FAIRUZ / BACK TO BAALBEK


アナログLP2枚組に、各面4曲づつ&D面のみ5曲という贅沢な溝をプレスしているので、なるほど音がイイ!ちゃんとラハバーニー兄弟の認可を受けて制作されたそうですが、おそらくデジタル化されたマスターを再度アナログの音として活かすマスタリング&プレッシングをしているんでしょうね、なかなか手の込んだアナログ復刻と察せられます。
レバノンの東部、ベッカー高原の中央にある古代遺跡のある小都市で、1955年から催されたという “バールベック音楽祭” の参加が、60年代に掛けてフェイルーズの名を中東全域のみばかりか、広く世界に知らしめる布石となったのは確かで、『バック・トゥ・バールベック』を看板とするこのコンピレーション2LP は、もちろんフェイルーズ初期音源からの選曲、ということになります。
そのバールベック音楽祭より以前の、おそらく1950年代初めの A1 や D3 も含めた初期音源集ということになるわけで、これは故・中村とうようさん選曲解説で当方エル・スール・レーベルから嘗てリリースした “EARLY PERIOD OF FAIRUZ” >★(廃盤)とも、あるいは、重複する仕事かと思います。
で、実際、“EARLY PERIOD OF〜” & 特典CDR “FAIRUZ, EXIOTIC SONGS”(*印)も合わせると、この2LPの収録曲17曲のうち、9曲が重複しているわけで、なかなかの選曲と判断せざるを負えないわけですね…。
ちなみに、邦題を記した曲がとうようさん選曲と重複する曲です。
ジャケットが、これまでのフェイルーズ関連のデザイン意匠と異にするところ、確かに斬新です。が、ちょっと残念な気もしますが…。
 
LP 1
A1 El Bent Echalabeya “シャラビーの娘”
A2 Nahna Oul Kamar “私たちと月は隣同士”
A3 Mechwar
A4 Baalbek
B1 Bitchouf Bokra Bitchouf
B2 Rih Echamali
B3 Ya Mayla *
B4 Laure’s Lover “ローラの恋”
LP 2
C1 Ya Ghzeyel
C2 Hellala Leya *
C3 Maghrour “惑わされて”
C4 Ya Rabaa “土地よ”
D1 Nehna Ou Dhyab El Ghabat
D2 Laweyn Rayhine
D3 Ya Hneyna “ホナイナよ”
D4 Ya Hilou Ya Amar *
D5 Behebak Ma Ba’re

go top