HOANG LE VI / CON MAI TIEC NUOI Vol.6

ヒエン・トゥックとばかり 思っていましたが、違いました。 唇の横にホクロがありました (って、よくよく見れば顔が違う)。 ベトナム女声POP、 ホアン・レ・ヴィの6作目、 ホーチミン・メイドのロマンティック歌謡、ですね。 (初入荷と書きましたが、ホアン・レ・ヴィの 熱心なファン、京都の向日町さんからご連絡、 以前、入荷してますよ、 と、う〜ん、記憶力が&#8 …

続きを読む>

HÀ VÂN / CHUYẾN XE LAM CHIỀU, NHẠC SĨ VINH SỬ

ハー・ヴァンの2016年秋の作(>こちらと同時発売された模様)。なぜか微妙な違いで2種類のジャケ、ですが、同内容。ジャケ右上の方にある青い続け字はハー・ヴァンのサインでしょう。今回再入荷品にはサインなし、向かって右側のピンクの小花があしらわれたジャケでの再入荷です。ヴィン・ス(1944-)というサイゴン生まれの作曲家、往年の曲を歌い綴った作になるそうですから …

続きを読む>

V.A. / VIETNAM, THE VOICE OF THE SONG HOUSE, CA TRU

  ユネスコ世界無形文化遺産に選ばれたベトナムの伝統芸能カーチュー。11世紀頃、ベトナム北部で生まれ、弦楽器ダンダイ、打楽器ファック、太鼓チョンチャウの伴奏に、ベトナム古語の詩を乗せて歌う雅やかな古謡です。 ▽参考(本CD収録の女声&ダンダイ)

続きを読む>

HO NGOC HA / LOVE SONGS

      知らないとは恐ろしいことですね、トラッド系歌手ばかり追い求めていて、ベトナムPOP界のナンバー1人気女性歌手を知りませんでした。ホー・ゴック・ハー1984年フエ生まれ、デビューは2006年、本盤は2時間20分、VOL.1-3までリリースされているベストセラー・アルバム・シリーズ”ラヴ・ソングス&#8221 …

続きを読む>

LE QUYEN / KHUC TINH XUA, Lam Phuong

お待たせしました、久々の再入荷です!去年のMM誌ベスト10ワールドミュージック部門2位になった作品ですね。 古都フエのグエン王朝廟跡で撮られた豪華縦長ポートレイト・パッケージを開けると、前作同様1曲一枚の歌詞カード、レー・クエン嬢のお姿がそれぞれ王宮遺跡のそこかしこでポーズを取っていて、前作に続いてまたまた豪華!(CDパッケージが豪華なのは、海賊盤との差別化 …

続きを読む>

HO NGOC HA / GUI NGUOI YEU CU, Love Songs collection 3

「こちらもまたレー・クエンの若手フォロアーでしょうか?アルト・ヴォイスの情歌カヴァー集ですね、バラードばかり、既に第3集なんですね、ともあれ、実力あり、と聴きました。」と書きましたが、京都のKさまから以下、情報提供ございました。「 ho ngoc ha は、le quyen よりデビューも早く、アルバムもコンスタントに出して、かなりの数になると思います。20 …

続きを読む>

GIANG HONG NGOC / DUNG ROI XA EM

          レー・クエンのフォロワーっていう感じでしょうか? も、ちょっとポップ寄りですが、 バラード中心、なんだかひたすら、 哀しい恋を歌っているような気もしますが, どんなものでしょうか? 昭和っぽい?気もします。 こちら3枚目のアルバムになるようです。>★

続きを読む>

MAT TROI DO / TRI KY

ベトナムの女子十二楽坊 か、という感じの大勢のグループで、様々なフェスやTVステージで活躍してきたというベトナム中部、古都フエの伝統音楽グループ、MAT TROI DO = “真っ赤な太陽” でしたが、約8年越しで今の4人組に淘汰、こちらはそれぞれに伝統楽器演奏し&歌う4人組になってからの2013年初アルバムだそう。CDに思いっきり& …

続きを読む>

HUONG THANH / SAÏGON

●2000年代初頭からフランスのパリを拠点に、ワールド・ジャズ~トラッド系ポップス路線で活躍。日本でも2003年のアルバム『ドラゴン・フライ』のヒットによって、アジア音楽、ワールド・ミュージックを代表する女性歌手として多くのファンを掴んだフン・タン。 ●前々作は、ベトナム伝統楽器を伴ってベトナム民謡を正面から歌い、前作では、中・韓・日のトラディショナル系奏者 …

続きを読む>

LE QUYEN / LIVE SHOW – VU THANHAN, Tinh Khuc Khong Ten

そしてこちら待望のレー・クエン、ライヴ・アルバム2CDです。こうして聞いてみると、ほぼ、レコーディング時と変わらない歌声が、より生々しく響きます。う〜ん、なんというか、こういうことを言っていいのか?アジアの女性バラード系歌謡には2つの方向があって、一つはテレサ・テン、ひたすら癒やしを与えてくれる、たおやかな歌と、もうひとつは、ちあきなおみ、どこまでも情感の生 …

続きを読む>

HA VAN / XIN TRA TOI VE

『チン・チャー・トイ・ウェ』タイトルの意味は “わたしのもとに帰って来て”>こちらがデビュー作だったハー・ヴァンの新作です(ベトナムでは2作目になるんでしょうか?US録音も幾つかある、という情報もby bunboniさん)!ファーストと同様、ベトナムで “ボレロ” とも呼ばれる1970年代前半(頃)に流行したレトロなバラード系情歌、古 …

続きを読む>

go top