JAQUES BREL / SUIVRE L’ETOILE – Intégrale 21 CD – Edition limitée

最高のシャンソン歌手、と言っていいでしょうね。ジャック・ブレルの限定12000セット、ということです。1927年にベルギーで生まれ、1978年にパリで肺癌で亡くなってしまったブレルが残した310曲コンプリート・コレクション! < high-definition sound 24bits/96khz ! Mastering HD >〜ということで、 …

続きを読む>

V.A. / L’ESPIRIT ANARCHISTE 1820 – 1990

“パリ・コミューン” から 1968年の “5月革命” まで、無政府主義者と絶対平和主義者たちの精神を汲み作曲されたシャンソンを集めたオムニバス2CDです! 歌うは以下の歌手たち〜Pierre-jean De Béranger , Marcel Clément , Rouget De Lisle , Alexis Bouvier , Pierre Surgè …

続きを読む>

STROMAE / “√ ” (Racine Carrée)

“エレPOPのジャック・ブレル” と呼ばれているそうです。本当ですねえ、イイ歌です。父親は1994年のルワンダ大虐殺で殺されたそうです。母はベルギー人なので、ルワンダ系ベルギー人男性歌手ということになるのでしょう(ところで、ジャック・ブレルはフランス人だと思っている方も多いようですが、彼はベルギー人です〜が、フランス語で歌うということがシャンソンの条件であり …

続きを読む>

SALIF KEITA / SOSIE

94年に発売が予定されながらも、中止となったアルバム『ソジィ』。長い沈黙を破り、世界に先駆けて、今、日本に登場。70〜80年代のフランスを象徴するゲンズブール、イジュラン、フェレら左翼系アーティストの名曲をサリフは堂々と歌いあげている。サリフ自ら名付けたアルバム・タイトル『ソジィ』とは仏語で「うりふたつ」という意味。黒人でありながら白人に見られるアルビノのサ …

続きを読む>

LILI CROS & THIERRY CHAZELLE / TOUT VA BIEN

ハハハ、新譜と間違えて13年作を複数オーダーしてしまったのでした…。でも、改めて聞き返してみるとコレが、どーして、新譜にも劣らずリラックス&ストレンジなナイスPOPアルバムじゃありませんか!ミスオーダーなので、スペシャル・プライスで〜 ベーシストのリリ・クロ(♀)&マンドリン/ ウクレレ/ ギターのチエリー・シャゼル(♂)のデュエット・アコーステ …

続きを読む>

JULIETTE / NO PARANO

初夏あたりに来日が決定しているというジュリエット(2011年当時)は、当代一の実力シャンソン歌手です by (無断リンク&無断引用すみません!)。この人の真価はステージにあるそうです。だから、テレビに出演することやレコードCDの売上には興味がない、という種の発言もしているそうです。「私の人生なんてつまらないものだし、友だちと一緒にプレイステーションで遊ぶよう …

続きを読む>

蒲田耕二 『聴かせてよ愛の歌を』“日本が愛したシャンソン100”

蒲田耕二さんの新刊・力作です! ◁ 本の内容に沿い厳選された25曲入りCD付き !! P.480 ~ 100曲のシャンソンについて、ベル・エポックの時代から、シャンソンの黄金時代、戦後シャンソン、そしてパリ発ワールド・ミュージックまで、蒲田さんならではの辛口で、ご自分の耳に正直な批評が展開されます。巻頭には美麗なオリジナルLPジャケットがカラーで掲載され、巻 …

続きを読む>

V.A. / BRASSENS, ECHOS D’AUJOURD’HUI

世界で愛されたブラッサンス / カヴァー集第2弾!今度は過去の歌い手によるカヴァーではなく、タイトル通り、今日活躍中のアーティスト達によるカヴァー集です。ハイチ / ブラジル / モンゴル / USA / スウェーデン / トリニダード等々から集められた音源です。つまり、今もってブラッサンスは如何に世界中でリスペクトされているか、というコンピレーション。 1 …

続きを読む>

V.A. / BRASSENS, ECHOS DU MONDE

イキナリ越路吹雪で始まる世界のブラッサンス・カヴァー集!ほか、ニーナ・シモンやダニエル・ワロや、カリーナ・イグレシアスや…つまり、いかにジョルジュ・ブラッサンスがボーダーレスに愛されていたかという、そういうコンピレーションです。 01. Fubuki, Koshiji “Les amoureux des bancs publics&# …

続きを読む>

V.A. / BRASSENS CHANTE PAR

ジョルジュ・ブラッサンス作品カヴァー集!近年活躍中のオルタナティヴとマヌーシュ・スウィング系、ヌーヴェル・セーヌ系のアーティスト6組(イヴ・ジャメ、レ・ゾーグル・ド・バルバック、アニエス・ビール、ドゥブー・シュル・ル・ザンク、アルドベール・ウィーパース・サーカス)による11曲! 1. Les passantes / Debout Sur Le Zinc 2. …

続きを読む>

BARBARA / INTERPRETE BRASSENS, BREL, MOUSTAKI, BARBARA…1955-1961

バー・レクリューズ時代の録音から、ブラッサンスやブレル、ムスタキといった先達の歌をレパートリーとした50年代後半の録音集〜そして、自らのオリジナルを歌う60年代初めの録音まで、異才を放つシャンソン女性歌手、バルバラが一番良かった初期録音3CDベスト、ということになります! CD 1 BARBARA – PREMIERS ENREGISTREMEN …

続きを読む>

DAMIA 『シャンソンの悲劇女優』

ライス・レコード独自の企画によるシャンソン・アルバムもこれが3枚目。いよいよシャンソンの代名詞とも言える大歌手ダミアの登場です。女王エディット・ピアフの先輩であり、お手本でもあったダミアは、シャンソンの歴史の中でもっともディープな歌声聞かせてくれた歌姫。「暗い日曜日」などは戦前の日本でもすでに親しまれていました。このアルバムはそんなダミアの生涯の代表作を録音 …

続きを読む>

EDITH PIAF / LA VOIX LA CHANSON FRANCAISE 『シャンソンの声』

『シャンソン歴史物語』に続いて、ライス・レコードから再びシャンソンのアルバムが登場~今回のテーマはエディット・ピアフ。シャンソン史上最高の女性歌手の名唱を集めた極上の1枚です。それも選曲は完全に内容重視/ワルツ重視!「愛の賛歌」も「バラ色の人生」も入ってません。初期のウイウイしい歌声から全盛期の名演まで、その録音を年代順に追いながら、ピアフを通してシャンソン …

続きを読む>

LES FOUTEURS DE JOIE / LA BELLE VIE

卜ム・ポワソンと4人のメンバーによるレ・フートゥール・ド・ジョワ〜アコーディオン、ギター、バンジョ一、ウクレレ、ダブルベース、チューバによるコーラス・ユニットの2013年デビュー作!バンド名は「レ・フー卜ウール・ド・ジョワ」と読み、「歓喜をまき散らす男たち」という意味。実にフレンチ、時にガレージ、時にブルーグラスで、オルガン・ワルツで、テキーラで似非ラテンで …

続きを読む>

go top