NAWAL EL ZOGHBI / MESH MESAMHA

レバノンの歌姫、ナワール・エル・ズグビーの新作が4年ぶりに登場。EMI、ロターナ他、数々のレーベルを渡り歩き、新作はエジプトのMAZZIKAからのリリース。ロターナの牙城を切り崩すがごとく、他のレーベルが次々と秀作を送り出しアラブ・ポップス全体が活気ついている現状はとても喜ばしいことですね。CD発売前日に開始されたiTunesのプレオーダーでは、全アルバムの …

続きを読む>

SOAPKILLS / THE BEST OF SOAPKILLS

輸入盤で再入荷!レバノンの歌姫ヤスミン・ハムダンが在籍した男女デュオ「アラブのマッシヴ・アタック」ソープキルズのベスト・アルバム!  ジム・ジャームッシュ監督作品『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』に出演し、来日公演も行い多くの音楽ファンを魅了したヤスミン・ハムダン。現在はフランスを拠点に活動している彼女がかつてベイルートで結成していた男女デュオが「ア …

続きを読む>

PASCALE MACHALANI / 2015

  1986年のミス・レバノン、90年代初頭から活躍する元祖セクシー系女性歌手パスカル・マシャラニの2015年最新作。アラブ音楽の最大手ROTANAからのリリースです。オマル・スレイマンやアナドゥル・ロックの再評価、Boom Pamなどからの影響もあるのでしょうか? これまで都会性を売りにしてきた彼女も改めてダブケを取り入れた曲が増えています。

続きを読む>

WAEL KFOURY / EL GHARAM EL MUSTAHILL

レバノンのアルジール系人気男性歌手、ワエル・クフーリーが2014年の末に発表した通算15枚目となる最新作。流行に左右されることなく自身のスタイルを貫くかのようにロマンティックなムードを醸し出しています。アップテンポな曲ではポップ過ぎず、情感豊かなバラードもベタ過ぎず、この絶妙なバランス感覚はアラブ歌謡の指針といってけっして大げさでは無いように思います。(サプ …

続きを読む>

DIANA HADDAD / YA BASHAR

レバノン出身にもかかわらず、ハリージー(湾岸歌謡 / 変拍子ビート)ブーム以前からドバイへ移住、ドバイ〜クウェートを拠点に活躍するハリージのトップスター、ディアナ・ハダッド3年ぶりの新作(2014年12月リリース作品、で、とうとうロターナへ移籍!名だたるスターでありながら非ロターナを守り通していたディアナですが)。ディアナのセルフ・プロデュース含めて12名の …

続きを読む>

MYRIAM FARES / AMAN

レバノンのトップスター、ミリアム・ファリスが自身のレーベルを設立してからの2作目〜4年ぶり通算5作目の最新作アルバムです!当店を訪れるアラブ系ガイたちが一番欲しがるのがこの人!なるほど、本CD発売に先行してスタートしたストリーミング・サービスではアラブ圏歴代のダウンロード記録を更新したということなので、その人気のほどが伺われようと言うもの。で、満を持して20 …

続きを読む>

FAIRUZ / IMMORTAL SONGS

☆ファイルーズ/イモータル・ソングズ “アラブ歌謡の女神”の不朽の名曲集! 2010年に当時75歳という高齢ながら、その年齢とは到底おもえない官能的な声を聴かせてくれた〈アラブ歌謡の女神さま〉ファイルーズ。そのキャリア初期にあたる録音は故中村とうようさんが『アーリー・ピリオド・オヴ・フェイルーズ』にまとめられたが、本作もやはり初期〜1960年前後にファイルー …

続きを読む>

YARA / AYECH BI OYOUNI

1983年生まれのレバノン美人歌手ヤーラの2014年作(5年ぶり4枚目となるアルバム)。前09年作は全編湾岸変拍子のハリージに徹したアルバムでしたが(アレはアレでインパクトあり)、この新作は変化に富んだ曲調とアレンジで飽かせないPOPアルバムに仕上がっています。EDM未満エレクトロ混在グルーヴィーなアコーディオン使いの生音バックもOKだし、可愛い女、高飛車な …

