BARBARA / INTERPRETE BRASSENS, BREL, MOUSTAKI, BARBARA…1955-1961

バー・レクリューズ時代の録音から、ブラッサンスやブレル、ムスタキといった先達の歌をレパートリーとした50年代後半の録音集〜そして、自らのオリジナルを歌う60年代初めの録音まで、異才を放つシャンソン女性歌手、バルバラが一番良かった初期録音3CDベスト、ということになります! CD 1 BARBARA – PREMIERS ENREGISTREMEN …

続きを読む>

DAMIA 『シャンソンの悲劇女優』

ライス・レコード独自の企画によるシャンソン・アルバムもこれが3枚目。いよいよシャンソンの代名詞とも言える大歌手ダミアの登場です。女王エディット・ピアフの先輩であり、お手本でもあったダミアは、シャンソンの歴史の中でもっともディープな歌声聞かせてくれた歌姫。「暗い日曜日」などは戦前の日本でもすでに親しまれていました。このアルバムはそんなダミアの生涯の代表作を録音 …

続きを読む>

EDITH PIAF / LA VOIX LA CHANSON FRANCAISE 『シャンソンの声』

『シャンソン歴史物語』に続いて、ライス・レコードから再びシャンソンのアルバムが登場~今回のテーマはエディット・ピアフ。シャンソン史上最高の女性歌手の名唱を集めた極上の1枚です。それも選曲は完全に内容重視/ワルツ重視!「愛の賛歌」も「バラ色の人生」も入ってません。初期のウイウイしい歌声から全盛期の名演まで、その録音を年代順に追いながら、ピアフを通してシャンソン …

続きを読む>

LES FOUTEURS DE JOIE / LA BELLE VIE

卜ム・ポワソンと4人のメンバーによるレ・フートゥール・ド・ジョワ〜アコーディオン、ギター、バンジョ一、ウクレレ、ダブルベース、チューバによるコーラス・ユニットの2013年デビュー作!バンド名は「レ・フー卜ウール・ド・ジョワ」と読み、「歓喜をまき散らす男たち」という意味。実にフレンチ、時にガレージ、時にブルーグラスで、オルガン・ワルツで、テキーラで似非ラテンで …

続きを読む>

ALI, L’EPICIER DE MONTMARTRE / UN DISQUE DE QUALITE !

映画”アメリ”で再び日本人観光客が押し掛けるようになったというモンマルトルの丘…。で、映画に登場した、あの八百屋さんの本当の店主(憎まれ役のあの俳優さんではありません=現存する八百屋さんの本当のご主人アリさんです)が、観光客相手に自分で作ったCDを売ったところ、これが大人気だそうで…、で、そのCDがコレ!マグレヴ系の店主アリさんが、モ …

続きを読む>

DOMINIQUE CRAVIC & LES PRIMITIFS DU FUTUR / CONCERT AU NEW MORNING

ロバート・クラムも参加しているレ・プリミティフ・デュ・フュチュールの結成25 年を記念しての初DVDです。4 枚めのアルバム“トリバル・ミュゼット”の後のそのほとんど全参加者をステージに上げた夢のライヴ~09年11月於けるニューモーニング // ピエール・バルー / フランシス・ヴァリス / アラン・ルプレスト(この8月15 日に死去) / ラウール・バルボ …

続きを読む>

SERGE GAINSBOURG / INTEGRALE SERGE GAINSBOURG ET SES INTERPRETES VOL.2 1960 – 1962

>>こちらに続く「ゲンズブール(+その歌手/演奏家)全録音集」の第2弾です。オリヴィエ・ジュリアン&フレデリック・レジャン監修。60~62年というフランスのロックンロール/イエイエ誕生期のゲンズブールの録音にゲンズブールが曲を提供した有名&無名の歌手たち(ジュリエット・グレコ、フィリップ・クレイ、ペトゥラ・クラーク、カトリーヌ・ソヴァージュ&#8 …

続きを読む>

MARC PERRONE / LES P’TITES CHANSONS DE

☆マルク・ペロンヌ / レ・プテイット・シャンソン “パリ・ミュゼット”のアルバムで、 存在感溢れるアコーディオンの音色を聞かせてくれた マルク・ペロンヌ3年振りの新譜! “ミュゼット”と”シャンソン”が一体となった心暖まるアルバム。 メルシー!マルク! ★アルチュール・アッシュ★マルセ …

続きを読む>

GUILLAUME APOLLINAIRE / LES VOIX DE LA POESIE – LE POETE ET LES SALTINBANQUES

キュビスム~シュルレアリスムの詩人、マリー・ローランサンとの恋愛を描いた「ミラボー橋」で知られるアポリネールの代表的な詩のシャンソンと朗読の2CD(キキ・ド・モンパルナス,イヴ・モンタン,レオ・フェレ,ジュロス・ボーカルヌ,アポリネール自身….)に収録。CD3はレオ・フェレ作曲のオラトリオ『嫌われ者の歌』(国立フランス放送管弦楽団)。 http: …

続きを読む>

SERGE GAINSBOURG / Integrale Serge Gainsbourg Et Ses Interpretes 1957-1960

幅広い人気のフランス人作曲家、歌手であるセルジュ・ゲンズブール初期録音全集(1957-1960)の登場です。~3CD66曲、初CD化の11曲を含みます!本人の自作自演以外にも彼の楽曲を取り上げた歌手の録音も含まれているファンにはこたえられないコンプリートな作り~いわゆるシャンソンを唄っていた時代のピアノ、ギターの弾き語り風からジャズ・コンボ、ビッグ・バンド編 …

続きを読む>

BORIS VIAN / ET LE JAZZ

ここにきてまたまた再評価熱の高まっているボリス・ヴィアン。短い生涯において、ニューオリンズとデューク・エリントンを愛し続けた彼が作曲、演奏、歌を歌った1947年から55年に制作されたジャズ作品ばかりを集めた編集盤。ヴィアンの入門CDとして最適です。 Boris Vian et son orchestre (1947) 1 WHISPERSING (AH! S …

続きを読む>

MAGYD CHERFI / CITE DES ETOILES

これはオヤジの生き様がバリバリに出た傑作です!南仏のアラブ・フレンチ・ミクスチャー・バンド、ゼブダのリーダー、マジッド・シェルフィ初ソロです。ルノー~ネグレス・ヴェルト系のダミ声の仏語かたり歌で、シャンソン・ブレイクビーツ、ミュゼット・パンク、アル・アンダルース・シャンソンなどなど、アレンジから歌声まで激濃いオヤジ・アルバム。そこはかとなく漂うマグレブの香り …

続きを読む>

CLAUDE NOUGARO

うう~、カッコイイですねえ!フィーリンですよ?? ジャズ世代のシャンソニエ、トゥールーズ出身の詩人クロード・ヌガロ1959年のファースト・アルバムがCD化されていたなんて、知りませんでした。2004年に惜しくも亡くなってしまいましたが、ポルタメントを多用、甘くジャジーな歌声はまさにフィーリン???(こればっかり、ですな、最近…)本CD収録の冒頭曲 …

続きを読む>

HENRI SALVADOR / TANT DE TEMPS

素晴らしい内容だったので再入荷です!>>こちら で詳しく紹介されています。 無断リンクすみません!故アンリ・サルヴァドールの90年代の未発表曲9曲に、60年代の2曲の代表曲を足した初CD化曲集~にして、ラスト・アルバム。プロデューサーは晩年の復活劇を後押ししたバンジャマン・ビオレ。傑作「サルヴァドールからの手紙」からのアウトテイクでしょうか、まろやかな自ら奏 …

続きを読む>

go top