買って来てくれたのでした…。ま、まいったなあ、ということにもなります …

続きを読む>

YEMI ALADE / WOMAN OF STEEL

>題して “鋼の女”、う〜ん、よくわかりませんが、 ふくよかで、柔らかそうですが…?? それにしても、この自在にリズミカルで、 POPさ満点のしなやかな歌声、 なんだか、場違いですが、キューバンの女王、 セリア・クルースを思い出したりして…。 セリアといえば、 アンジェリック・キジョも参加していますね! 素晴ら …

続きを読む>

BURNA BOY / AFRICAN GIANT

バーナ・ボーイ(ナイジェリアはハートコート1991年生まれ、2011年にシングル・デビュー/ファースト・アルバムは2013年リリース)、あの、フェラ・クティの最初のマネージャーだったラジオ・パーソナリティー&ディレクターであり音楽評論家、ベンソン・イドニエのお孫さんで、音楽家を志すに及び、祖父の薫陶を受けたそーです。加えて、父親はレゲエ/ラガマフィンのコレク …

続きを読む>

PHYNO / DEAL WITH IT

フィノこと本名 Azubuike Chibuzo Nelson〜 ナイジェリア南東部、エヌグ州は 1986年生まれのイボ系ラッパーにしてシンガー、 敏腕プロデューサー。こちらが2019年の最新作 サード・アルバムとなります。 ヘヴィーなラップ曲から、ハイライフPOP、 フットワークのイイ、”アフロビート”まで! (なお、この場合のアフロビートは、 …

続きを読む>

go top