ECE MUMAY / ODAMDAN

トルコ・ポップス・シーンに若い才能が登場! まだネット上にバイオグラフィも載っていないほど、ピッカピカの新人女性歌手がこちらのエジェ・ムマイ。マイナー調のポップ・ナンバーを中心に軽やかに歌う彼女ですが、なんと8割方の曲は彼女自身の作詞作曲。曲によってはサズを伴奏に加え、トルコっぽさを感じさせるアレンジにも挑戦しています。(サプライヤーインフォより)

続きを読む>

YILDIZ TILBE / KIS GULLERI

幅広い年齢層に人気のある女性SSWの新作! セゼン・アクスに認められ1991年にデビューしたユルドゥズ・ティルベ。子供からお年寄りまで幅広いファン層から支持されてきたヴェテラン女性SSWの彼女の2018年最新作がこちらです。1曲で彼女の師匠セゼン・アクスによる作詞作曲のナンバーがありますが、それ以外は全てユルドゥズ本人の自作曲で占められています。安定したクォ …

続きを読む>

NAZAN ONCEL / DURUM SARKILARI

人気女性SSWナザン・オンジェルが伝統風味溢れるポップス作品を発表! いまやセゼン・アクスと双璧をなすトルコの人気女性SSWナザン・オンジェルが、2014年の『バズ・シェイレル』(サンビーニャ・インポート AYSI-9021)以来となる新作を発表してくれました。 ナザン・オンジェルは1956年生まれで、アクスと同じイズミルの出身。さらに70年代に歌手デビュー …

続きを読む>

ALTIN GUN / ON

再入荷しました! アナドル・ロックの隔世遺伝! オランダ在住のトルコ人女性歌手メルヴェと男性サズ奏者エルディンジが、3人のオランダ人ミュージシャンと結成したばかりの新バンド、アルトゥン・ギュン。「黄金の日」というバンド名が示すとおり、黄金時代のトルコ音楽〜アナドル・ロックや民謡の有名曲を、2010年代型ガレージ・サイケ風味満載のファンキー・ロックに仕上げてい …

続きを読む>

SERGE ADAM, PHILIPPE BOTTA, DAVID VENITUCCI & BIJAN CHEMIRANI / HRADCANY

  フランスのジャズトランペット奏者、ネイ奏者、アコーディオン奏者が在仏イラン人パーカッション奏者のビジャン・シェミラニをゲストに招いて、バルカン〜トルコ音楽を演奏した2006年のライヴ録音、この度初入荷しました。

続きを読む>

PAMELA / YARA

 常にスポーティなイメージを押し出してきた美形ポップ歌手のパメラ嬢。もともとはブレイクビーツやアナログ・モデリング・シンセなどを使った今風のデジタル・サウンドをベースにしたポップスを聞かせてくれた彼女でしたが、ここではバンド・サウンドがメイン。曲によってはストリングスをフィーチャーし、重厚感を感じさせてくれます。 (インポーター資料から)

続きを読む>

GULIZ AYLA / PARLA

トルコ・サムスン県出身の現在29歳。18歳のころにバンドのコンテストの出場をキッカケに知られるようになり、2015年にSONYからソロ・デビュー。本作がその作品となります。なんと全曲が彼女による作詞作曲で、オーソドックスながらキャッチーで完成度の高いトルコ・ポップスを聴かせてくれます。 (インポーター資料から)   (参考映像)  

続きを読む>

SONAT BAGCAN / NEFESIM SENLE

ソナト・バージャンはどうやらあのオズギュン歌手のセルダ・バージャンの娘さんの模様。セルダのような迫力こそありませんが、代わりに女性らしい柔らかさが感じられる歌声を持っています。ここでは自身が作詞したナンバーなども披露しています。(インポーター資料から)      

続きを読む>

ZEHRA SU / VINTAGE

弊社では初紹介ですが、かなりベテラン感のある女性歌手のゼフラ・ス。ちょっとラテンぽいサウンドで聴かせるトルコ歌謡は、まるで昭和歌謡を聴いているように感じます。寄る年波にもめげず、セクシーな衣装をまとっている彼女を見ていると、ついつい応援したくなっちゃいます! (インポーター資料から、ごもっともデス!)      

続きを読む>

INTIZAR / KONU SEN OLUNCA

90年代後半より活躍する女性SSWインティザル(1974年生まれ)の新作。過去にハルクっぽい内容の作品を出していた彼女ですが、ここではややアラベスクっぽい濃厚なトルコ・ポップスを中心に披露。全曲が彼女による作詞作曲です。 (インポーター資料から)    

続きを読む>

GIZEM BERK / AYRILIGIN 4 RENGI

  コンテンポラリーなフォーク・ソングを聴かせる若手女性歌手ギゼム・ベルクの最新ミニ・アルバム(4曲入り)2018年作。注目は、5オクターヴもの声域を持つ驚異の男性歌手ジェム・アドリアンが1曲で参加していている点。ロック調の楽曲で見事なデュエットを聴かせてくれています。

続きを読む>

V.A. / UZELLI PSYCHEDELIC ANADOLU

侮るなかれ、アナドル・サイケ! って、見逃してましたよ、すみません。 1974年ドイツ / フランクフルトで立ち上げられた トルコ音楽専門レーベル “Uzelli”(90年代まで営業)が、 自らのストック音源を掘り起こしてリリースした 一味違うアナドル・ロック復刻盤! 1. Zor Beyler / Intro 2. Zor Beyl …

続きを読む>

MUSTAFA OZKENT / FUNK ANATOLIAN

★ムスタファ・オズケント/ファンク・アナトリアン ターキッシュ・サイケデリック・ファンクの襲来再び! 1960年代から現在まで第一線のギタリストとして活躍しているトルコ人音楽家ムスタファ・オズケント。国営のオーケストラでアレンジャーとしても名を馳せたムスタファは、73年に発表した>〈Genclik ile elele〉というサイケ・レアー・グルーヴ作品が後年 …

続きを読む>

ERKIN KORAY / COPCULER CEYLAN

★エルキン・コライ/チョプチュレル・ジェイラン アナトリアン・ロックの最高峰が1987年に残した作品をリイシュー! ターキッシュ・ロック・シーンにおけるレジェンドのひとりが、ギタリスト/SSWのエルキン・コライ(1941年、イスタンブル生まれ)。現在トルコで絶大な人気を博すガイ・ス・アクヨルといった若い世代の音楽家たちにも大きな影響を与えたことで知られる彼が …

続きを読む>

go top