NAWAL AL ZOGHBI / YAMA ALOU

これは、ちょっと驚き!どうしたんでしょう…、ナワルが変わりました!EMI-NOW系アラビック・ディスコ路線から一抜けて、成熟のアラブ歌謡伝統派に変身??聞き応えのある充実アルバム06年作です。自らCD折り込みジャケにて英語表記で語ってもいるように、自身の希望によってアラブ歌謡の伝統、歌詞と演奏スタイルを重視した作りのアルバムを作ってみた、とのこと …

続きを読む>

NAWAL EL ZOGHBI / KHALAS SAMAHET

レバノン出身、90年代以降、長らく全アラブPOPシーン最高のヒットメイカーとして君臨して来たナワール・エル・ゾグビーですが、ナンシー嬢やルビー嬢の追い上げに応えるかたちとなった前作=06年のアルバムでは、汎アラブ的なトラディショナル・ソングを歌い綴り、新境地を見せながらも、どこか気負いも感じさせた、過渡期的な意欲作と聞こえたものです…。で、さて、 …

続きを読む>

NAWAL AL ZOUGHBI / TOUL ‘OMRY

レバノンのマライア・キャリーことナワール・アル・ゾグビーの2001年作。もちろんアル・ジール(現・シャバービー)なのですが、ラテン度、フラメンコ度、キャッチー度アップ!アラブを飛び出し、南欧、南米にも飛び火するか!?(って、結局、飛び火はしませんでしたが、それにしてもたまらん美人ぶり、昔から)。

続きを読む>

JULIA BOUTROS / TA’AWANDA ALEIK…HABIBI

 既に入手困難な07年作ですが、シリア盤で入荷しました。が、おそらくCDRです。音質には問題ないと思いますが、ジャケ印刷等、ブートレグムードも漂います(シリアの国情を反映しての品質かも知れませんが…?)。ご了承の上、お買い求め下さい。 ジュリア2006年作、〜約2年間の沈黙を破って08年、ベイルートでのコンサートも行ったそうですから、今後は完全復活が期待でき …

続きを読む>

NAJWA KARAM / KHALLINI SHOUFAK

どんどん若くなるナジワ姐さんの09年作ですね。今作も濃厚なコブシまわし、バッチリ聞かせてくれるわけですが、冒頭、アラブ古典声楽っぽい即興を、ややロボ声チックなエフェクトもかけて、ヘヴィーなダンス・ビートで聞かせる曲あたり、新境地と言えるんじゃないでしょうか?それにしてもロターナ、トラックにお金がかかっていますね…。ゴージャスかつツボを抑えたバッキ …

続きを読む>

ELISSA / TESADA’A BEMEEN

00年代末、ドバイを中心とするアラブ圏の経済的な不振からか、アラブ歌謡の女性歌手がほとんどリリースされなくなってしまいましたが、このエリッサは別格でしょうか?~“レバノンのダイアモンド”と称されるほどの美しいルックスも相俟って、その人気はアラブ世界だけでなく欧米諸国でも高まっているそうです。そんなエリッサの7枚目となる09年のアルバム、このロターナ・レーベル …

続きを読む>

AMAL HIJAZI / KIF EL AMAR ?

 既に入手困難な06年作ですが、シリア盤で入荷しました。が、おそらくCDRです。音質には問題ないと思いますが、ジャケ印刷等、ブートレグムードも漂います(シリアの国情を反映しての品質かも知れませんが…?)。ご了承の上、お買い求め下さい。 いや~、08年夏アラブ女性歌手攻勢、たまりませんね!フォーデルとのデュオで大ヒットを放った01年作が出世作、その後04年作以 …

続きを読む>

NAJWA KARAM / HAYDA HAKI

素晴らしいの一言です!(って、前作のコメントにサラームが書いた一行目を流用させてもらいます。)既に40を過ぎたでしょう…、相変わらず色っぽいですねえ。レバノンの歌姫ナジワ・カラン、この夏の新作が届きました!前06年作の伝統歌謡路線と較べると、多少アル・ジール風のアレンジ曲が増しているような気もしますが、基本は変わりません。古い歌謡&民謡スタイルを …

続きを読む>

NAJWA KARAM / KIBIR’EL HOB

 既に入手困難な06年作ですが、シリア盤で入荷しました。が、おそらくCDRです。音質には問題ないと思いますが、ジャケ印刷等、ブートレグムードも漂います(シリアの国情を反映しての品質かも知れませんが…?)。ご了承の上、お買い求め下さい。  素晴らしいの一言です!ナジワ・カランの2006年作です。今も昔もアラブ歌謡界は歌の上手い女性歌手の宝庫ですが、06年現在、 …

続きを読む>

FAIRUZ (FAYROUZ) / EH FI AMAL

びっくりです。2010年の新録~御年75歳、この秋に地元レバノンでライヴを行ったそうですが、なんと2003年の『Wara Kif』以来7年ぶりのスタジオ録音新作をリリースしてくれました!もちろんプロデュースは息子さんのジアード・ラハバーニが担当~ジャジーかつ繊細、クラシカルでライトな感覚のアレンジメントがこれまで以上に冴え渡り、ジャズ色濃い前半では、まるで「 …

続きを読む>

RABIH ABOU-KHALIL / HUNGRY PEOPLE

 アラブ音楽を象徴する弦楽器ウードを操る熟練音楽家のひとり、レバノン出身のラビ・アブ=カリル(1957年生まれ)がとてもユニークなアルバムを発表してくれました。70年代の後半にドイツへ渡り、80年代初頭にレコード・デビューを果たした彼は、アラブ音楽と西洋音楽との接点を探る音楽をテーマとして活動して来ました。そして、本作ではドラム、サックス、アコーディオン、チ …

続きを読む>

HAIFA / BADDI EESH

レバノンの美形女性歌手Haifa Wehbeの05年作。アラブ随一の都会ベイルートらしい全編打ち込みのアル・ジールに比較的薄目なヴォーカルが映えます(当時はシャバービーとは呼ばずアル・ジールと言っていました)。エジプトの女性歌手 RANIN あたりと聴き較べると洗練されたレバノン、ファンキーで泥臭いエジプトとの違いが際立つのでは(当時はそういう図式も成り立っ …

続きを読む>

NANCY AJRAM / EINI ALIK

ナンシー嬢11年リリースのCDらしいのですが、見たことありませんね!でも曲を聞いてみると16曲中12曲が10年リリースの『ナンシー7』といっしょでした。要するにシリア向け『ナンシー7』なのかな?とでも納得するしかありませんね。というわけでマニア向け商品です。 1 Eini alik 2 Taakhrt shwai 3 Eih akhbar nafsito 4 …

続きを読む>

go top