AZOR / LIVE Haitian spiritual wind vol.2 -Live at Tokuzo

ハイチの宝、として尊敬されているのアゾールによるタイコや唄は、チロロ直系と言えるもので、アフリカ起源のヴードゥー教や民間で伝承されてきたタイコや唄のエッセンスを凝縮、誰でも楽しめるような演奏です。本作も全編でハイチのタイコの「メロディアスである」という特徴が表出されていて、スローからエキサイティングなナンバーまで、タイコと唄だけと言うことを忘れさせてくれるよ …

続きを読む>

RONY THEOPHILE / COEUR KARAIBES

フライング気味に>こちらでご紹介いただきまして、各方面から矢の催促をうけたまわっておりましたグァドループ出身の“プチ・ラルフ・タマール”ことロニー・テオフィル(歌手兼作詞作曲家兼ダンサー兼振付師のマルチな色男)~お待たせしました、入荷しました!その内容=非ズーク系グウォ・カやモダン・ビギン、マズルカ、そしてコンパ!キューバン、レゲエ~といった曲想を魅惑のクル …

続きを読む>

AURELIO / LARU BEYA

中米のベリーズやホンジュラスといった国々に暮らすアフロ系混血人のガリフーナ人。そんな彼らのコミュニティに息づいてきたのがパランダと呼ばれる音楽で、その現在若手実力派ナンバーワン歌手といえるのがこのアウレリオ・マルティネス~本作はそのアウレリオが久々にリリースした最新アルバムで、アフリカに起源を持つガリフーナ人たちのアイデンティティを、ギター弾き語りを基本にす …

続きを読む>

V.A./ BAHAMAS, GOOMBAY 1951-1959

好評だった>>『ジャマイカ・メント』に続く、フランス随一の英語圏カリブ音楽研究家であり、かのゲンズブールのレゲエ・セッションの仕掛け人としても知られるブルーノ・ブリュムが監修した1950年代のカリブ海バハマ諸島の音楽=グーンベイの複刻2CD!フロリダ半島に近いバハマの島々で、トリニダードのカリプソ、ジャマイカのメント、米国のリズム&ブルー …

続きを読む>

DAVID WALTERS / HOME

フランス・マルセイユより、カリブ海マルティニーク島の血を引く~クレオール・ソウル・シンガー登場!ソウル/ロック/レゲエ/カリビアン/アフロのパーソナルなミクスチュアーを、アコースティック&エレクトロニック・サウンドが解け合ったオーガニックなソウルに仕立てています!アシャとの共演・共作曲、ヒューマンビートボックスでカバーしたジミヘンの「ファイア」も収録!このV …

続きを読む>

GASTON “BONGA” JEAN-BAPTISTE / KANZO, VODOU BEATS

現在はNYで活動するブークマン・エクスペリアンスのオリジナルメンバー(打楽器奏者)だったボンガことガストン・ジャン=バティストの00年作デッドストックCDRが初入荷!各曲ごとに伝統リズム名の表記があり(~イボ/マスカウォン/ペトゥ/ナゴ/ヤヤティ・コンゴ/ララ等々) 基本、各種パーカッション・アンサンブルによるハイチ伝承曲を演奏しつつも、曲によって親指ピアノ …

続きを読む>

THIERRY FANFANT / SIME LANMOU

☆ティエリー・ファンファン『シメ・ランムー』 1964年~グァドループを代表する音楽一家に生まれ、80年代からベース奏者として様々なアルバムに参加~なんとその数400枚以上!そして本作が初のソロ・アルバム!これまでのキャリアと交友を反映した多彩なゲスト陣には、御大ラルフ・タマールやデデ・サンプリ、そしてトニー・シャスール!女性歌手のカリーン・ギオック、あるい …

