PARIS GADJO CLUB / CAFE DU BRESIL II, Sambou Sambou


クラリネット、ギター、コントラバスからなるユニット、パリ・ガッジョ・クラブ。マヌーシュ・スウィング系のアンサンブルですが、5人編成で臨む2021年の本作は、ショーロを題材とした17年作に続きブラジル音楽のレパートリーを取り上げた内容となっています。アリ・バホーゾ、アントニオ・カルロス・ジョビン、カルトーラ、ジョアン・ドナート、ピシンギーニャ、ドリヴァル・カイミ、マルコス・ヴァーリ、そして在フランスのブラジル人シキーニョ・チモテオの「サンバ・トーキョー」なるナンバーを収録。サンバやボサノヴァ、ショーロを軽快に心地よく、とても熟れた感じに仕上げられています。カルトーラの名曲「沈黙のバラ」とドリヴァル・カイミの「バイーアの郷愁」では、女性歌手のエレーヌ・アルゴがゲストで参加。トゥーツ・シールマンス風な口笛をフィーチャーしたトラックもあり、洗練された味わいです。(サプライヤーインフォより)


1 AQUARELA DO BRASIL (ARY BARROSO) 
2 TRISTE (ANTONIO CARLOS JOBIM) 
3 AS ROSAS NÃO FALAM (CARTOLA)
4 SAMBOU SAMBOU (JOÃO DONATO)
5 CARINHOSO (PIXINGUINHA)
6 SAMBA DE UMA NOTA SÓ (ANTONIO CARLOS JOBIM)
7 FIM DE SONHO (JOÃO DONATO)
8 INSENSATEZ (ANTONIO CARLOS JOBIM) 
9 SAUDADE DA BAHIA (DORIVAL CAYMMI) 
10 SAMBA DE VERÃO (MARCOS VALLE) 
11 SÓ DANÇO SAMBA (ANTONIO CARLOS JOBIM) 
12 SAMBA TOKYO (CHIQUINHO TIMOTEO)
13 O GRANDE AMOR (ANTONIO CARLOS JOBIM).

PIERRE-LOUIS CAS (CLARINETTE)
CHRISTOPHE DAVOT (LEAD GUITAR, SOLO SIFFLÉ) 
STAN LAFERRIÈRE (GUITARE RYTHMIQUE, MÉLODICA, SOLO GUITARE) ÉRIC FOURNIER (GUITARE RYTHMIQUE, SOLO GUITARE)
LAURENT VANHÉE (CONTREBASSE)
SPÉCIAL GUEST : HÉLÈNE ARGO (CHANT).
DIRECTION ARTISTIQUE : CHRISTOPHE DAVOT

go top