VICTOR O / REVOLUCION KARIBEANA

マルチニックの黒い予言者!ヒップ・ホップ、レゲエ、ソウル、ルーツ音楽をミックスした、アクースティックなレベル・ミュージックの登場です!1968年マルチニック生まれ、11歳の時に両親とともにパリに移住。そして20年間、プロデューサーとしてそしてミュージシャンとして仏ヒップ・ホップからヴァリエテ音楽を手がけてきたものの、5年前家族とともにマルチニックに帰郷~そし …

続きを読む>

CHYCO SIMEON / OZANAM

フレンチ・カリビアン・ファンク!?ズーク関係のスタジオ・ミュージシャンとして活躍してきたベーシスト=シコ・シメオンのソロ・アルバムです。シンプルなバッキングにおいて、グァドループ系のビート感を刻むチョッパー・ベースが存分に楽しめるインストゥルメンタルが並びます!     参考~http://www.facebook.com/video/v …

続きを読む>

LOLITA CUEVAS / HAITIAN FOLK SONGS

プエルト・リコ生まれながらハイチに育ったロリータ・クエバス、その端正な歌声で人気を博したそうですが、なるほど“小学校の先生”(by BUNBONIさん) みたいな歌声で、ハイチのフォークロア/クレオール・ソングを淡々と歌い綴ってくれます。なお、10インチLPそのままの復刻なので、8曲20分少々と収録時間は少なめです。 無断リンクすみません!http://bu …

続きを読む>

V.A. – FIELD RECORDINGS / HAITI VODOU, The Voodoo Drums of Haiti

02年現地録音~ハイチのキリスト教&西アフリカ/ヨルバ系シンクレティズム=混淆宗教ヴゥードゥーの儀式で行われるパーカッション・アンサンブルをドキュメントしたCDです!この春のハイチ地震救済のため、英国~”RED EYE MUSIC” が企画したチャリティー・アルバムということで、売り上げの一部はハイチ義援金として寄付されるそうです。デ …

続きを読む>

V.A. / SPIRITS OF LIFE – HAITIAN VODOU

UKの名門レーベルSOUL JAZZ がリリースし、評判の高かった~ハイチのヴードゥー・ドキュメントCD再発です!ブラジルのカンドンブレ、キューバのサンテリア、トリニダードのシャンゴ信仰とほぼ同じアフロ起源の宗教音楽です。バタ・ドラムほか各種パーカッションで延々とリズムが打ち鳴らされ、司祭の唱える神様召還の詩が表情豊かに歌われます。同じくSOUL JAZZか …

続きを読む>

V.A. / RARA IN HAITI

UKのSOUL JAZZ レコードがハイチの首都ポルトー・プランスでカーニバル時期にフィールド録音したララのアルバムです。キリスト教起源の復活祭の期限中に行われる“ララ”に際し、街を練り歩く行列において打楽器アンサンブル&ヴァクシーヌ(ナチュラル・トランペット)等で演奏されるララは、ハイチの民間信仰“ヴードゥー”に根ざした祝祭でもあり、ララで演じられるパレー …

続きを読む>

JAMES GERMAIN / KREOL MANDINGUE

68年ポール・ト・プランス生れ、幼少からプロテスタント教会のゴスペルと密教ヴォードゥーの儀式で歌っていたそうです。95年にベートバ・オバスなどの協力でコンパ/ズークのデビュー・アルバムを発表~力強いゴスペル風ヴォイスとファルセットを使う高音域の伸びが売りでした。97年にジャック・ブレルのカヴァーを含むセカンド発表の後、西アフリカはマリに移住、マリのミュージシ …

続きを読む>

AZOR / LIVE Haitian spiritual wind vol.2 -Live at Tokuzo

ハイチの宝、として尊敬されているのアゾールによるタイコや唄は、チロロ直系と言えるもので、アフリカ起源のヴードゥー教や民間で伝承されてきたタイコや唄のエッセンスを凝縮、誰でも楽しめるような演奏です。本作も全編でハイチのタイコの「メロディアスである」という特徴が表出されていて、スローからエキサイティングなナンバーまで、タイコと唄だけと言うことを忘れさせてくれるよ …