続きを読む>

MARIO CANONGE / MITAN

去年、来日もしてくれたマルチニック出身のピアニスト=マリオ・カノンジュの最新スタジオ録音アルバムです!タイトルの「ミタン」とは Mi -Temps すなわちハーフタイムのこと。ピアニスト歴20 年を期して、人生の「ミタン」を音楽で表現する、ということでしょうか?キューバン、ビギン、ゴスペルにまたがるカリビアン・ジャズ、ヴェテランによる円熟の芸です。参加アーテ …

続きを読む>

GOLDEE / LE MOI DE MAY

いずれ夏ですから~今年もまた再入荷!早くもジョエル・ウルスル2世という声も上がっているようですが >>こちらで (無断リンクすみません)、~これだったら当店周辺のオヤジィーの皆さんも納得の超・夏向きPOPアイテム!マルチニック出身のゴールディー嬢デビュー // ZOUK LOVE ’09年作~しかも日本男性贔屓だとぉ~!ホントか!?と …

続きを読む>

BAYLAVWA

「バイヤヴワ」と何だか覚えにくい名前ですが、音はマルティニーク版ボーイズ2メンとあえて言いましょう。ソフトでスムースな男声コーラスグループです。と言うと当店のお客様の中にはちょっと引いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、なんと言ってもネタがマルティニークですから! マラヴォワやアル・リヴラなどのビギン曲、アンリ・サルヴァドールの「恋のやまい」ではラルフ …

続きを読む>

LE STEEL BAND DE LA TRINIDAD / MAGIE CARAIBE

本作はスティール・パンのアルバムとしてとみに評判の高いフランス / アリオン社による1972年トリニダード録音。サマータイム / 褐色の肌の少女 / イエロー・バード といったスタンダード・ナンバーにまじって、カリプソの名曲も収録~加えて“ インプロヴァイゼーション~”と題されたカリプソ・ジャズの2曲がまた秀逸!スティール・パンの持つ豊穣な音色&トリニダード …

続きを読む>

V.A. / GARIFUNA, ANCESTRAL TRAVELLERS OF THE AFRO-CARIBBEAN

キューバン・ルンバやヴードゥー&ララといったカリブのパーカッション・ミュージックを現地録音して来たUKソウルジャズ・レーベルの新録・労作です。カリブの逃亡奴隷と先住インディオ=カリブ族の混血民として、現在もベリーズ、ホンジュラス、ニカラグアに点在し、細々と命脈を保っている約30万人のガリフナの人々に伝えられたパーカッション音楽をドキュメントしています。アフロ …

続きを読む>

IFETAYO BLACK TRUTH RHYTHM ORCHESTRA / LOVE EXCELLS ALL

UKのSOUNDWAY、クンビアに続きグッジョブ! 1988年にはナイジェリアに赴き、フェラ・クティのエジプト80に参加したトリニダード・トバゴのアフロセントリックなベーシスト、オルコ・イモが1975年に地元で結成し、76年にリリースされた幻のアフロ・カリビアン作品が複刻CD化! オルコ・イモはベース、パーカス、スティールパンやカリンバそしてヴォーカルまで担 …

続きを読む>

MIZIKOPEYI / KA WOUVE ZEL-LI

ゴージャスかつエレガント!マルチニックの若大将トニー・シャスール率いる総勢21人のビッグ・バンドが繰り広げるフレンチ・カリビアン・マジック!これはもう、最高にご機嫌です!マラヴォワ、サキヨのメンバーとして来日したこともあるマルチニックの若大将トニー・シャスール率いるビッグ・バンド=ミジックオペイ(「故郷からの音楽」という意味)の最新アルバム~総勢21名(ホー …

続きを読む>

FRED DESHAYES

この名前、これで“デエ”と読むそうです。フレッド・デエは21世紀フレンチ・カリビアンのトップグループ ソフト/Soft のリーダーだそう。これが初のソロアルバムになります。その名の通り、ソフトでアコースティックで官能的でうっとりな音楽をクリエートしてきた人です。サトウキビの甘さですね。でもよくよく聴くとトラッドなリズム&メロディー使いが所謂ズーク一般とは一味 …

続きを読む>

go top