V.A. / TOUS CES MOTS TERRIBLES, Hommage A Francois Beranger

☆V.A. / フランソワ・ベランジェ・トリビュート〜これらのひどい言葉〜 フランス1968年5月革命から40年。反体制歌手フランソワ・ベランジェへ捧ぐ。あのサンセヴェリーノがリスペクトしてやまない、ベランジェへ捧ぐアルバム。 万華鏡を覗いているかのような多彩なサウンドと突き刺さる言葉。フランソワ・ベランジェ(1937-2003)は、学校をやめてルノー自動車 …

続きを読む>

NICOLE LOUVIER / …ET SES CHANSONS

☆ニコル・ルーヴィエ / 忘れじのニコル・ルーヴィエ 1953-1957 1950年代。 まだ性の解放も女性の自立も認められていなかった時代。 彗星のごとく現れた、一人の「自由な女性歌手」。 小説においては、同世代のフランソワーズ・サガンと比肩する才能と言われ、シャンソンでは同じ時期にデビューしたジョルジュ・ブラッサンスと比較された。 そして、そのあまりに「 …

続きを読む>

VIKA TSYGANOVA / ZOLOTOJ AL’BOM

元々劇場歌手として活動しており、1990年にソロ・デビューしたヴェテラン・ロマンス歌手の2014年最新ベスト。打ち込みのトラック、演歌調エレキ・ギターにクラシカルなシンセサイザーとかなりアクが強いサウンドにのせて、伝統的な歌謡曲をハスキーな声で歌います。かなり癖になる歌声/サウンドです。(サプライヤーインフォより) △参考

続きを読む>

MOUSSU T E LEI JOVENTS / OPÉRETTE

★ムッスー・テ & レイ・ジューヴェン / オペレット *今回の再入荷品には、戦前 “オペレット・マルセイエーズ” 本アルバム収録曲のオリジナル・ヴァージョンほか、全18曲SP音源が収録されたボーナスCDがもれなく付きます! ★来日公演も大好評だった、南仏マルセイユの英雄、カリスマ・レゲエ・バンド、マッシリア・サウンド・システムのリーダー、タトゥーと …

続きを読む>

V.A. / MAI 68, Début d’une lutte prolongé pour en finir avec le travail…”

長いタイトルは「68 年5月 – 労働にケリをつけるための長い闘争の始まり」という意味です。EPM から既に数種出ている「五月革命」コンピレーションの再統合2CD。CD1 は、68 年の運動スローガン(たとえ彼らがすべての花を切り倒すことができたとしても、彼らに春の訪れをさまたげることはできない)や短詩としてバリケードの壁に書かれた有名なフレーズ …

続きを読む>

TINO ROSSI / 1932 – 1950

☆ティノ・ロッシ/魅惑の歌 1932~1950 ついに登場! シャンソン史上最高の美味を味わわせる男性歌手の初期ベスト盤 一説にはこれまで世界中で5億枚以上を売り上げているとも言われる、コルシカ島出身のシャンソン歌手ティノ・ロッシ(1907~83)。幼いころより美声で知られ、十代後半にフランス本土にわたり、すぐさま人気を獲得。32年に初録音を経験して以降、生 …

続きを読む>

EMILY LOIZWAY / REVISITED, Piano Cello Sessions

エミリー・ロワゾーが今年あたまから行っているピアノ(ロワゾ−自身)+チェロ(オリヴィエ・クーンドゥーノ)の二人ぼっちコンサートツアーのライヴ録音。「シスター」「世界の果て」「ガーデン・オブ・ラヴ」など近作3枚のアルバムのレパートリーの他に、ダリダの「ジジ・ラモローゾ」、ニール・ヤングの「ポカホンタス」、イヴ・シモンの「この子」のカヴァーも。(サプライヤーイン …

続きを読む>

AGNES BIHI / MERCI MAMAN MERCI PAPA

アンヌ・シルヴェストル、アラン・ルプレストの影響が濃い、シリアスとユーモラス半々のシャンソン・ア・テクスト派、1974 年生れのアニエス・ビールの5枚のアルバムのうち、最も評価の高かった2005 年アルバム『メルシ・ママン、メルシ・パパ』の復刻再発。ジョルジュ・ブラッサンスの「娼婦の嘆き歌」のカヴァー入り。13 曲中9曲まで、日本で評価の高いジャズ・ピアニス …

続きを読む>

PATACHOU / 1950-1961

1918 年生れですけどまだ元気です。95 歳。1950 年代モンマルトルの女王と呼ばれ、自らの歌手の成功だけでなくその店からブラッサンス、ギ・ベアール、アズナヴール、レオ・フェレなどを育てた肝っ玉姐御、パタシューさんの50 年代録音集2CD。ダニー・ラルマン選曲・監修。24 ページブックレット。 CD1 À SAINT-LAZARE (1950) • LA …

続きを読む>

JEANNE CHERHAL / HISTOIRE DE J.

3月10 日に出ました。テレラマ「ffff」です。ジャンヌ・シェラルの5枚めのアルバム。2012 年にヴェロニク・サンソンの記念碑的アルバム『アムールーズ』(1972 年)の40 周年記念に、ジャンヌ・シェラルが『アムールーズ』完全コピーコンサートを敢行したのです。(サンソン本人は完全コピーしようにも全然声が出ないので、このトリビュートをものすごく喜んでまし …

続きを読む>

NEVCHE / RETROVISEUR

ジャック・プレヴェールの未発表詞でアルバムを作ったことで話題になったマルセイユ在のシンガーソングライターの3枚めのアルバム。誰にも憶えられない「フレデリック・ネヴシェイルリアン」という長々しい名前を約めて「ネヴシェ」と改名。新アルバムはジャン・ラムート(バシュング、ノワール・デジール、ラファエル、ガールズ・イン・ハワイ、リヴィエール・ノワール…) …

続きを読む>

LE LARRON / AMATEUR

ジェーン・バーキン、リダン、ローズなどへの曲提供者、ル・ラロンの2枚めのアルバム。トム・ウェイツ、ザ・ルーツ、アルノーに近いやさぐれた男歌が特徴。リザ・ポルテリをフィーチャーした2曲が NICE !!  

続きを読む>

TRIO ESPERANCA / DOCE FRANCA

*58 年に結成、Regina, Eva, Mariza の3 姉妹によるアカペラ・コーラス・グループ、トリオ・エスペランサの最新作が登場です。 *75 年にリリースされた作品『トリオ・エスペランサ』が90 年代の半ばにリバイバル・ヒット。音楽業界華やかなりし時にCD 屋を賑わしそれからも早20 年の時が経ちますが、一時的なブラジル帰国を経て、近年またフラン …

続きを読む>

PIGALLE / T’INQUIETE…

ある種、異様な風体のフランソワ・アジ・ラザロ率いる4人組シャンソン・バンド、ピガール4年ぶりの新作、だそう。が、本作はバックのメンバー3者は参加していない模様。フランソワ一人で19もの楽器をこなした多重録音アルバム、だそう。とにかく、トレイラーっぽい youtube 映像をご覧あれ、風体に似合わぬ繊細さも垣間見せるクラフトマンシップ溢れるご機嫌なシャンソン・ …

続きを読む>

go top