続きを読む>

HIBA TAWAJI / YA HABIBI

国内配給成りました! 2010年代アラブ歌謡シーン最大のニューカマーが日本デビュー! 2010年代アラブ歌謡シーンで最注目のシンガーが遂に日本デビューを果たす。87年にレバノンのベイルートに生まれたヒバ・タワジは08年のデビュー以来、その卓越した歌唱力と美貌でアラブ世界を席巻した。今後は欧州での活動も予定されている。14年現地リリースのセカンド・アルバムとな …

続きを読む>

ZEENA HAMEYAAH / AMIRA AL BADIA, ATABA WA DABKAT

僅少再入荷!森田潤さんお買い上げ、って、個人情報ですが。 ジャケの写真がボケボケすぎ、しかもアラビア語表記のみなので、手に取った瞬間「コイツいったい何時の時代の誰なんだ! 生きてるのか? それとも既に死んでるのか? でも、このジャケじゃあ、店の片隅で10年間は眠ることになりそうだなあ」と店主は思ったそうですが、何を言いますか! 読めないアラビア文字を無理矢理 …

続きを読む>

ZIAD RAHBANI / LIVE AT DAMASCUS CITADEL 2014

レバノンが生んだ最大のスター、ファイルーズのご子息であるジアド・ラハバーニは現在もその母をプロデュースするだけでなく、自身でも多くのソロ・アルバムを発表している実力派の音楽家。そんな彼がシリア・ダマスカスで行なったライヴを収録した1枚。その熱狂的な声援から彼の人気がうかがいしれますが、ここではオーケストラやゲスト・ヴォーカルも加え、多彩でスケールの大きな楽曲 …

続きを読む>

DORSAF HAMDANI / BARBARA FAIROUZ

☆ドルサフ・ハムダーニ/バルバラとファイルーズを歌う すべての女性ヴォーカル・ファンへ捧げる“真夜中のアラビック・シャンソン” 丁寧な装丁と個性豊かなラインナップを誇る、仏アコール・クロワゼからドルサフ・ハムダーニがまた新たな傑作を生み出した。1975年、チュニジア生まれの彼女は、前作『アラブの女王たち』(ライス HMR-638)でウム・クルスームやアスマハ …

続きを読む>

ELISSA / HALET HOB

“レバノンのダイヤモンド”が帰ってきた! 2年ぶり、充実の最新作! ナンシー・アジュラム『8』やカルメン・ソリマン『アハバリ~わたしのニュース』などのリリースでようやく復活してきたかのようにみえるアラブ・ポップ・シーン。思えば2010年の末からはじまった「アラブの春」以降、激動の社会情勢のためか、アラブ圏から新譜情報は途絶えてしまい、ようやく今年になってぽつ …

続きを読む>

V.A. / LA FETE ORIENTALE

フランスのアラブ音楽再発レーベルMLPが、アラブ古典歌謡黄金時代の歌手達、ウンム・クルスーム、ムハンマド・アブデル・ワッハーブ、ファリド・エル・アトラシュ、アスマハーン、アブデル・ハリム・ハーフェズ、ワルダ、ファイルーズら、18組の貴重な音源26曲を「オリエンタルの宴」というテーマで選曲した2枚組CD。 CD1 1. Farid El Atrache &#8 …

続きを読む>

SAID MRAD / ESMERIM

このピチカート・ファイヴみたいなジャケはいったい? アラブも渋谷系が始まった?レバノンの人気DJサイード・ムラードの06年新作。一曲目は「アランフェス協奏曲」第二楽章を「モナムール~♪」なんて歌っててビックリ! 確かにあの曲はアラブ風に聞こえるもんな。いつものようにイケイケな曲も多いが、その中にも今回は内省的で官能的なアラブらしいメロディーが伸び伸びと生きて …

続きを読む>

go top