V.A. / LIVE SHOW SAIGON BOLERO & HUNG

ダム・ヴィン・フン、フン・ラン、レー・クエン、クァン・レー、ドゥオン・チエウ・ウーといった男女人気歌手達が、〜ダム・ヴィン・フンその人による制作にて、戦前サイゴン歌謡(ボレロ)をミュージカル風に歌い綴ったステージ / ライヴショーの2DVD化!当店入荷品には謎のサインが…レー・クエンか? ▽早くも全部観れますが…

続きを読む>

BAY BA, VAN VI, NAM CO, NGOC SAU, HAI THOM / HOA TAU VA DOC TAU, CO NHAC, CAI LUONG

☆Thu Am Troc 1972     ポルタメント(=なめらかな音程の変化〜チョーキングと同様の効果)奏法を簡易にするフレット間が抉られたギター、ギター・フィムロンの名人、ヴァン・ヴィ(youtubeリンク、サングラスの男)のギターフィムロン・ソロ・インスト / コニャックが2曲収録された貴重なCDです!ベトナムならではの音程の揺れ …

続きを読む>

MY CHAU / LA THU MIEN TRUNG 2

☆GIONG CA, THU AM TRUOC NAM 1972 淡古 (Tân Cổ), 望古 (Vọng Cổ)〜カイルオン・ソング集ですね…。ベトナムの大衆歌謡は20世紀初めに起こった軽演劇 / 改良劇 “カイ・ルーン” の中で歌われたベトナムの伝統的な歌謡や中華風歌謡、あるいは植民者フランス経由の西洋音楽やルンバやタンゴなど、そうした多彩 …

続きを読む>

JUNE NGUYEN / JUNE, Debut

うわ〜、右の写真、生首みたいですが(縁起でもない)、ベトナムはホーチミンの新人女性歌手ジュン・グェン、25歳のデビュー・アルバムです。叙情派AOR(と言われているらしい)系ミュージシャンで作曲家、プロデューサーにして音楽評論家、TVコメンテーターとしても活躍する50歳クォック・バオの15年ぶりの恋人だそうです(どっから出てきた “15年” なのか、ツッコミた …

続きを読む>

MY TAM / TAM 9

1981年、ベトナム中央の港湾都市、ダナン生まれということですから、ミー・タン 今年37歳、2001年にデビューCDをリリース、こちら9作目の2017年12月末発売のCDとなります。当店での人気とはまた別ですが、いわゆるベトナムPOPの王道を行く女性歌手にして女優、過去アルバム(2003年作)は、ベトナム音楽史最高の売上を記録、11回のベトナム国内ベストシン …

続きを読む>

HOANG QUYEN / SONG HAP DAN

ベトナムもの買い付けいただいている◯さん情報ですが、実は、今後ベトナム買い付けができるかどうか、かなり微妙な状況になっているそうです。本盤はじめ、現地で人気の新譜CDに関しては軒並み値上がりしているそうで、その背景には Wi-Fi 整備の進行とともに、youtube 完結型音楽市場の波がベトナムにも押し寄せているということ(そうしたベトナムCD市場状況に関係 …

続きを読む>

BICH HONG / TINH Vol.5

ビック・ホン、ハノイ出身、2011年に最も愛されている女性歌手でしょう、と、明星賞をサオ・マイ・コンテストで受賞するも、2013年の2児目の出産を機に歌手としての活動を停止(太ってしまって、アオザイを着てステージに立つことができないから、という理由)、主婦として生活し、かたわらベトナム国立音楽アカデミーでの講師を勤めていたということです。で、元の体重にもどる …

続きを読む>

Nust TO NGA / GIENG QUE

*DVDは再入荷待ちとなりました。 ヴェテラン(と、お見受けしました)、いろんな意味で熟していらっしゃるザンカーの歌い手、トー・ガーの2017年作〜CD&DVDで僅少再入荷しています。>こちらで紹介されている女性歌手ですね!40歳、う〜ん、なるほど芳醇です(無断リンク、陳謝&感謝)!ダン・バウ(一弦琴)やダン・チャン(筝)でベトナムらしい揺らぎを演出する実に …

続きを読む>

NGO HONG QUANG / NAM NHI

フランス生まれのヴェトナム人ギタリストのグエン・レーともACTレーベルから共作「HA NOI DUO」を出しているヴェトナム人古典音楽奏者ンゴ・ホン・クァンのソロ作。歌はもちろん、ダンバウ、口琴、ダングェット(月琴)、ダンセン(擦弦楽器)などを多くの民族楽器をマスターしているホン・クァンがヴァイオリン、チェロといった弦楽四重奏をバックにあくまでヴェトナム古典 …

続きを読む>

MAYA / I’M NOT ALONE

完全にPOPですねえ、社会主義国ベトナムのこと、以前は当局から欧米風過ぎると当局から厳重注意を受けることもあった、と聞いていますが、もう、そういうこともなくなって久しいんでしょうね、きっと。タイトルも英語ですから…。それはともかくこのマヤ嬢、2009年デビューの30歳(2018年現在)本2016年作が2作目となるようです。ハノイ生まれのホーチミン …

続きを読む>

go top