NG LA BANDA / EN LA CALLE UNA VEZ MAS

キューバのティンバ(ハード・サルサ)の祖で、日本では作家、村上龍氏が何度も招聘し来日したお馴染みエネヘー・ラ・バンダの2014年新譜。フロントのヴォーカル陣をはじめ、人気沸騰した1990年代からすでに若返りが計られていますが、ファンキーなサウンドや独特なホーン隊のフレーズなど曲作りを担うリーダーのホセ・ルイス・コルテス=トスコ節は随所に健在で、自らのフルート …

続きを読む>

MINYESHU / BLACK INK

再々々々々々入荷 !! いつものように>こちらで紹介されています(無断リンク陳謝!)。オランダ在住のエチオピア人美形シンガー、2013年作です。オランダのクラブ系ユニットZUCO 103の中核、Stefan KrugerとStefan Schmidらがプロデュースや作曲で参加し、アコースティック楽器からエレクトロニカまで自在に行き来しながらも、エチオピア音階 …

続きを読む>

LUCAS SANTTANA / SOBRE NOITES E DIAS

★ルーカス・サンターナ/夜と昼に 2010年代のブラジル音楽シーンを変える男ルーカス・サンターナ トロピカリア~初期MPBからサンバ/ボサ・ノーヴァ/ファンキといったブラジル音楽をベースに、エレクトロニックとアクースティックの調和をはかった個性豊かなサウンドでいま熱い視線を集めているのが、バイーア出身のルーカス・サンターナだ。その彼が2014年に制作した6作 …

続きを読む>

BANDO

サルサの故郷、プエルトリコから届いたトロピカル色濃厚な極上ラテン・ロック/ファンク!ファジーなギター、コズミックなエレピ、グルーヴィーなベース、哀愁溢れるスパニッシュ・ヴォーカル。伝統音楽から70sラテン・ファンクまでダウン・トゥ・アースなサウンドの系譜を感じさせるレア・グルーヴ度満載のサウンド。さらに極彩色のサウンドを湿らせるプエルトリコ音楽独特の「センテ …

続きを読む>

SLIM ALI & THE HODI BOYS / 70’S POP!

「モンバサにいながら、メンフィスを夢想したオトコ」1970年代のケニアで活躍した、アメリカのファンクやソウルに影響を受けたバンドSlim Ali & the Hodi Boys。イギリスのARCから、彼らのポップなヒット曲ばかりを集めたコンピ盤登場。パワフルなサックスにギラギラのギターのリフ、明るくあっけらかんとしたレゲエ〜ラテン趣味もイイ! (全曲 …

続きを読む>

EBRULIMUHARREM / FUNKY ARABESK

Ebru Gerçek Karaer & Muharrem Karaer 〜ファーストネームをあわせて、EBRULIMUHARREM ということで、ロンドンを拠点に活動するというエブルとムハレームのカラエル夫婦によるヴォーカル(&ピアノ)をメインとするユニット、エブリムハーレムのセカンド・アルバムとなります。いかにも、一度外に出て(ロンドンから)再発 …

続きを読む>

MATUTO / S/T

ブラジルのノルデスチ(北東部)音楽を主武器に、ロックやブルース、ジャズ、ファンクなどを掛け合わせたブルックリンを拠点とするユニークなバンド、マトゥトによる2009年のデビュー作です(本作は11年のドイツ盤)。仕掛け人は、打楽器奏者シロ・パチスタのもとでブラジルのリズムを身につけたギタリストのクレイ・ロスと、こちらもやはりシロ・バチスタとの共演歴を持つ、リラ・ …

続きを読む>

SANTERO featuring BOOGAT / Tambores de Afrika ; El Besito

ベイエリア発最先端ラティーノ・ダンス・ビート! アフロリシャス、リコ・パボン、バン・データ、ラ・ミサ・ネグラ、ロクーラなど… 強力なラテン・バンドが次から次へと飛び出してくるベイエリア。サンフランシスコ~オークランドを中心にするベイエリアの新しいラテン・サウンドの特徴は、ストリート直系の濃厚なエナジーとどこか親しみやすいハートウォームなサウンド。00年初頭、 …

続きを読む>

BLACK WAX / ON BLACK WAX

【宮古島の宝、”BLACK WAX”の初アナログ盤 限定発売決定!】  宮古島を拠点に活動を続けている、4人組ジャム・ファンク・バンド。 ジャズやレゲエ、ブラジル音楽などが混じり合った音楽をインストで演奏し、制作には近­年宮古の神唄・古謡にアプローチし続けているプロデューサー、久保田麻琴氏が参加して­いる。 今回は、彼らの2ndアルバ …

続きを読む>

EMMANUEL HORVILLEUR / MUSICA Y DELIRIO

  アルゼンチンを代表するヒップホップデュオ、イリャ・クリャッキの片割れ、エマヌエルの初ソロアルバム2003年作。メロウ、そしてポップなソウル感覚が光るファンク・ロックを展開。フェルナンド・サマレアも参加しています。

続きを読む>

URSULA 1000 ‎/ HERE COMES TOMORROW

NYのプロデューサーにしてマルチインストゥルメンタリスト、Alex Gimeno レトロな未来派、エレクトロ・ラテン+デュスコ+サイケ&ガレージなラウンジ・リヴァイヴァル!?って、言っても、何も伝わりそうもありませんが…、渋谷系に影響されたという発言もありました。   1 Kaboom! 3:43 2 Hello! Let’s Go …

続きを読む>

THE APPLES / FLY ON IT

☆ジ・アップルズ / フライ・オン・イット 2DJ、ホーンセクションを含むイスラエルの大所帯ファンク・バンド The Apples、2012年作5thアルバムの日本盤がついに登場! ザ・ミーターズやレア・グルーブを極めたドラムとウッドベース、最高のヴォイシングと音色を誇るホーン・セクション、ギターや鍵盤は省き、DJ2名という潔さは今時のテルアビブならでは。ミ …

続きを読む>

V.A. / BLACKCELONA 2

“A collection of soul & funk music from the city of Barcelona”というコンセプトで全ておわかりでしょうが、今作はルンバ・カタラーナでもなく、メスティサヘ/マヌ・チャオ系でもないバルセロナのまた違った側面を切り取ったコンピの第二弾。 ブラックといってもアメリカのオールド …

続きを読む>

BLACK WAX / VUDU-EEE ヴドゥ・イー

粘り繰り返されるファンキーなリズムの上、見事にフロントを支え挑発しエネルギーを備給するキーボードの後ろ盾を得て、イケムラ・マリノのサックスは神聖とさえ思える“何か”に向かって上昇したのである。ー いとうせいこう ●前作が、ピーター・バラカン氏が選んだ2013年個人ランキング2位に選出されるなど、各方面で大きな話題になった、ミャーク(宮古島)の土着のジャズ・フ …

続きを読む>

go top