続きを読む>

RONY THEOPHILE / COEUR KARAIBES

フライング気味に>こちらでご紹介いただきまして、各方面から矢の催促をうけたまわっておりましたグァドループ出身の“プチ・ラルフ・タマール”ことロニー・テオフィル(歌手兼作詞作曲家兼ダンサー兼振付師のマルチな色男)~お待たせしました、入荷しました!その内容=非ズーク系グウォ・カやモダン・ビギン、マズルカ、そしてコンパ!キューバン、レゲエ~といった曲想を魅惑のクル …

続きを読む>

AURELIO / LARU BEYA

中米のベリーズやホンジュラスといった国々に暮らすアフロ系混血人のガリフーナ人。そんな彼らのコミュニティに息づいてきたのがパランダと呼ばれる音楽で、その現在若手実力派ナンバーワン歌手といえるのがこのアウレリオ・マルティネス~本作はそのアウレリオが久々にリリースした最新アルバムで、アフリカに起源を持つガリフーナ人たちのアイデンティティを、ギター弾き語りを基本にす …

続きを読む>

V.A./ BAHAMAS, GOOMBAY 1951-1959

好評だった>>『ジャマイカ・メント』に続く、フランス随一の英語圏カリブ音楽研究家であり、かのゲンズブールのレゲエ・セッションの仕掛け人としても知られるブルーノ・ブリュムが監修した1950年代のカリブ海バハマ諸島の音楽=グーンベイの複刻2CD!フロリダ半島に近いバハマの島々で、トリニダードのカリプソ、ジャマイカのメント、米国のリズム&ブルー …

続きを読む>

DAVID WALTERS / HOME

フランス・マルセイユより、カリブ海マルティニーク島の血を引く~クレオール・ソウル・シンガー登場!ソウル/ロック/レゲエ/カリビアン/アフロのパーソナルなミクスチュアーを、アコースティック&エレクトロニック・サウンドが解け合ったオーガニックなソウルに仕立てています!アシャとの共演・共作曲、ヒューマンビートボックスでカバーしたジミヘンの「ファイア」も収録!このV …

続きを読む>

GASTON “BONGA” JEAN-BAPTISTE / KANZO, VODOU BEATS

現在はNYで活動するブークマン・エクスペリアンスのオリジナルメンバー(打楽器奏者)だったボンガことガストン・ジャン=バティストの00年作デッドストックCDRが初入荷!各曲ごとに伝統リズム名の表記があり(~イボ/マスカウォン/ペトゥ/ナゴ/ヤヤティ・コンゴ/ララ等々) 基本、各種パーカッション・アンサンブルによるハイチ伝承曲を演奏しつつも、曲によって親指ピアノ …

続きを読む>

THIERRY FANFANT / SIME LANMOU

☆ティエリー・ファンファン『シメ・ランムー』 1964年~グァドループを代表する音楽一家に生まれ、80年代からベース奏者として様々なアルバムに参加~なんとその数400枚以上!そして本作が初のソロ・アルバム!これまでのキャリアと交友を反映した多彩なゲスト陣には、御大ラルフ・タマールやデデ・サンプリ、そしてトニー・シャスール!女性歌手のカリーン・ギオック、あるい …

続きを読む>

MARIO CANONGE / MITAN

去年、来日もしてくれたマルチニック出身のピアニスト=マリオ・カノンジュの最新スタジオ録音アルバムです!タイトルの「ミタン」とは Mi -Temps すなわちハーフタイムのこと。ピアニスト歴20 年を期して、人生の「ミタン」を音楽で表現する、ということでしょうか?キューバン、ビギン、ゴスペルにまたがるカリビアン・ジャズ、ヴェテランによる円熟の芸です。参加アーテ …

続きを読む>

go top