WAEL KFOURY / W

ヴェテラン男性セクシー歌手!男臭いルックスに磨きのかかるレバノン出身の男性歌手ワエル・クフーリの2017年最新作。このところ毎年のように順調にリリースを重ねている彼、「キング・オヴ・ロマンス」の異名を持つ通り、濃厚なラヴ・ソングを得意としています。バラードもアップ・テンポも、そのセクシーなコブシ回しでのりこなす豪快な歌唱にうっとりさせられます。 (サプライヤ …

続きを読む>

NANCY AJRAM / AH WU NOS

    レバノン出身/エジプト系ポップの ナンバーワン・スター女性歌手= ナンシー・アジュラムによる最初にして 最大のヒット・デビューアルバム ~2004年の “AH WU NOSS” USプレスで再入荷しています!

続きを読む>

MIKE MASSY, SARY & AYAD KHALIFE / NASEEJ

レバノンのシンガー / パーフォマー / ソングライター&コンポーザー=マイク・マッシー(1982-)が、チェロのサリィ&ピアノのアヤドというハリフェ兄弟とともに作り上げたアラビック・ミクスチュアー / アラブ・アンダルース&バロック&ジャズの世界! 1 Ya Mijana, Lyrics From Folkloric Song 2 Rouhmak Ya A …

続きを読む>

FAIRUZ / THE VERY BEST OF FAIRUZ

彼女がもっとも輝いていた黄金時代とも言うべき60年代~70年代のヒット・ナンバーを中心に集めたベスト盤。ファイルーズ自身が作り上げてきた戦後のアラブ歌謡シーンが成熟を封じ込めたベスト盤です。 1. Habbeytak Bessayf 2. Addeysh Kan Fi Nass 3. La Fleur Des Cities 4. Ya Moukhtar El …

続きを読む>

FAIRUZ / REMENISCING WITH FAIRUZ

          フェイルーズ、初期作品集です。〜まさしく、珠玉というべき選曲です!ところで、本CD11曲目までの曲の並び順は、同じく “Remeniscing With Fairuz” というタイトルでレバノンのパーロフォンから1966年にリリースされていた12inch LPと同じ …

続きを読む>

IBRAHIM MAALOUF / DALIDA BY IBRAHIM MAALOUF

南イタリアはカラブリア人の血筋ながら、エジプトはカイロへ移住した両親のもとに生まれたダリダ(1933-1987)、後年フランスへ移住、歌手そして女優として活躍したことは有名ですね。晩年は幾つかの恋に破れ自ら命を断ったということですが、フランス語、アラビア語、イタリア語、英語、ドイツ語でも歌い、そのエキゾティックな歌姫としてのイメージは、洋の東西を問わず知られ …

続きを読む>

FAYROUZ / BEBALEE

これが最後になるんじゃないんでしょうか?と、言ってしまっていいのかどうか…。この11月で82歳のフェイルーズ、7年ぶり、2017年リリースの新作です(録音そのものは、2015年80歳の時だそうです)。 で、この欧州盤、冒頭曲が「オールド・ラング・サイン」~日本で言うところの「蛍の光」で始まっていて、う~ん、なんともラスト・アルバムっぽい予感がいやましますが… …

続きを読む>

TANIA SALEH / INTERSECTION

レバノンの女性SSW、これが6作目になるかと思います。いわゆるアラブ歌謡のPOP路線とも違うし、あるいはヤスミン・ハムダンのようなインディー / アンダーグラウンドなシーンから出てきた新世代のSSWとも違います。も、ちょっとアーティスティックな指向というべきでしょうか? その歌は古いアラブの定型詩にインスピレーションを受けているということですが、アラブの政治 …

続きを読む>

REVOLUTIONARY BIRDS

★Mounir Troudi, Erwan Keravec, Wassim Halal     チュニジアのスーフィー系歌手〜ラジャスタンからアンダルシアまで、チュニジアやマグレブとつながる地下水脈を歌のあり方に沿って歌おうというムーニール・トローディと、在仏レバノン系パーカッショニスト、ワッシム・ハラルによるアラブ〜地中海ドラミング!? …

続きを読む>

NANCY AJRAM / 9, HASSA BEEK

いやいや、やっぱり底力?圧倒的に充実した内容です。現地ベイルートでは、ヒバちゃんや、ジュリア嬢の新興復古派に追い上げられているかと思ってましたが、やっぱりアラブ圏全国区ナンバー1スタアだけのことあるかと。アラブPOPの明るさ、センシティブさ、加えてお色気、そして浪漫、過去、未来、あますところなく伝えてくれるその歌声!まだまだ、ナンシー嬢の時代は続くのか? や …

続きを読む>

go top